相武台下駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
相武台下駅*
駅舎
駅舎
そうぶだいした - Sōbudaishita
入谷 (1.7km)
(2.9km) 下溝
所在地 相模原市南区新戸1940
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 相模線
キロ程 20.6km(茅ヶ崎起点)
電報略号 サウ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
1,241人/日(降車客含まず)
-2014年-
開業年月日 1931年昭和6年)4月29日
備考 無人駅
* 改称経歴
- 1938年 座間新戸駅→陸士前駅
- 1940年 陸士前駅→相武台下駅
テンプレートを表示
ホーム(橋本方から)

相武台下駅(そうぶだいしたえき)は、神奈川県相模原市南区新戸にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)相模線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅。ホームと駅舎は跨線橋で結んでいる。

無人駅で、2004年平成16年)4月から2016年(平成28年)3月12日までJR東日本ステーションサービスが業務を行う業務委託駅となっていた。

自動改札機は設置されておらず、改札口での有人時間帯は駅員が集札を行っていた。また簡易Suica改札機が設置されている。

駅舎には自動券売機が1台設置されている。2014年12月26日まで営業していた出札窓口では、POS端末の設備があり、長距離乗車券指定券なども発売していた。

のりば[編集]

のりばは駅舎側を1番線として、下表の通りとなる。

番線 路線 方向 行先
1 相模線 上り 海老名厚木茅ヶ崎方面
2 下り 橋本八王子方面

利用状況[編集]

2014年度の1日平均乗車人員は1,241人である。

近年の1日平均乗車人員は下表のとおりである。

年度別1日平均乗車人員[2][3]
年度 1日平均
乗車人員
1975年(昭和50年) 350
1980年(昭和55年) 397
1985年(昭和60年) 404
1989年(平成元年) 557
1993年(平成05年) 766
1995年(平成07年) [4] 844
1998年(平成10年) 899
2000年(平成12年) [JR 1] 897
2001年(平成13年) [JR 2] 944
2002年(平成14年) [JR 3] 923
2003年(平成15年) [JR 4] 928
2004年(平成16年) [JR 5] 943
2005年(平成17年) [JR 6] 1,036
2006年(平成18年) [JR 7] 1,122
2007年(平成19年) [JR 8] 1,210
2008年(平成20年) [JR 9] 1,255
2009年(平成21年) [JR 10] 1,202
2010年(平成22年) [JR 11] 1,092
2011年(平成23年) [JR 12] 1,035
2012年(平成24年) [JR 13] 1,141
2013年(平成25年) [JR 14] 1,203
2014年(平成26年) [JR 15] 1,241

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

駅名の由来[編集]

地名の相武台は戦前に陸軍士官学校に対して昭和天皇がその呼称を与えたものである。

開設当初の「座間新戸」は、当駅が当時の高座郡座間村(現座間市)と同郡新磯村新戸(現相模原市)との境界付近に位置したことによる。1937年昭和12年)に近傍に陸軍士官学校が移転してきたことにより1938年(昭和13年)に「陸士前」と改称し、戦時体制が拡大する中、1940年(昭和15年)に「相武台下」と再改称した。近隣の小田急小田原線相武台前駅と同様に「防諜上の理由」とされる[5]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
相模線
入谷駅 - 相武台下駅 - 下溝駅

かつては入谷駅との間に本座間駅が、下溝駅との間に上磯部駅が置かれていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “東日本ユニオンNo.124号”. JR 東日本労働組合横浜地方本部. (2015年12月6日). http://jrtu-east.org/pdf/yokohama-j124.pdf 2016年3月13日閲覧。 
  2. ^ 相模原市統計書 - 相模原市
  3. ^ 神奈川県県勢要覧
  4. ^ 線区別駅別乗車人員(1日平均)の推移
  5. ^ 同様の理由による駅名変更としては、同じく1940年(昭和15年)の湘南電気鉄道軍需部前駅⇒安針塚駅などがある。

出典[編集]

JR東日本の2000年度以降の乗車人員

関連項目[編集]

外部リンク[編集]