座間市議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
座間市議会
紋章もしくはロゴ
種類
種類
役職
議長
京免康彦(無所属
副議長
吉田義人(自由民主党
構成
定数 22
座間市議会会派構成図.svg
院内勢力
  公明党 (4)
  日本共産党 (3)
  ざま大志会(2)
  ざま明進会(2)
  会派に属さない議員(3)
  欠員(0)
選挙
大選挙区制
前回選挙
2016年9月25日
議事堂
Zama City Hall, (KANAGAWA Pref. Japan).jpg
神奈川県座間市緑ケ丘一丁目1番1号
ウェブサイト
座間市議会

座間市議会(ざましぎかい)は、神奈川県座間市に設置されている地方議会である。


概要[編集]


運営[編集]

会期[編集]

座間市議会の定例会は、毎年3月、6月、9月及び12月に召集され、その他にも必要に応じて臨時会が開催される。

会派[編集]

会派名 議席数 議員名(◎は代表) 所属党派
自民党・いさま 8 ◎伊田雅彦、京免康彦、吉田義人、荻原健司、竹田陽介、熊切和人、髙波貴志、内藤幸男 自由民主党無所属
公明党 4 ◎上沢本尚、安田早苗、加藤学、伊藤多華 公明党
日本共産党 3 ◎中澤邦雄、守谷浩一、星野久美子 日本共産党
ざま大志会 2 ◎沖本浩二、池田徳晴 無所属
ざま明進会 2 ◎佐藤弥斗、松橋淳郎 民主党無所属
会派に属さない議員 3 沖永明久、安海のぞみ、加藤陽子 無所属神奈川ネットワーク運動市民の党
欠員 0
22

(2017年10月10日現在[1]


委員会[編集]

議会運営委員会[編集]

議会運営委員会は、議会の運営が円滑に行われるよう、本会議における議事の順序や進め方など議会運営の全般について協議し、意見調整を図る場として設置されている委員会である。委員の定数は8名で、各会派1名と所属議員数の比率により委員を選任する。

常任委員会[編集]

座間市議会は議案や請願・陳情をより詳しく審査するため常設の常任委員会を設置している。各常任委員会はそれぞれの所管事項についての議案や請願・陳情を審査・調査する。現在は、条例によって4つの常任委員会が設置されており、予算決算常任委員会は議員全員が所属して予算決算の審議を行う。その他の3常任委員会については、議員はいずれか1つの委員会に所属することとなる。また委員の任期は1年である。[2]

委員会名 定数 所轄事項 委員長
企画総務常任委員会 8人
  • 市長室の所管に属する事項
  • 企画財政部の所管に属する事項
  • 総務部の所管に属する事項
  • 市民部の所管に属する事項
  • 消防本部及び消防署の所管に属する事項
  • 会計課の所管に関する事項
  • 選挙管理委員会の所管に属する事項
  • 監査委員の所管に属する事項
  • 固定資産評価審査委員会の所管に属する事項
  • 他の委員会の所管に属さない事
民生教育常任委員会 8人
  • 健康部の所管に属する事項
  • 福祉部の所管に属する事項
  • 子ども未来部の所管に属する事項
  • 教育委員会の所管に属する事項
都市環境常任委員会 8人
  • 環境経済部の所管に属する事項
  • 都市部の所管に属する事項
  • 上下水道局の所管に属する事項
  • 農業委員会の所管に属する事項
予算決算常任委員会 22人
  • 予算に関する全ての事項
  • 決算に関する全ての事項

特別委員会[編集]

特別委員会は、特に必要があると認めた案件や、常任委員会の所管に属さない特定の事項を審査する場合に、議会の議決により設置される委員会である。現在1つの委員会が設置されている。

  • 基地政策特別委員会


議員報酬と諸手当[編集]

役職 報酬 期末手当 政務活動費 合計支給額
議長 月額 54万1000円[3] 年間 266万1720円[4] 月額 1万6500円 [5] 年間 935万1720円
副議長 月額 45万円[6] 年間 221万4000円[7] 年間 781万2000円
議員 月額 41万9000円[8] 年間 206万1480円[9] 年間 728万7480円


脚注[編集]


関連項目[編集]


外部リンク[編集]