出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

(かます)は、の一種。「かます」は蒲簀の意。藁蓆(わらむしろ)を二つ折りにし、相対する2縁を縄で縫い閉じて、輪を底部とし、袋状とする。肥料石炭穀物などを入れる。「叺」は国字である。

 古くは『日本書紀』孝徳紀大化5年3月の条に見える。江戸時代、関西で綿花などの商品作物が盛んに栽培されるようになると、金肥(貨幣で購入する肥料)を使い商品作物の大規模生産が行われるようになった。この金肥は、蝦夷地北海道)で大量に獲れるなどから魚油を採った残りかすを原料として、叺に入れ北前船などで大消費地に運ばれた。司馬遼太郎の小説『菜の花の沖』では、江戸時代後期の商人・高田屋嘉兵衛が北前航路の往路でムシロを買い、関西へ持ち帰る金肥としての、干鰯鰊粕を現地生産して叺に袋詰めする様子が描写されている。  戦後、麻袋が普及するようになると、麻を原料とする二つ折り両端ミシン縫いの袋も「叺」と呼ばれるようになった。ミシン縫いが可能になると、この形状の麻袋が大量生産されるようになった。また紙封筒なども、同様な形状のものを「叺」と呼ばれることもある。

なお、魚のイカナゴの別名「かますご」は、一説に関西では叺にいれて売ったからその名があるという。

関連項目[編集]