雪が谷大塚駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
雪が谷大塚駅*
雪が谷大塚駅南口(2007年7月)
雪が谷大塚駅南口(2007年7月)
ゆきがやおおつか
Yukigaya-ōtsuka
IK08 石川台 (0.7km)
(0.8km) 御嶽山 IK10
所在地 東京都大田区南雪谷二丁目2番16号
駅番号  IK 09 
所属事業者 TokyuLogotype.svg 東京急行電鉄
所属路線 IK 池上線
キロ程 5.6km(五反田起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
24,901人/日
-2016年-
開業年月日 1923年大正12年)5月
備考 1933年 現在地に移設
* 1966年 雪ヶ谷大塚駅から改称
テンプレートを表示
西口(2016年8月)
改札口(2016年8月)
ホーム(2007年12月)

雪が谷大塚駅(ゆきがやおおつかえき)は、東京都大田区南雪谷二丁目にある、東京急行電鉄池上線である。駅番号IK09

早朝・夜間を中心に当駅止まり・始発の列車が設定されており、朝ラッシュ時には五反田発の列車のうち半数が当駅で折り返す。

池上線、多摩川線車両基地である雪が谷検車区が当駅に隣接している。かつては、目黒蒲田電鉄(現・東京急行電鉄)新奥沢線が当駅に接続していた。

歴史[編集]

  • 1923年大正12年)5月 - 池上電気鉄道雪ヶ谷駅(ゆきがやえき)として開業[1]。 当時の駅は現在より約百メートル五反田寄りにあった[2]
  • 1927年昭和2年)8月 - 現在の車両基地付近に調布大塚駅が開業[3]
  • 1928年昭和3年)10月5日 - 新奥沢線当駅 - 新奥沢間が開業[4]
  • 1933年(昭和8年)6月1日 - 雪ヶ谷駅と調布大塚駅とを統合して現在の位置に移設、雪ヶ谷駅とする。
  • 1935年(昭和10年)11月1日 - 新奥沢線当駅 - 新奥沢間が廃止[5]
  • 1943年(昭和18年)12月 - 雪ヶ谷大塚駅と改称。
  • 1966年(昭和41年)1月20日 - 雪が谷大塚駅と改称[6]
  • 2000年平成12年)
    • 7月 - 改札内のエレベーターと改札外のエスカレーターが供用開始[7]
    • 9月9日 - 改札内のエスカレーターが供用開始[8]
  • 2005年(平成17年)1月31日 - 定期券売り場が営業終了[9]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅橋上駅舎を持つ。サービスマネージャー導入駅のため旗の台駅から遠隔監視している。

また、乗務員を管轄する雪が谷大塚乗務区が当駅構内に設置されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 IK 池上線 下り 蒲田方面
2 上り 旗の台五反田方面

蒲田側の駅前踏切を渡った先に折返しや入庫の際に使われる渡り線がある。五反田方面から到着した当駅折返しの列車は1番線に到着後に乗客を全員降車させ、この渡り線を使って上り線に転線させた後に当駅始発の五反田行きとして2番線に折り返す。入庫列車の場合は渡り線を渡ってそのまま車庫に向かう。

その他、五反田側(上り線)と蒲田側(上下線)に車両が留置出来る箇所がある。通常は使用されないが、車両故障やダイヤ乱れなどでの車両交換など、特別な場合に車両が一時的に留置される。

利用状況[編集]

