朝日インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
朝日インターチェンジ
Asahi IC (Toyama).jpg
朝日インターチェンジ(入口料金所)
所属路線 E8 北陸自動車道
IC番号 27
本線標識の表記 (上り線)国道8号標識 朝日 入善
(下り線)国道8号標識 朝日
起点からの距離 282.1 km(米原JCT起点)
入善PA/SIC (4.2 km)
(6.3 km) 越中境PA
接続する一般道 国道8号標識国道8号
供用開始日 1983年昭和58年)12月13日[1][2]
通行台数 2,551台/日(2013年度)
所在地 939-0733
富山県下新川郡朝日町月山328-2
北緯36度56分23.8秒 東経137度33分0.3秒 / 北緯36.939944度 東経137.550083度 / 36.939944; 137.550083座標: 北緯36度56分23.8秒 東経137度33分0.3秒 / 北緯36.939944度 東経137.550083度 / 36.939944; 137.550083
備考 国土開発幹線自動車道の起点は新潟中央JCT
テンプレートを表示
朝日インターチェンジの位置(富山県内)
朝日インターチェンジ

朝日インターチェンジ(あさひインターチェンジ)は、富山県下新川郡朝日町月山にある北陸自動車道インターチェンジ。富山県の高速道路のインターチェンジでは、最東端のインターチェンジである。

2005年平成17年)の道路関係4公団民営化後は、朝日ICを境に、朝日ICを含まない東側が東日本高速道路(NEXCO東日本)[3]、朝日ICを含む西側が中日本高速道路(NEXCO中日本)の管轄となっている[4]

歴史[編集]

道路[編集]

料金所[編集]

  • ブース数:4

入口[編集]

  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • 一般:1

出口[編集]

  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • 一般:1

周辺[編集]

[編集]

E8 北陸自動車道
(26)黒部IC - (26-1)入善PA/スマートIC - (27)朝日IC - 越中境PA - (28)親不知IC

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『北陸自動車道20周年記念誌』日本道路公団金沢管理局、1993年3月、65頁。
  2. ^ a b 「北陸自動車道 県内を“全通” 滑川以東、6年ぶり完成」『北日本新聞』朝刊、1983年12月14日、5面。
  3. ^ 第15期 有価証券報告書 (PDF)”. 東日本高速道路. p. 38 (2020年6月26日). 2021年1月5日閲覧。
  4. ^ 第15期 有価証券報告書 (PDF)”. 中日本高速道路. p. 46 (2020年6月24日). 2021年1月5日閲覧。
  5. ^ 富山新聞に見るふるさと80年』富山新聞社、2003年6月10日、452頁。
  6. ^ 「北陸道が全線開通 朝日-名立谷浜間59.5キロ」『北日本新聞』朝刊、1988年7月21日、1面。
  7. ^ “新潟のご当地アイドルNegiccoが高速道開通40年祝う SAイチ押しは「南蛮えび煎餅」”. 産経ニュース. (2018年5月17日). https://www.sankei.com/article/20180517-W6IEFAW5SBLFHNTR2KXYXMVPOI/ 2021年6月24日閲覧。 

関連項目[編集]