大晦日興行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大晦日興行(おおみそかこうぎょう)は、大晦日12月31日に開かれる格闘技興行。主に総合格闘技プロボクシングプロレスの興行を指すが、狭義では2000年代にアントニオ猪木が提案し、各格闘技団体が毎年大晦日に行われる総合格闘技興行戦争を意味する[要出典]

経緯[編集]

元々は毎年恒例のNHK紅白歌合戦の対抗策として企画されたものである。当時の民放は『日本レコード大賞』を放映するTBSテレビ[1]、『年忘れにっぽんの歌』を放映するテレビ東京、『大晦日だよ!ドラえもん』を持つテレビ朝日以外の局は大作の映画、ドラマ、バラエティ番組を放送するのが恒例となっていた。そんな中アントニオ猪木が総合格闘技のイベント「INOKI BOM-BA-YE」を提案。成果は上々で、INOKI BOM-BA-YEは毎年行われるようになった。

ここに毎日放送がINOKI BOM-BA-YEの中継を実施、2000年は年明けの録画中継だったが、2001年はディレードで放送して結果は紅白に次ぐ2位を記録し、民放断トツという結果が大晦日興行に火をつけた。2003年にはPRIDE中継を担当していたフジテレビが参戦、TBS系列に対抗し、さらにINOKI BOM-BA-YEが日本テレビ系列に鞍替え、TBSがK-1系列のDynamite、フジテレビがPRIDE男祭りと民放3局が格闘技中継を実施。これは「三大格闘技祭り」と呼ばれ、プロレスマスコミは取材に追われた。結果は資金に物を言わせ、メインにVS.ボブ・サップが組まれていた話題性のTBSが勝利した。

2004年は日本テレビがINOKI BOM-BA-YEの興行失敗と低視聴率により撤退。2006年以降は『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』の『笑ってはいけないシリーズ』に移行し、紅白裏番組で民放視聴率トップに躍りだす[2]。一方テレビ東京が収録ながらハッスルの中継を打ち出したものの、PRIDEは親会社であるDSE暴力団とのつながりにフジテレビが不信を抱き撤退。TBSはDynamite!!を2010年まで独占で細々と続けたが、レベル、技術の高騰化により格闘の華であるK.O・TKO勝ち、派手な打ち合いによる試合が激減し総合格闘技そのものが飽きられ共に視聴率も徐々に低下。18時から23時45分まで放送されていた時間枠が2時間45分に短縮され、2011年2月にTBSが同年の大晦日にDynamite!!の中継は無いと発表。2011年の大晦日は「ビートたけしのスポーツ国民栄誉SHOW2011」(KYOKUGENの前身番組)を放送、TBSの大晦日興行中継は後述のボクシングへとシフトすることとなった。

2011年もDynamiteの開催を目指していたが、主催に当たるFEGの経営悪化のため断念。代わってそれまでFEG主体となっていたDREAMと猪木が会長を務めるイノキ・ゲノム・フェデレーション(IGF)の合同興行として「元気ですか!! 大晦日!! 2011」を開催することになった。

2012年は、DREAM・IGFそれぞれ分かれて大晦日興行を開くことが発表され、前者はグローリー・ワールドシリーズを主催するグローリー・スポーツ・インターナショナルとの共同でさいたまスーパーアリーナにて「DREAM.18 & GLORY 4」を、後者は両国国技館にて「INOKI BOM-BA-YE 2012」を開催する。後者は関東ローカルかつ年明けの録画ではあるがフジテレビで放送された。

2013年は、IGFの前年同様両国開催に加え、パンクラスが「BaysideFIGHT.2」をベイサイドヨコハマで開催する[3]。一方で2001年から12年興行主体を変えながら続いていたさいたまスーパーアリーナでの大晦日興行は途絶えてしまい「格闘界低迷の象徴」とされた[4]

2014年は、DEEP初の大晦日興行「DEEP DREAM IMPACT 2014 〜大晦日SPECIAL〜」さいたまスーパーアリーナにて開催することを発表し、2年ぶりに同所での大晦日興行が復活することになった[5][6][7]

そして2015年、旧PRIDE勢格闘家と榊原信行を中心としたDSE首脳部が立ち上げたRIZIN FIGHTING FEDERATIONがさいたまスーパーアリーナでRIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015 さいたま3DAYSが開催。これにフジテレビが中継のほか、KYOKUGENの企画で「NIPPON FIGHT」と題した魔裟斗VS.山本KID徳郁の再戦が組まれた。

その他[編集]

プロレス[編集]

