不動産登記法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
不動産登記法
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 不登法
法令番号 平成16年法律第123号
効力 現行法
種類 民事法
主な内容 不動産登記手続に関する法律
関連法令 不動産登記令不動産登記規則土地家屋調査士法登記手数料令
条文リンク 総務省法令データ提供システム
テンプレートを表示

不動産登記法(ふどうさんとうきほう、平成16年法律第123号)は、不動産登記に関する手続を定めた法律である。当初は1899年明治32年)に明治32年法律第24号として制定され、従来の登記法(明治19年法律第1号)は廃止された。

2004年平成16年)6月18日に全部改正され、内容が一新された。平成17年の改正で筆界特定制度が新たに設けられている。

構成[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

総務省法令データ提供システム