スティーブン・フルトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スティーブン・フルトン
基本情報
本名 スティーブン・フルトン・ジュニア
Stephen Fulton Jr.
通称

Cool Boy Steph(クールボーイ・ステフ)

Scooter(スクーター)
階級 スーパーバンタム級
身長 169cm
リーチ 179cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 (1994-07-17) 1994年7月17日(29歳)
出身地 ペンシルベニア州フィラデルフィア
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 22
勝ち 21
KO勝ち 8
敗け 1
テンプレートを表示
スティーブン・フルトン
YouTube
チャンネル
活動期間 2011年11月15日 -
登録者数 約1460人
総再生回数 約7万回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2023年7月21日時点。
テンプレートを表示

スティーブン・フルトン・ジュニアStephen Fulton Jr.1994年7月17日 - )は、アメリカ合衆国プロボクサーペンシルベニア州フィラデルフィア出身。元WBCWBO世界スーパーバンタム級統一王者

来歴[編集]

12歳のときに地元フィラデルフィアのジェームズ・シュラー・ボクシングジムでボクシングを始めた。

アマチュア時代[編集]

2011年4月、ナショナル・ゴールデングローブにライトフライ級(49kg)で出場するが1回戦で敗退[1]

2012年2月、全米選手権にライトフライ級(49kg)で出場し準決勝で敗退[2]。同年4月、ナショナル・ゴールデングローブにフライ級(52kg)で出場し2回戦で敗退[3]

2013年4月、全米選手権にバンタム級(56kg)で出場し決勝で敗退[4]。同年5月、ナショナル・ゴールデングローブにフライ級(52kg)で出場し優勝[5]

2014年1月、全米選手権にバンタム級(56kg)で出場し1回戦で敗退[6]。同年5月、ナショナル・ゴールデングローブにバンタム級で出場しルーベン・ヴィラに準決勝で敗退した[7]

アマチュアの戦績は75勝15敗。

プロ時代[編集]

2014年10月4日、プロデビュー戦を2回TKO勝ち[8]

2019年5月11日、IBO世界スーパーバンタム級王者パウルス・アムブンダ(ナミビア)に3-0の判定勝ちを収め王座を獲得した[9]

2020年1月25日、ニューヨークバークレイズ・センターWBO世界スーパーバンタム級2位のアーノルド・ケガイ(ウクライナ)とWBOインターコンチネンタルスーパーバンタム級王座決定戦を行い、12回3-0の判定勝ち(117-111×2、116-112)を収めた[8][10]

2020年8月1日、コネチカット州アンカシヴィルモヒガン・サン・アリーナで、WBO世界スーパーバンタム級王座決定戦を、同級2位のアンジェロ・レオと行う予定だったが、試合3日前にフルトンの新型コロナウィルス感染が判明して欠場になり[11]、代わりに前座で出場する予定だったトレメイン・ウィリアムス(アメリカ)がレオと対戦し、レオが判定勝ちを収めて王者になった[12][8]。フルトンは同級1位に据え置かれてレオに挑戦することが決まった[8]

2021年1月23日、前回と同じ会場のモヒガン・サン・アリーナでWBO世界スーパーバンタム級王者アンジェロ・レオに挑戦し、12回3-0(119-109×2、118-110)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[13][14]。なお、この試合は当初2020年12月に予定されていたがレオの新型コロナ陽性が判明して延期になっていた[8]

2021年9月7日、WBC世界スーパーバンタム級王者のブランドン・フィゲロアと2団体統一戦を11日後の9月18日に対戦する予定だったが、フィゲロアが新型コロナウイルスに感染したため延期になった[15]

2021年11月27日、延期されていたフィゲロアとの2団体統一戦がラスベガスパークMGM内ドルビー・ライブで行われ、12回2-0(114-114、116-112×2)の判定勝ちを収め、WBC王座獲得及びWBO王座の初防衛に成功し2団体統一王者となった[16]

2022年6月4日、ミネソタ州ミネアポリスのミネアポリス・アーモリーにてWBO世界スーパーバンタム級1位の元WBAスーパーIBF世界スーパーバンタム級王者ダニエル・ローマンと対戦し、12回3-0(120-108×2、119–109)の判定勝ちを収めWBC王座の初防衛、2度目のWBO王座防衛に成功した。

2023年3月6日、5月7日に横浜アリーナでWBC・WBO世界スーパーバンタム級1位で元バンタム級4団体統一王者井上尚弥との防衛戦を行うことを発表した[17]。しかし、井上が練習中に拳を痛めたことにより7月25日に延期され、会場も有明アリーナへと変更された[18]

2023年7月25日に有明アリーナにおいて、挑戦者の井上を相手にWBC・WBO世界スーパーバンタム級タイトルマッチを行い、8Rに井上の左ボディからの右ストレートで大きくぐらつくと、追撃の左フックで初のダウンを奪われ、立ち上がったところに猛攻を受けてレフェリーが試合をストップし、8回1分14秒TKO負けを喫し、WBC・WBO世界スーパーバンタム級王座から陥落するとともにプロ初の敗戦となった[19]。また、ファイトマネーは井上、フルトン両者とも約5億円となった[20]

戦績[編集]

