核都市広域幹線道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

核都市広域幹線道路(かくとしこういきかんせんどうろ)は、首都圏の各都市を相互に結ぶ環状道路として計画された道路である。1994年12月16日地域高規格道路の候補路線に指定された。略称は「核幹道」である。

概要[編集]

首都圏の環状道路は、首都高速都心環状線首都高速中央環状線東京外環自動車道首都圏中央連絡自動車道があるが、東京外環自動車道と首都圏中央連絡自動車道の中間位置に計画されている。業務核都市のうち、横浜市立川市さいたま市越谷市柏市千葉市などを結ぶ計画である。

すでに完成済みまたは事業中の区間として横浜環状北西線首都高速神奈川7号横浜北線首都高速埼玉新都心線などが挙げられる。

今後の計画[編集]

埼玉県やさいたま市はさいたま新都心線のさいたま見沼出入口東北自動車道浦和料金所付近の事業実現を推進している。埼玉県議会でも「埼玉県議会首都高速埼玉新都心線の東北自動車道までの延伸及び高速埼玉大宮線の圏央道までの延伸を促進する議員連盟」が発足している。2018年には関東地方整備局埼玉県渋滞ボトルネック検討ワーキンググループも事業早期実施の必要性を指摘した[1]

脚注[編集]

  1. ^ 関東整備局ら/圏央道以南地域道路網拡充へ検討開始/南北・東西の両軸想定日刊建設工業新聞

関連項目[編集]