INOKI BOM-BA-YE以前よりもプロレス興行は盛んで、中継は無かったが、年またぎ興行が行われていた。プロレス界において初めて大晦日興行を開いたのは、1992年W★INGである。また、いずれも実現こそならなかったものの、日本プロレスが存在していた時代に日本テレビ主導の下でジャイアント馬場と1964年東京オリンピック柔道金メダリストのアントン・ヘーシンクによる一騎討ち、1980年代に活動したジャパンプロレスが中心となった「格闘技大戦争」(TBSで放送予定)がそれぞれ企画されたこともあった。

1990年代後半に入ると大晦日興行は途絶えるが、2000年代にINOKI BOM-BA-YEの成功を受けて主にインディ団体でいくつか大晦日興行が目立つようになった。多くは団体の枠を越えて選手が集い興行が打たれた。

2006年からはプロレスの聖地後楽園ホールにて「年越しプロレス」が形を変えながら開かれている。この興行はプロレス・格闘技専門チャンネル「FIGHTING TV サムライ」にて中継されている。

ボクシング[編集]

プロボクシング界においても大晦日興行の歴史があり、プロレスよりも以前から行われてきた。

大晦日興行が盛んであったのはテレビ中継の視聴率が非常に高かった1960年代前半であった。1961年から64年にかけてフジテレビで中継され、61年は海津文雄小坂照男のダブルメインイベントとして開かれた。63・64年は関光徳が2年連続出場、64年はTBSも高山勝義 vs. 斉藤勝男で参入し、興行戦争になったが、63年に紅白歴代最高の81.4%(ビデオリサーチ調査による歴代最高でもある)を記録するなどしたため、太刀打ちできず撤退。

その後は長らく大晦日の試合は途絶えるものの、2008年には坂田健史の世界王座防衛戦が組まれ、TBSでDynamite!!との2部構成で中継。史上初となる大晦日の世界戦開催となった。しかし、この時は大晦日の世界戦定着には至らなかった。

その後、2011年に井岡一翔の世界戦がTBS、内山高志細野悟のダブル世界戦がテレビ東京で放送された。

2012年もTBS・テレビ東京ともに前年に引き続き世界戦中継を発表し、前者は井岡の2階級制覇挑戦と宮崎亮の世界初挑戦、後者は内山を始めとしたトリプル世界戦を放送し、国内史上最多の世界戦1日5試合となる。

2015年より名古屋のCBCテレビも参入し、田中恒成の世界戦を東海ローカル(2015年はTBSなど一部系列局でもネット)で放送されている。

2017年はテレビ東京・CBCは撤退。残されたTBSがそれまでテレビ東京が放送していた田口良一のWBA・IBF王座統一戦を放送。

海外[編集]

備考[編集]

  • 2008年から2010年まで活動していたSRC(戦極)でも大晦日興行ではないものの、年末年始に大型興行を打っていた。2009年始に「戦極の乱2009」、2010年11月30日に「戦極 Soul of Fight」を開いた。2009年には大晦日興行の開催を一度発表していたが、中止となり「Dynamite!!」に合流した。
  • 世界最大の総合格闘技団体UFCも大晦日ではないが、2006年12月30日に興行を開催したことがあった。しかし、日本時間では31日の昼間となるため、昼はWOWOWでUFC、夜はDynamite!!またはPRIDEを視聴した者も少なくなかった。2011年も12月30日にUFC 141が開催され、やはりWOWOWが31日昼に生中継。

脚注[編集]

  1. ^ その後、レコード大賞は出場歌手の移動の配慮から2006年から放送日を12月30日に変更し、TBSも大晦日興行へ本格的に参戦することとなる。
  2. ^ 2008年の大晦日は「山崎VSモリマン」との2部構成となっており、その中では「スガッスル」と呼ばれる大晦日興行のパロディを放送している。
  3. ^ “ケージ大会『BaysideFIGHT.2』大晦日開催決定” (プレスリリース), 株式会社SMASH, (2013年9月10日), http://www.pancrase.co.jp/tour/2013/1231/index.html 
  4. ^ “格闘技の火は消さない DEEPが大晦日さいたまSA興行を開催”. 東京スポーツ. (2014年10月6日). http://www.tokyo-sports.co.jp/prores/mens_prores/319720/ 
  5. ^ “大みそか「DEEP」さいたまスーパーアリーナ大会正式発表”. 東京スポーツ. (2014年10月8日). http://www.tokyo-sports.co.jp/prores/mens_prores/320807/ 
  6. ^ “日本格闘技の火を消さない! DEEPが大晦日にさいたまSA大会を開催”. スポーツナビ. (2014年10月8日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141008-00000101-spnavi-fight 
  7. ^ “【DEEP】大みそかにさいたまスーパーアリーナで開催”. eFight. (2014年10月8日). http://efight.jp/news-20141008_68538