千里インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
千里インターチェンジ
千里ジャンクション
千里インターチェンジ (1985年撮影) 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
千里インターチェンジ (1985年撮影)
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
所属路線 国道423号新御堂筋
◄南千里ランプ
新千里ランプ►
所属路線 大阪府道2号大阪中央環状線
◄島熊山交差点
北新田橋ランプ►
所在地 560-0082
大阪府豊中市新千里東町1丁目[1]
560-0083
大阪府豊中市新千里西町1丁目[1]
テンプレートを表示

千里インターチェンジ(せんりインターチェンジ)とは、大阪府豊中市新千里東町と同市新千里西町の境界にある国道423号新御堂筋)と大阪府道2号大阪中央環状線インターチェンジである。実質、働きは高速道路ジャンクションに等しい。千里JCTと呼ばれることもある。料金所もなく、相互に乗り入れることができる。

日本で初めにできたタービン型のICである[2]

千里中央駅方面へのランプが併設されている(写真右下)。

接続する道路[編集]

[編集]

大阪府道2号大阪中央環状線
島熊山交差点 - 千里IC - 北新田橋ランプ
新御堂筋
南千里ランプ - 千里IC - 新千里ランプ

周辺[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 千里インターチェンジ 豊中市”. 豊中市 (2013年3月13日). 2017年8月3日閲覧。
  2. ^ 武部健一『道のはなし2』技報堂出版、1992年。ISBN 4-7655-4378-1

関連項目[編集]