核都市広域幹線道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

核都市広域幹線道路(かくとしこういきかんせんどうろ)は、首都圏の各都市を相互に結ぶ環状道路として計画された道路である。1994年12月16日地域高規格道路の候補路線に指定された。略称は「核幹道」である。

首都圏の環状道路は、首都高速都心環状線首都高速中央環状線東京外環自動車道首都圏中央連絡自動車道があるが、東京外環自動車道と首都圏中央連絡自動車道の中間位置に計画されている。業務核都市のうち、横浜市立川市さいたま市越谷市柏市千葉市などを結ぶ計画である。

横浜環状北西線横浜環状北線首都高速道路埼玉新都心線などが含まれる。また、立川飛行場付近にも建設予定地が確保されている他、松戸市にも確保されている。

関連項目[編集]