  • アマチュアボクシング:90戦 75勝 15敗
  • プロボクシング:22戦 21勝(8KO)1敗
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2014年10月4日 2R TKO イサック・バジャー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 プロデビュー戦
2 2014年11月20日 4R 判定3-0 ダーメン・ウッド アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
3 2014年12月5日 4R 判定3-0 ベンジャミン・ブルゴス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
4 2015年1月31日 6R 判定3-0 エリック・ゴタイ ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
5 2015年4月25日 3R 1:33 KO ジャマル・パラム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
6 2015年6月20日 3R 終了 KO パブロ・クプル メキシコの旗 メキシコ
7 2015年9月15日 6R 判定3-0 サム・ロドリゲス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
8 2015年12月29日 4R 判定2-0 ジョシュア・グリア アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
9 2016年4月19日 4R 1:37 TKO アダルベルト・ゾリラ プエルトリコの旗 プエルトリコ
10 2016年7月2日 3R 1:38 TKO クリスティアン・レンテリア メキシコの旗 メキシコ
11 2017年4月4日 8R 判定3-0 ルイス・サウル・ロサリオ プエルトリコの旗 プエルトリコ
12 2017年12月8日 8R 判定2-0 アダム・ロペス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
13 2018年6月16日 9R 1:54 TKO ヘスス・アウマダ メキシコの旗 メキシコ
14 2018年9月30日 8R 判定3-0 ヘルマン・メラス メキシコの旗 メキシコ
15 2019年1月26日 5R 1:54 TKO マルロン・オレア  コロンビア
16 2019年5月11日 12R 判定3-0 パウルス・アムブンダ ナミビアの旗 ナミビア IBO世界スーパーバンタム級タイトルマッチ
17 2019年8月24日 6R 1:26 TKO イサック・アベラール メキシコの旗 メキシコ
18 2020年1月25日 12R 判定3-0 アーノルド・ケガイ  ウクライナ WBOインターコンチネンタル王座決定戦
19 2021年1月23日 12R 判定3-0 アンジェロ・レオ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBO世界スーパーバンタム級タイトルマッチ
20 2021年11月27日 12R 判定2-0 ブランドン・フィゲロア アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBC・WBO世界スーパーバンタム級王座統一戦
WBC獲得・WBO防衛1
21 2022年6月24日 12R 判定3-0 ダニエル・ローマン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBC防衛1・WBO防衛2
22 2023年7月25日 8R 1:14 TKO 井上尚弥大橋 日本の旗 日本 WBC・WBO王座陥落
テンプレート

獲得タイトル[編集]

  • WBOインターコンチネンタルスーパーバンタム級王座
  • WBC世界スーパーバンタム級王座(防衛1)
  • WBO世界スーパーバンタム級王座(防衛2)
  • IBO世界スーパーバンタム級王座

脚注[編集]

  1. ^ 84.US National Golden Gloves - Indianapolis - April 25-30 2011”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2022年8月9日閲覧。
  2. ^ US National Championships - Fort Carson - February 26 - March 3 2012”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2022年8月9日閲覧。
  3. ^ 85.US National Golden Gloves - Mesquite - April 30 - May 5 2012”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2022年8月9日閲覧。
  4. ^ 123.USA National Championships Hub Sports Center / Northern Quest Resort & Casino, Spokane April 1-6, 2013”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2022年8月9日閲覧。
  5. ^ 86.US National Golden Gloves Salt Lake City May 13-18, 2013”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2022年8月9日閲覧。
  6. ^ 124.USA National Championships Hub Sports Center / Northern Quest Resort & Casino, Spokane January 20-25, 2014”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2022年8月9日閲覧。
  7. ^ 87.US National Golden Gloves Las Vegas May 12-17, 2014”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2022年8月9日閲覧。
  8. ^ a b c d e WBO世界S・バンタム級タイトルマッチ アンジェロ・レオ対スティーブン・フルトン WOWOWオンライン 2021年1月29日
  9. ^ Jarrett Hurd vs. Julian Williams - LIVE Results From Fairfax BoxingScene.com 2019年5月11日
  10. ^ Stephen Fulton Boxes Past a Game Arnold Khegai For Decision BoxingScene.com 2020年1月25日
  11. ^ Angelo Leo vs. Tramaine Williams Set For WBO Title, Fulton Out Due To COVID-19 BoxingScene.com 2020年7月29日
  12. ^ Angelo Leo Pounds Tramaine Williams For Decision, Wins WBO Title BoxingScene.com 2020年8月2日
  13. ^ Stephen Fulton Decisions Angelo Leo in Action-Fight, Wins WBO Title BoxingScene.com 2021年1月23日
  14. ^ フルトン快勝 WBO・S・バンタム級王者交代 Boxing News(ボクシングニュース) 2021年1月24日
  15. ^ Brandon Figueroa Tests Positive For Covid, Forced To Postpone Title Unification With Stephen Fulton”. Boxing Scene.com (2021年9月7日). 2021年9月14日閲覧。
  16. ^ フルトンが2-0判定でS・バンタム級2冠統一 王座陥落のフィゲロアは勝利猛アピール Boxing News(ボクシングニュース) 2021年11月28日
  17. ^ 井上尚弥のフルトン戦は5.7横浜アリーナ 「勝ちに徹する」も「パワーと一瞬のスピードは自分が上」 Boxing News(ボクシングニュース) 2023年3月6日
  18. ^ 延期の井上尚弥vs.フルトンは7.25有明アリーナ WBC&WBO・S・バンタム級タイトルマッチ Boxing News(ボクシングニュース) 2023年3月29日
  19. ^ 井上尚弥がS・バンタム級2団体王者に 王者フルトンを8回に沈める 年内の4団体統一へ前進 Boxing News(ボクシングニュース) 2023年7月25日
  20. ^ 【ボクシング】ファイトマネー合計約10億円 〝軽量級史上最大の一戦〟を制した井上尚弥、左拳負傷での延期を乗り越え世界4階級制覇 サンスポ 2023年7月25日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
アンジェロ・レオ
WBO世界スーパーバンタム級王者

2021年1月23日 - 2023年7月25日

次王者
井上尚弥
前王者
ブランドン・フィゲロア
WBC世界スーパーバンタム級王者

2021年11月27日 - 2023年7月25日

次王者
井上尚弥