日刊バトル大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

日刊バトル大賞(にっかんバトルたいしょう)は、日刊スポーツ新聞社によるプロレス格闘技の表彰である。

概要[編集]

1996年に制定。各賞は読者投票により選定される。

プロレス・女子プロレス・格闘技(総合格闘技キックボクシング)・ボクシングの4部門で12月下旬頃発表される。

各賞[編集]

プロレス部門
  • 最優秀選手
  • 殊勲賞
  • 敢闘賞
  • 技能賞
  • 最優秀タッグ
  • 最高試合
女子プロレス部門
  • 最優秀選手
  • 敢闘賞
  • 最優秀タッグ
  • 新人賞
格闘技部門
  • 最優秀選手
  • 敢闘賞
  • 最高試合
ボクシング部門
  • 最優秀選手
  • 敢闘賞
  • 最高試合

歴代MVP[編集]

プロレス部門[編集]

受賞者 所属(当時)
1 1996年 小橋建太 全日本
2 1997年 蝶野正洋 新日本
3 1998年 小橋建太 全日本
4 1999年 武藤敬司 新日本
5 2000年 桜庭和志 高田道場
6 2001年 武藤敬司 新日本
7 2002年 ボブ・サップ 米国
8 2003年 高山善広 高山堂
9 2004年 小橋建太 ノア
10 2005年 小橋建太 ノア
11 2006年 丸藤正道 ノア
12 2007年 三沢光晴 ノア
13 2008年 武藤敬司 全日本
14 2009年 三沢光晴 ノア
15 2010年 杉浦貴 ノア
16 2011年 棚橋弘至[1] 新日本
17 2012年 オカダ・カズチカ[2] 新日本
18 2013年 オカダ・カズチカ[3] 新日本
19 2014年 棚橋弘至[4] 新日本
20 2015年 オカダ・カズチカ[5] 新日本
21 2016年 内藤哲也[6] 新日本
22 2017年 オカダ・カズチカ[7] 新日本

女子プロレス部門[編集]

受賞者 所属(当時)
10 2005年 吉田万里子 エスオベーション
11 2006年 田村欣子 NEO
12 2007年 日向あずみ JWP
13 2008年 春山香代子 JWP
14 2009年 さくらえみ[8] アイスリボン
15 2010年 高橋奈苗 フリー
16 2011年 愛川ゆず季[9] スターダム
17 2012年 愛川ゆず季[9] スターダム

格闘技部門[編集]

受賞者 所属(当時)
12 2007年 セーム・シュルト オランダ
13 2008年 魔裟斗 シルバーウルフ
14 2009年 魔裟斗 シルバーウルフ
15 2010年 アリスター・オーフレイム オランダ
16 2011年 アリスター・オーフレイム オランダ
17 2012年 エメリヤーエンコ・ヒョードル[10] ロシア
18 2013年 ジョン・ジョーンズ 米国

ボクシング部門[編集]

受賞者 所属(当時)
12 2007年 内藤大助 宮田
13 2008年 長谷川穂積 真正
14 2009年 長谷川穂積[11] 真正
15 2010年 長谷川穂積 真正
16 2011年 井岡一翔[12] 井岡
17 2012年 井岡一翔[12] 井岡
18 2013年 山中慎介[13] 帝拳
19 2014年 井上尚弥[14] 大橋
20 2015年 内山高志[15] ワタナベ
21 2016年 山中慎介[16] 帝拳
22 2017年 村田諒太[17] 帝拳

歴代最高試合[編集]

プロレス部門[編集]

受賞者 所属
1 1996 高田延彦 vs. 橋本真也 (4月29日) 新日本
2 1997 小橋建太 vs. 三沢光晴 (10月21日) 全日本
3 1998 小橋建太 vs. 三沢光晴 (10月31日)
4 1999 天龍源一郎 vs. 武藤敬司 (5月3日) 新日本
5 2000 佐々木健介 vs. 川田利明 (10月9日)
6 2001 武藤敬司 & 馳浩 vs. 永田裕志 & 秋山準 (10月8日)
7 2002 ボブ・サップ vs. アーネスト・ホースト (12月7日) K-1
8 2003 小橋建太 vs. 三沢光晴 (3月1日) ノア
9 2004 秋山準 vs. 小橋建太 (7月10日)
10 2005 佐々木健介 vs. 小橋建太 (7月18日)
11 2006 KENTA vs. 丸藤正道 (10月29日)
12 2007 秋山準 & 三沢光晴 vs. 小橋建太 & 高山善廣 (12月2日)
13 2008 丸藤正道 vs. KENTA (10月25日)
14 2009 中邑真輔 vs. 棚橋弘至 (11月8日) 新日本
15 2010 船木誠勝 vs. 鈴木みのる (3月21日) 全日本
16 2011 諏訪間 vs. 秋山準 (10月23日)
17 2012 棚橋弘至 vs. オカダ・カズチカ (2月12日)[2] 新日本
18 2013 中邑真輔 vs. 桜庭和志 (1月4日)
19 2014 オカダ・カズチカ vs. 中邑真輔 (8月10日)[4]
20 2015 中邑真輔 vs. 飯伏幸太 (1月4日)
21 2016 内藤哲也 vs. ケニー・オメガ (8月13日)[6]
22 2017 オカダ・カズチカ vs. ケニー・オメガ (1月4日)[7]

