出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
米俵から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

(たわら)は、わらを円柱形に編んで作られた。米や芋などの農産物や、木炭や塩魚など各種の産品を包装し、出荷・保管・運搬する為に用いられた。俵算の発想のもと。福俵として縁起物にもされる。

荷車に乗せられた俵

概要[編集]

俵は円柱状の側面に当たる(こも)と、桟俵(さんだわら)をそれぞれ藁で編み、最後にこれらをつなぎ合わせて作る。

桟俵とは米俵の底と蓋になる円い部分。別名さんだらぼうし、さんだらぼっち。炭俵では無い場合が多い。

木炭の一大生産地であった北海道胆振地方では、出荷する木炭を四角い俵詰にしていた。この場合、俵の素材も等級別に使い分けされており、上級品からカヤ()、ヨシムシロと区別されていた[1]

作り方[編集]

1) 稲わらをしごいて揃え、木製の専用の用具を使い、わら縄で向きを交互に藁たばを編んで菰を作る。5斗俵には、64束のわら束を編んだ幅の菰がいるという。

2) わら束の胴中を縛って、踏みつけて円盤状に広げてから端を編みこみ、底と蓋になる「桟俵」を作る。

3) 菰を丸め、端を編み合わせて筒にし、端を内側に織り込んで、桟俵を縫いこんで底をつくる

4) 中に定量の米を詰める。

5) 桟俵で蓋をする

6) 底と蓋を、網状に編み上げた縄で外れないよう押さえる。これは、熟練が必要である。

7) 胴体を数か所、藁縄できつく括り上げて完成。

  • 現代では、藁編みの米俵の製作は失われつつある技能であり、技能者の高齢化も進行しつつある。各地で技能を伝承したり、動画に撮影する試みが行われている。
  • 底や周囲を編んだ藁束で作った米俵からは、米粒が漏れるのが避けられなかった。そのため米俵を保管する倉庫の床には「敷いたように」米粒がこぼれていた[2]。江戸時代のある地域では、漏れの補充分として、規定量に6%分余計に詰めることが農民に強要された。

容量[編集]

四斗入りや六斗入りなど、産品に応じてさまざまな俵が使用された。単位としての俵は、俵 (単位)参照。

内容物[編集]

故事・著作物など[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 菅原昭二 『穂別高齢者の語り聞き史(昭和編)大地を踏みしめて 上  十四歳の丸太馬搬と畳屋半世紀の話 』 穂別高齢者の語りを聞く会、2014年、p271。
  2. ^ 明治時代、米問屋の小僧だった山崎種二の体験記による

関連項目[編集]