座間谷戸山公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
県立座間谷戸山公園
Pond in Yatoyama.jpg
座間谷戸山公園:水鳥の池
分類 都市公園風致公園
所在地
日本国神奈川県座間市入谷3丁目3904番地
座標 北緯35度29分14.7秒
東経139度24分16.9秒
座標: 北緯35度29分14.7秒 東経139度24分16.9秒
面積 30.6ha(計画32.1ha)
開園 1993年(平成5年)4月29日
運営者 神奈川県(指定管理者:公益財団法人神奈川県公園協会)[1]
駐車場 合計146台
バリアフリー 身障者用駐車スペース・身障者対応トイレ
アクセス 座間駅相武台前駅から徒歩
公式サイト 神奈川県のサイト
座間谷戸山公園:湿生生態園
座間谷戸山公園:田んぼ
座間谷戸山公園:長屋門(西入口)
座間谷戸山公園:散策路

座間谷戸山公園(ざまやとやまこうえん)は、神奈川県座間市に位置する県立の都市公園である。1993年平成5年)4月29日開園。当初は全体の3分の1のみの開園だったが、その後順次整備され、2002年平成14年)に全面開園となった。

概要[編集]

敷地面積は30.6ヘクタール里山の風情を残す 「自然生態観察公園」として整備された。以下のような区域からなる。

  • サンクチュアリ
野生生物を守るために立ち入りを制限している、水鳥の池を中心とした全体の約3分の1の区域。野鳥観察小屋や四阿がある。
  • 水鳥の池
公園のほぼ中央に位置し、多くの水鳥を見ることができる。三脚付きのカメラを抱えたバードウォッチャーが多いようである。野鳥観察小屋がある。
  • 湿生生態園
湿性植物やそこに生息する生物を観察できる。ほぼ中央に四阿があり、すぐ脇の池を泳ぐカモなどを見ることができる。
放置された雑木林極相林)を観察できる。園路の途中に百葉箱が置かれている。
里山体験館前のわずかの部分に田んぼが保全されており、田植え、稲刈りは市民参加で行っている。秋には何体ものかかしが田んぼを取り囲む。
  • 野鳥の原っぱ
草原性の鳥用の環境保全を行っている。
  • 昆虫の森
雑木林を好む昆虫用の環境保全を行っている。
管理された人工林を観察できる。園路の途中、斜面に突き出すように四阿が作られており、大きなハナイカダを目の前で観察することができる。四阿のすぐ近くに百葉箱が置かれている。
  • 湧き水の谷
湧き水が小さな池を作り、夏にはスイレンの花を、初夏には光りながら飛び交うゲンジボタルを見ることができる。野鳥観察ウォールがある。
管理された雑木林を観察できる。炭焼き小屋、四阿がある。覗くと林が一幅の絵となるように大きな額縁が置かれている。
  • 伝説の丘
「本堂山」とも呼ばれ、かつて星谷寺(星の谷観音)の本堂があったという伝説があるためにこう呼ばれる。竹林などがあり、四阿で休憩することができる。

旧街道[編集]

  • 府中街道
長屋門前から伝説の丘の南側を通り公園の北側へ抜ける道が府中街道である。街道沿いには、庚申塔道祖神馬頭観音などが残されている。
  • 星の谷街道・巡礼街道
公園の南側、現在の神奈川県道42号藤沢座間厚木線から南入口を通り、シラカシ観察林へ抜ける道が星の谷街道・巡礼街道である。シラカシ観察林に残る旧街道は鬱蒼とした雑木林を通る細い坂道で、古い姿を髣髴とさせる佇まいである。この街道沿いにも、庚申塔が残されている。

施設[編集]

  • パークセンター
園内の情報提供等を行う。50名程度収容のレクチャールームを備え、10名以上の団体を対象にスタッフが公園の案内を行っている(要予約)。公園管理事務所を兼ねる。東入口近く。
利用時間 午前8時30分〜午後5時(レクチャールームは午前9時〜午後4時30分)。
  • 里山体験館
民家風の建物。車イス、ウォーキング用万歩計、自然観察用双眼鏡の貸し出しを行っている。西入口、長屋門近く。
利用時間 午前9時〜午後4時
  • ログハウス
園内で活動する市民団体の利用が多いが、ホールは休憩用で誰でも利用できる。南入口近く。
利用時間 午前9時〜午後4時30分
  • 駐車場
東入口、北入口、多目的広場入口近くの3か所でいずれも無料。
利用時間 4月〜9月 午前7時〜午後6時、10月〜3月 午前7時〜午後5時

交通[編集]

電車・徒歩[編集]

自動車[編集]

  • 伊勢原方面から 国道246号下今泉交差点左折→星の谷観音坂下交差点右折
  • 町田方面から 国道246号西原交差点右折

脚注[編集]

  1. ^ 指定管理者制度を導入している施設

外部リンク[編集]