女子プロレス部門[編集]

受賞者 所属
10 2005 未来 vs. 桜花由美 (7月17日) JDスター
11 2006 日向あずみ vs. 田村欣子 (12月24日) JWP
12 2007 田村欣子 vs. さくらえみ (5月3日) NEO
13 2008 井上京子 vs. 高橋奈七永 (10月4日)
14 2009 田村欣子 vs. さくらえみ (5月5日)[8]
15 2010 高橋奈七永 vs. 風香 (3月28日) 風香祭

ボクシング部門[編集]

受賞者
12 2007 ポンサクレック・ウォンジョンカム vs. 内藤大助 (7月18日)
13 2008 内藤大助 vs. 山口真吾 (12月23日)
14 2009 内藤大助 vs. 亀田興毅 (11月29日)[11]
15 2010 ファン・カルロス・ブルゴス vs. 長谷川穂積 (11月26日)
16 2011 西岡利晃 vs. ラファエル・マルケス (10月1日)
17 2012 井岡一翔 vs. 八重樫東 (6月20日)[12]
18 2013 山中慎介 vs. ホセ・ニエベス (8月12日)[13]
19 2014 八重樫東 vs. ローマン・ゴンサレス (9月5日)[14]
21 2016 山中慎介 vs. アンセルモ・モレノ (9月16日)[16]
22 2017 ハッサン・ヌダム・ヌジカム vs. 村田諒太 (10月22日)[17]

脚注[編集]

  1. ^ 小谷野俊哉 (2011年12月20日). “棚橋圧倒的支持でMVP 日刊バトル大賞”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20111220-878799.html 
  2. ^ a b 小谷野俊哉 (2012年12月22日). “オカダ3冠「普通のこと」/バトル大賞”. 日刊スポーツ. http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20121222-1062781.html 2012年12月22日閲覧。 
  3. ^ 奥山将志 (2013年12月26日). “オカダ「当たり前」MVP/バトル大賞”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20131226-1236087.html 
  4. ^ a b 桝田朗 (2014年12月20日). “棚橋「充実」MVP/日刊バトル大賞(下)”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20141220-1411609.html 
  5. ^ “オカダ 中邑が新日去って「ボクしかいない」”. 日刊スポーツ. (2016年2月10日). https://www.nikkansports.com/battle/news/1602816.html 
  6. ^ a b 桝田朗哉 (2016年12月23日). “内藤哲也がMVP&年間最高試合/日刊バトル大賞”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/battle/news/1755642.html 
  7. ^ a b 阿部健吾 (2018年1月31日). “オカダ・カズチカが日刊大賞2冠、世界目線で語る夢”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/battle/news/201801310000185.html 
  8. ^ a b “さくらMVP!アイス勢独占/バトル大賞”. 日刊スポーツ. (2009年12月28日). https://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20091228-580474.html 2009年12月29日閲覧。 
  9. ^ a b 来田岳彦 (2012年12月23日). “引退表明ゆずポン連続MVP/バトル大賞”. 日刊スポーツ. http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20121223-1062256.html 2012年12月29日閲覧。 
  10. ^ 小谷野俊哉 (2012年12月21日). “強さ永遠!引退ヒョードル/バトル大賞”. 日刊スポーツ. http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20121221-1062359.html 2012年12月29日閲覧。 
  11. ^ a b “09年日刊ボクシング部門上位/バトル大賞”. 日刊スポーツ. (2009年12月27日). https://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20091227-580032.html 
  12. ^ a b c 木村有三 (2012年12月20日). “井岡3冠! 次は2階級制覇だ/バトル大賞”. 日刊スポーツ. http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20121220-1062253.html 2012年12月29日閲覧。 
  13. ^ a b 藤中栄二 (2013年12月28日). “山中慎介が2冠/バトル大賞”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20131228-1236944.html 
  14. ^ a b 大橋秀行 (2014年12月20日). “ニッカンバトル大賞”. 2018年8月20日閲覧。
  15. ^ 奥山将志 (2016年2月9日). “内山高志が日刊バトル大賞ボクシング部門最優秀選手”. 日刊スポーツ. http://www.nikkansports.com/battle/news/1602411.html 2016年2月22日閲覧。 
  16. ^ a b 阿部健吾 (2017年1月23日). “山中慎介が断トツ、年間最高試合も/日刊バトル大賞”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/battle/news/1769009.html 
  17. ^ a b 阿部健吾 (2018年1月30日). “村田諒太ぶっち切りMVP、「一歩ずつ前へ」の決意”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/battle/news/201801300000210.html 

関連項目[編集]