星谷寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
星谷寺
Bando 08 Shokoku-ji 02.jpg
観音堂
所在地 神奈川県座間市入谷3-3583
位置 北緯35度29分5.6秒
東経139度23分56秒
座標: 北緯35度29分5.6秒 東経139度23分56秒
山号 妙法山
院号 持宝院
宗旨 真言宗
宗派 真言宗大覚寺派
本尊 聖観音
開山 行基
別称 星の谷観音
札所等 坂東三十三箇所 第8番
テンプレートを表示

星谷寺(しょうこくじ・ほしやでら)は、神奈川県座間市にある真言宗大覚寺派の寺院。山号は妙法山。院号は持宝院。本尊は聖観音坂東三十三箇所第8番札所である。星の谷観音とも称される。

歴史[編集]

この寺は、もとは寺の北東にある山頂(現在の座間谷戸山公園・伝説の丘)にあった観音堂の別当寺として建立されたもので、観音堂とともに行基によって創建されたと伝えられる。観音堂は鎌倉時代に焼失し、現在地に移されたと伝えられる。江戸時代には、江戸幕府から朱印状を与えられていた。この寺には、古くから「星谷寺の七不思議」(銅鐘・星の井・楠の化石・咲き分け散りの椿・観音草・根不断開花の桜・下りの紅葉)の言い伝えがある。

逸話[編集]

星谷寺の七不思議といわれるものがある。

  1. 撞木が一つの梵鐘(普通は撞座が二つ、日本三奇鐘の一つ)
  2. 咲き分け散り椿(一本の椿より5通りの花が咲き、花弁が一枚ずつ分かれて落ちる)
  3. 観音草(別名、田村草。坂上田村麻呂がこの寺の境内にあったこの草で、東北遠征時奇病を治したといわれる)
  4. もみじの老木(幹が乳房のようになっている。現在は枯れている)
  5. 不断桜(開花期のほか年中どこかの枝に花をつけている)
  6. くすの木の化石(揺すると水の音がする)
  7. 星の井戸(昼でも星が見える)
  8. 鎌倉郡座間郷と宝篋印塔に書かれている(高座郡の真ん中に座間は所在している)

いずれか一つ抜いたものが七不思議ということになるが、八つあることが不思議とも言われている。[誰によって?]

文化財[編集]

  • 重要文化財(国指定)
    • 銅鐘

所在地[編集]

  • 神奈川県座間市入谷3-3583

交通[編集]

隣の札所[編集]

坂東三十三箇所
7 光明寺 (平塚市) -- 8 星谷寺 -- 9 慈光寺 (埼玉県ときがわ町)

外部リンク[編集]