越中境パーキングエリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
越中境パーキングエリア
EttyuSakai PA.JPG
越中境パーキングエリア(下り線)
所属路線 E8 北陸自動車道
本線標識の表記 越中境
起点からの距離 288.4 km(米原JCT起点)
朝日IC (6.3 km)
(10.9 km) 親不知IC
供用開始日 1988年昭和63年)7月30日
上り線事務所 24時間
下り線事務所 24時間
所在地 939-0704
富山県下新川郡朝日町
北緯36度58分21.8秒 東経137度36分28.3秒 / 北緯36.972722度 東経137.607861度 / 36.972722; 137.607861座標: 北緯36度58分21.8秒 東経137度36分28.3秒 / 北緯36.972722度 東経137.607861度 / 36.972722; 137.607861
備考 国土開発幹線自動車道の起点は新潟中央JCT
テンプレートを表示
越中境パーキングエリアの位置(富山県内)
越中境パーキングエリア

越中境パーキングエリア(えっちゅうさかいパーキングエリア)は、富山県下新川郡朝日町境にある北陸自動車道パーキングエリアである。

日本道路公団の分割民営化によって、東日本高速道路(NEXCO東日本)が管轄するサービスエリア・パーキングエリアでは最西端で、かつ唯一富山県内にあるPAとなっている。

本線の案内標識のローマ字表記が「Etchusakai」「Ecchusakai」の2種類ある。

施設[編集]

下り線は2018年平成30年)2月10日に、上り線は同年3月1日コンビニエンスストアデイリーヤマザキ」がそれぞれオープンした[1]

完成当初、高架水槽には富山県の県花チューリップが描かれていて、敷地内には眺望広場や遊具が設置されている他、松尾芭蕉の『一つ家に 遊女も寝たり 萩と月』の句碑、『まがたま』のモニュメント、貫通石も設置されていた。トイレのステンドグラスにはライチョウが描かれている[2]

上り線(米原方面)[編集]

下り線(新潟方面)[編集]

  • 駐車場
    • 大型 25台
    • 小型 15台
  • トイレ
    • 男性 大2(和式2)・小5
    • 女性 5(和式4・洋式1)
    • 車椅子用 1
  • コンビニエンスストア「デイリーヤマザキ」(24時間[1]
  • ATM
    • イーネット(北陸銀行管理)
  • 自動販売機

[編集]

E8 北陸自動車道
(27)朝日IC - 越中境PA - (28)親不知IC

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c E8北陸道 越中境PA(上下線)に24時間営業のデイリーヤマザキが出店 下り線:2月10日(土)、上り線:3月1日(木)にオープン! (PDF)”. 東日本高速道路株式会社・ネクセリア東日本株式会社 (2018年2月1日). 2018年2月1日閲覧。
  2. ^ 『新日本海時代へ向けて 北陸自動車道 上越~朝日間工事誌』(日本道路公団新潟建設局発行)611 - 612ページより。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]