出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
むしろ

(むしろ)とは、(わら)やイグサなどので編んだ簡素な敷物(こも)とも呼ばれる。

代表的な製品にござ(茣蓙)がある。

概要[編集]

住宅などの建築資材などにも用いられたほか、天皇貴族の通路に敷物(現代の赤絨毯に相当するもの)として用いられることもあった。

農村では、手軽な現金収入となる内職仕事の一つであり、盛んに造られた。百姓一揆の際には筵に要求を書き上げ、筵旗として用いられることもあった。

歴史[編集]

製法が成立した年代は不明であるが、日本では古くから造られており、奈良時代には(筵に縁取りをした畳の原形)へ派生している。

関連項目[編集]