補助27号線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

補助27号線(ほじょにじゅうななごうせん)は、東京都品川区東大井五丁目から東京都大田区蒲田四丁目に至る、全長5.5キロメートル (km) の都市計画道路である。通称は東邦医大通り


概要[編集]

  • 起点 東京都品川区東大井五丁目
  • 終点 東京都大田区蒲田四丁目

大田区内では環七通りより南側を東邦医大通り(オニタビ通り:かつて「鬼足袋」ブランドの足袋工業の工場があったため。)、環七通りより北側から品川区境までを沢田通り、品川区内を桜新道と呼ばれている。

拡幅

2018年現在、富士見橋付近の拡幅工事を行っている。3.5メートル (m) の区間が完成して、大田区大森西二丁目から大森西四丁目まで440 mの区間について道路拡張事業の工事が着工している。現状片道一車線で全体幅員9 mの道路を幅員20 mの道路に拡幅整備するとともに、内川に架かる富士見橋(橋長:約15 m)の架替えを行う計画が予定されている。完成すると、交通渋滞が緩和され東京都道318号環状七号線東京都道311号環状八号線との間の通行が改善される。

交差している道路[編集]

沿道周辺[編集]

関連項目[編集]