三垣龍次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
三垣 龍次
基本情報
本名 三垣 龍次
階級 ライト級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1981-09-12) 1981年9月12日(37歳)
出身地 岡山県岡山市
スタイルボクサーファイター
プロボクシング戦績
総試合数 21
勝ち 17
KO勝ち 13
敗け 4
テンプレートを表示

三垣 龍次(みがき りゅうじ、1981年9月12日 - )は、日本プロボクサー。第54代日本ライト級王者。第43代OPBF東洋太平洋ライト級王者。岡山県岡山市出身。M.Tボクシングジム所属。関西高等学校駒澤大学経済学部卒業。

来歴[編集]

中学生の時にボクシングを始める。1998年に行われたかながわ・ゆめ国体では少年の部ライトウェルター級で優勝し、高校、大学時代はトップアマとして活躍した。

2004年6月28日、横浜アリーナで行われた世界戦のアンダーでプロデビュー戦としてスーパーライト級6回戦を行い、2RKO負けを喫した。2005年12月22日、主戦場となるライト級へ移り、A級ボクサー4回戦賞金獲得試合で元吉真三に2RTKO勝利を収めた。2006年には右拳の手術のため8か月のブランクをつくったが、12月9日に行われた萩森良平との6回戦で最終回にTKO勝利を収め、翌2007年2月には日本ライト級9位にランクインした。同年10月8日、再び右拳の手術のため8か月ぶりとなったリングでは加藤善孝との8回戦に3-0の判定勝利を収めた。2008年3月5日、日本4位として7位熊野和義とのランカー対決8回戦に3-0の判定勝利を収めた。同年6月21日、日本2位・OPBF8位としてインドネシア7位ロッキー・アラップアラップに3RTKO勝利を収め、7月には日本1位となった。同年12月17日、日本2位・OPBF6位として鈴木拓也に3-0の判定勝利を収めた。

2009年4月4日、第30回チャンピオンカーニバル石井一太郎の持つ日本ライト級王座に挑戦。8Rに右ストレートでダウンを奪い、9Rには石井にタオルが投げ込まれ、TKO勝利により新王者となった[1]。三垣はこの試合に対し、4月23日選考の同チャンピオンカーニバル技能賞および東日本ボクシング協会の平成21年4月度月間敢闘賞を受けたが、同年8月1日に行われた初防衛戦で近藤明広と対戦し、初回45秒TKO負けで王座を失った。

2010年1月16日、長嶋建吾の持つOPBF東洋太平洋ライト級王座に挑戦。4Rに続いて10Rにもダウンを奪い、タオル投入による10RTKO勝利で再起を果たすとともに同王座を獲得した[2]。この試合に対しては、東日本ボクシング協会の平成22年1月度月間最優秀選手賞を受けた[3]。同年5月17日にはさいたまスーパーアリーナで同級2位・趙喜在(韓国)と防衛戦を行う予定であったが、趙が肺炎により直前に棄権したため[4]、この日は小口雅之と2Rの公開スパーリングを披露した[5]

2010年9月20日、OPBF王座防衛戦で金井アキノリと対戦。2回にダウンを奪われるも、3回にダウンを奪い返した上で、6回TKO勝ちで王座初防衛に成功した[6]

2010年12月13日、OPBF王座2度目の防衛戦で無敗の挑戦者高瀬司と対戦。初回からダウンを奪いそれ以降も優勢に試合を進め、8回TKO勝ちでV2に成功した。[7]

2011年7月2日、OPBF王座3度目の防衛戦は3位川瀬昭二と対戦。血まみれの激闘となったが10回に豪打でレフリーストップに追い込みTKO勝ちで3度目の王座防衛に成功した。[8]

2012年2月28日、三垣本人が怪我のため3度防衛後OPBF王座を返上。このタイトルを奪還するために世界3位で現OPBF王者の荒川仁人に挑戦した。ともに世界ランカー同士の白熱した好試合となったが0-3の判定負けで王座返り咲きに失敗した。[9]

2012年10月27日、東京国際フォーラムで元日本スーパーフェザー級王者の三浦隆司とライト級10回戦を行い、1R1分37秒TKO負け[10]。この試合を最後に現役引退を発表した[11]

戦績[編集]