2016年度の1日平均乗降人員は24,901人である[10]。近年の1日平均乗降人員乗車人員は下記のとおり。

年度別1日平均乗降・乗車人員[11]
年度 1日平均
乗降人員[12]
1日平均
乗車人員[13]
出典
1990年(平成02年) 11,874 [* 1]
1991年(平成03年) 12,019 [* 2]
1992年(平成04年) 11,800 [* 3]
1993年(平成05年) 11,482 [* 4]
1994年(平成06年) 11,214 [* 5]
1995年(平成07年) 11,085 [* 6]
1996年(平成08年) 11,077 [* 7]
1997年(平成09年) 10,978 [* 8]
1998年(平成10年) 10,551 [* 9]
1999年(平成11年) 10,279 [* 10]
2000年(平成12年) 10,225 [* 11]
2001年(平成13年) 10,353 [* 12]
2002年(平成14年) 10,389 [* 13]
2003年(平成15年) 19,992 10,279 [* 14]
2004年(平成16年) 20,094 10,266 [* 15]
2005年(平成17年) 20,747 10,500 [* 16]
2006年(平成18年) 21,366 10,800 [* 17]
2007年(平成19年) 21,980 11,063 [* 18]
2008年(平成20年) 22,638 11,362 [* 19]
2009年(平成21年) 22,517 11,285 [* 20]
2010年(平成22年) 22,616
2011年(平成23年) 22,818
2012年(平成24年) 23,202
2013年(平成25年) 23,799
2014年(平成26年) 23,969
2015年(平成27年) 24,589
2016年(平成28年) 24,901

駅周辺[編集]

公共施設など[編集]

バス路線[編集]

駅名の由来[編集]

「雪ヶ谷」駅と「調布大塚」駅を統合して開業したため、二駅の駅名から採られた。

「雪ヶ谷」は開業当時、その所在地が荏原郡池上村大字雪ヶ谷だったことに由来する。また「調布大塚」は所在地が当時の調布村大字鵜ノ木の飛び地、字大塚だったので、その調布と大塚とを繋げたものである。なお「大塚」は、調布大塚小学校西北の稲荷社にある大塚古墳(正式名は鵜木大塚古墳)から付いた地名である。字大塚はのちの1932年東京市編入に際して「大森区調布大塚町」となった。 そしてさらに1960年住居表示実施に際し「大田区雪谷大塚町」と改称したが、同時に町域の南を中原街道で限った。そのためかつての「調布大塚」駅の地点は南雪谷二丁目に入っている。

地名に雪の字を冠する経緯は不明だが、かつては柚子(柚木)の群生地域だったことから「柚木谷」が訛ったという説と、この近辺の土壌が白土だったために、遠方から見て雪が積もっているように見える場所を示す「雪谷戸」が「雪ヶ谷」に訛った説、または「雪谷戸」と同じような意味を持つ「雪ヶ谷」がそのまま地名になったという説がある。

隣の駅[編集]

TokyuLogotype.svg 東京急行電鉄
IK 池上線
石川台駅 (IK08) - 雪が谷大塚駅 (IK09) - 御嶽山駅 (IK10)

かつて存在した路線[編集]

目黒蒲田電鉄
新奥沢線
雪ヶ谷駅 - 諏訪分駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東急の駅、p.119。
  2. ^ 『東京市大森区全図』縮尺 1/12000、大森区役所発行、1932年、(大田区立大田図書館所蔵)による。
  3. ^ 東急の駅、p.122。
  4. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1928年10月11日 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  5. ^ 「鉄道一部運輸営業廃止実施」『官報』1935年11月30日 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  6. ^ 東急の駅、p.121。
  7. ^ 雪が谷大塚駅にエレベーター・エスカレーターを設置 (PDF) 」 、『HOT ほっと TOKYU』第221号、東京急行電鉄、2000年9月1日2017年1月21日閲覧。
  8. ^ 雪が谷大塚駅にエスカレーターを設置 (PDF) 」 、『HOT ほっと TOKYU』第224号、東京急行電鉄、2000年7月1日2017年1月21日閲覧。
  9. ^ 雪が谷大塚駅定期券うりば営業終了のお知らせ (PDF) 」 、『HOT ほっと TOKYU』第291号、東京急行電鉄、2005年1月20日2017年1月22日閲覧。
  10. ^ 東急電鉄「各駅乗降人員」
  11. ^ 品川区の統計 - 品川区
  12. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  13. ^ 東京都統計年鑑

出典[編集]

東京都統計年鑑

参考文献[編集]

  • 宮田道一 『東急の駅 今昔・昭和の面影』 JTBパブリッシング、2008年9月1日ISBN 9784533071669

関連項目[編集]

外部リンク[編集]