観泉寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
観泉寺
Kansenji temple imagawa suginami tokyo.JPG
山門
所在地 東京都杉並区今川二丁目16番1号
位置 北緯35度43分2.96秒 東経139度36分26.37秒 / 北緯35.7174889度 東経139.6073250度 / 35.7174889; 139.6073250
山号 宝珠山[1]
宗派 曹洞宗
本尊 釈迦如来[2]
創建年 慶長2年(1597年
開山 鉄叟雄鷟[1]
開基 今川氏真(中興)[2]
中興 今川直房の姉[2]
正式名 宝珠山 観泉寺
文化財 今川氏累代墓(都旧跡)
法人番号 8011305000288 ウィキデータを編集
テンプレートを表示
門前にある石碑

観泉寺(かんせんじ)は、東京都杉並区今川にある曹洞宗寺院。山号は宝珠山

概要[編集]

戦国大名の末裔である今川氏菩提寺である。境内にある今川氏累代の墓は、東京都の旧跡に指定されている。

ほかに枝垂桜紅葉などの名所としても知られている。

歴史[編集]

慶長2年(1597年)9月、中野にある成願寺の住職・鉄叟雄鷟によって、多摩郡下井草に創建された。当初は観音寺と称していた[2]

元和5年(1619年)、大友義親が没した。義親には子がなく大友家は断絶となり、その妻(今川範以の三女)は実家に戻ったのち剃髪して観音寺に仕えた。正保2年(1645年)、彼女の弟にあたる今川直房が当地一帯の領主となった。直房は観音寺を上井草村の現在地に移転して伽藍を建立し、寺領を寄進し、寺の名を観泉寺と改めた。ただし、移転と改称の正確な時期はわからない。慶安2年(1649年)には幕府より観泉寺に朱印状が与えられ[3]、10石の寺領に関する年貢・諸役を免除されている。

寛文2年(1662年)、直房は市谷田町の万昌院が牛込に移転するのに際し、万昌院にあった祖父今川氏真と母(吉良義安の娘)の墓を観泉寺に移転し、今川氏真を観泉寺の開基とした。なお、万昌院は現在中野区に移転し万昌院功運寺となっている。

1763年本堂などが焼失したが本堂は翌1764年に再建された。

今川氏と観泉寺[編集]

今川氏は、室町時代戦国時代駿河国(現静岡県)などを治めた一大大名であったが、桶狭間の戦い今川義元織田信長に敗れたのち没落した。義元の子今川氏真徳川家康の庇護を受けてなどで暮らし、慶長19年(1614年)に江戸で没した。氏真の嫡孫今川直房高家として江戸幕府に仕え、朝廷との交渉の功績によって正保2年(1645年)に徳川家光から当地(井草村)を含む新たな知行地を与えられた。以後、当地は幕末まで今川家一円知行の所領として続くことになる。

江戸時代の観泉寺は、今川氏の知行地支配の拠点でもあり、領民からの年貢の取立てや裁判なども寺の門前で行われていた。

今川氏は明治時代に断絶したが、現在の当地の地名「今川」の由来となっている。

史跡[編集]

都旧跡に指定されている今川氏累代の墓を示す石碑
  • 今川氏累代の墓…都指定旧跡[2]。今川氏真以下歴代の領主が眠っている。

施設[編集]

当寺院が母体となって、隣接してある「観泉寺幼稚園」を運営している。

アクセス[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

  • 観泉寺史編纂刊行委員会編『今川氏と観泉寺』(吉川弘文館、1974年)
  • 杉並区立郷土博物館 『企画展 今川氏と杉並の観泉寺 観泉寺所蔵文書を中心として』 杉並区立郷土博物館、1995年。 
  • 「上井草村 観泉寺」『新編武蔵風土記稿』巻ノ123多磨郡ノ35、内務省地理局、1884年6月。NDLJP:763995/18
  • 3 観泉寺 【寺院】(今川2丁目16番1号)”. 杉並区公式ホームページ (2018年1月18日). 2021年1月17日閲覧。

関連項目[編集]