  • アマチュアボクシング:70戦52勝 (30KO・RSC) 18敗
  • プロボクシング:21戦17勝 (13KO) 4敗 (3KO)
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2004年6月28日 敗北 2R 2:13 KO 清田広大 日本の旗 日本
(協栄)
プロデビュー戦
2 2004年9月20日 勝利 2R 1:45 KO サムットノイ・シスナルポン タイ王国の旗 タイ
3 2005年2月19日 勝利 1R 2:09 KO 杉浦学 日本の旗 日本
(和光)
4 2005年5月19日 勝利 6R 2:33 TKO 篠田雄亮 日本の旗 日本
(金子)
5 2005年10月1日 勝利 4R 2:16 KO 伊地知崇 日本の旗 日本
(角海老宝石)
6 2005年12月22日 勝利 2R 0:50 TKO 元吉真三 日本の旗 日本
(角海老宝石)
A級ボクサー4回戦賞金獲得試合
B:Tight! DESPERADO(- デスペラード)
7 2006年4月15日 勝利 2R 1:09 TKO ピチットチャイ・ゴーコンカーンジム タイ王国の旗 タイ
8 2006年12月9日 勝利 6R 1:44 TKO 萩森良平 日本の旗 日本
(天熊丸木)
9 2007年2月10日 勝利 6R 判定3-0 岩下幸右 日本の旗 日本(グリーンツダ)
10 2007年10月8日 勝利 8R 判定3-0 加藤善孝 日本の旗 日本
(角海老宝石)
11 2008年3月5日 勝利 8R 判定3-0 熊野和義 日本の旗 日本
(宮田)
12 2008年6月21日 勝利 3R 1:40 TKO ロッキー・アラップアラップ  インドネシア
13 2008年12月17日 勝利 8R 判定3-0 鈴木拓也 日本の旗 日本(ワールド日立)
14 2009年4月4日 勝利 9R 0:30 TKO 石井一太郎 日本の旗 日本
(横浜光)
日本ライト級タイトルマッチ
15 2009年8月1日 敗北 1R 0:45 TKO 近藤明広 日本の旗 日本
(日東)
日本王座陥落
16 2010年1月16日 勝利 10R 2:07 TKO 長嶋建吾 日本の旗 日本
(18古河)
OPBF東洋太平洋ライト級タイトルマッチ
17 2010年9月20日 勝利 6R 1:11 TKO 金井アキノリ 日本の旗 日本
(姫路木下)
OPBF王座防衛1
18 2010年12月13日 勝利 8R 0:51 TKO 高瀬司 日本の旗 日本
(大阪帝拳)
OPBF王座防衛2
19 2011年7月2日 勝利 10R 2:31 TKO 川瀬昭二 日本の旗 日本
(松田)
OPBF王座防衛3
20 2012年2月28日 敗北 12R 判定0-3 荒川仁人 日本の旗 日本
(八王子中屋)
OPBF東洋太平洋ライト級タイトルマッチ
21 2012年10月27日 敗北 1R 1:37 TKO 三浦隆司 日本の旗 日本
(帝拳)
テンプレート

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 三垣が強打者対決制し新王者 日刊スポーツ 2009年4月5日閲覧
  2. ^ 三垣10回TKOで新王者 日刊スポーツ 2010年1月16日閲覧
  3. ^ 三垣が月間MVP ボクシングニュース「Box-on!」 2010年2月4日閲覧
  4. ^ 明日ゴング! 内山、グラナドス計量パス-三垣の東洋戦は趙の肺炎で中止 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年5月16日閲覧
  5. ^ かつらボクサー小口がスパー披露 スポーツ報知 2010年5月18日閲覧
  6. ^ 福原KO敗 三垣は逆転TKO防衛 ダブル東洋太平洋戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年9月20日
  7. ^ 三垣8回TKO!V2成功 日刊スポーツ 格闘技2010年12月13日
  8. ^ 三垣10回TKO!3度目防衛 スポーツ報知大阪版2011年7月3日
  9. ^ 荒川が打撃戦制し判定初防衛 日刊スポーツ 2012年2月28日
  10. ^ 三浦が三垣を1回KO 岩佐は判定勝ち ボクシングニュース「Box-on!」 2012年10月27日
  11. ^ ラウンドアップ ボクシングニュース「Box-on!」 2013年3月26日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
石井一太郎
第54代日本ライト級王者

2009年4月4日 - 2009年8月1日

次王者
近藤明広
前王者
長嶋建吾
第43代OPBF東洋太平洋ライト級王者

2010年1月16日 - 2011年8月(返上)

空位
次タイトル獲得者
荒川仁人