中野富士見町駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中野富士見町駅
Nakano-fujimichō Station 2011.jpg
駅出入口(2011年1月22日撮影)
なかのふじみちょう
Nakano-fujimicho
Mb 03 方南町 (1.3 km)
(0.6 km) 中野新橋 Mb 05
所在地 東京都中野区弥生町五丁目24-4
北緯35度41分25.8秒 東経139度40分0.9秒 / 北緯35.690500度 東経139.666917度 / 35.690500; 139.666917座標: 北緯35度41分25.8秒 東経139度40分0.9秒 / 北緯35.690500度 東経139.666917度 / 35.690500; 139.666917
駅番号 Mb04[1]
所属事業者 東京地下鉄(東京メトロ)
所属路線 [1]丸ノ内線(分岐線)
キロ程 1.9 km(中野坂上起点)
池袋から20.4 km
荻窪から7.6 km
電報略号 ナフ
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
20,202人/日
-2019年-
開業年月日 1961年昭和36年)2月8日
テンプレートを表示

中野富士見町駅(なかのふじみちょうえき)は、東京都中野区弥生町五丁目にある、東京地下鉄(東京メトロ)丸ノ内線(分岐線)のである。駅番号Mb 04[2]。中野区最南端の駅。

年表[編集]

  • 1961年昭和36年)2月8日帝都高速度交通営団(営団地下鉄)荻窪線分岐線の駅として開業。
  • 1972年(昭和47年)4月1日:荻窪線分岐線を丸ノ内線(分岐線)に改称。
  • 2004年平成16年)
    • 4月1日:帝都高速度交通営団(営団地下鉄)民営化に伴い、当駅は東京地下鉄(東京メトロ)に継承される[3]
    • 5月8日:1・2番線のホームドアおよび2番線の可動ステップ稼動開始[4][5]
  • 2007年(平成19年)
    • 1月30日:エレベーター設置工事竣工、稼動開始(1番線、2番線両ホームにそれぞれ設置、改札口に連絡)。
    • 3月18日ICカードPASMO」の利用が可能となる[6]
  • 2016年(平成28年)11月:訪日外国人旅行者の利便性向上のため、駅ナンバリングが発音上同一であった「中野富士見町(m-04)・東高円寺(M-04)」について、自動放送による発音上の区別をつけるよう、当駅の路線記号をm(エム)からMb(エムビー、Marunouchi branch line の頭文字)に変更[2]
  • 2019年令和元年)7月5日発車メロディを導入。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地下駅可動式ホーム柵が設置されている。改札口・出口は1か所のみで、ホームと改札口との間にはエレベーターが設置されている。

トイレは開業以来改札内に男女共用のものが設置されていたが、2009年9月15日より改札外に新設された男女別トイレの供用を開始した。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 Mb 丸ノ内線 方南町ゆき
2 中野坂上荻窪新宿池袋方面

(出典:東京メトロ:構内図

中野車両基地(中野検車区、中野工場)の最寄り駅であることから、朝夕には当駅始発・終着の6両編成の本線直通列車が設定されている(夕ラッシュ以降は方南町終着列車が当駅まで回送、入庫する場合もある)。また当駅始発方南町行きや新宿三丁目行き、平日の終電頃には荻窪発当駅終着もごく僅かに設定されている[7]。中野車両基地へ連絡する線路は、1番線を出発してほどなく左方向へと分岐しているが、2番線ホームの最後尾(方南町寄り)に立ってもはっきりと見える。

発車メロディ[編集]

2019年7月25日のダイヤ改正で、方南町駅への6両編成の列車の乗り入れが開始されたことに伴い、スイッチ制作の発車メロディ(発車サイン音)が導入されている(使用するのは6両編成の列車の発車時のみ)。

曲は1番線が「スタイルブック」、2番線が「コサージュ」(いずれも福嶋尚哉作曲)である[8]

利用状況[編集]

2019年(令和元年)度の1日平均乗降人員20,202人であり[9]、東京メトロ全130駅中125位。

近年の1日平均乗降乗車人員推移は下表の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員[10]
年度 1日平均
乗降人員[11]
1日平均
乗車人員[12]
出典
1990年(平成02年) 9,762 [* 1]
1991年(平成03年) 9,678 [* 2]
1992年(平成04年) 9,682 [* 3]
1993年(平成05年) 9,595 [* 4]
1994年(平成06年) 9,321 [* 5]
1995年(平成07年) 9,189 [* 6]
1996年(平成08年) 9,022 [* 7]
1997年(平成09年) 9,038 [* 8]
1998年(平成10年) 9,151 [* 9]
1999年(平成11年) 8,986 [* 10]
2000年(平成12年) 17,419 8,995 [* 11]
2001年(平成13年) 17,591 9,052 [* 12]
2002年(平成14年) 17,747 9,011 [* 13]
2003年(平成15年) 17,809 9,066 [* 14]
2004年(平成16年) 17,496 8,934 [* 15]
2005年(平成17年) 17,220 8,729 [* 16]
2006年(平成18年) 17,092 8,658 [* 17]
2007年(平成19年) 17,292 8,760 [* 18]
2008年(平成20年) 17,833 9,038 [* 19]
2009年(平成21年) 17,950 9,121 [* 20]
2010年(平成22年) 17,988 9,112 [* 21]
2011年(平成23年) 17,671 8,994 [* 22]
2012年(平成24年) 17,575 8,885 [* 23]
2013年(平成25年) 18,285 9,252 [* 24]
2014年(平成26年) 18,167 9,178 [* 25]
2015年(平成27年) 18,741 9,456 [* 26]
2016年(平成28年) 19,025 9,600 [* 27]
2017年(平成29年) 19,481 9,814 [* 28]
2018年(平成30年) 20,161 10,137 [* 29]
2019年(令和元年) 20,202 10,142 [* 30]

駅周辺[編集]

駅は中野区に所在するが、杉並区との区境に近接する。

バス路線[編集]

京王バスにより運行されている。

中野車庫[編集]

中野富士見町駅入口[編集]

佼成行学園[編集]

隣の駅[編集]

東京地下鉄(東京メトロ)
Mb 丸ノ内線(分岐線)
方南町駅 (Mb 03) - 中野富士見町駅 (Mb 04) - 中野新橋駅 (Mb 05)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 東京地下鉄 公式サイトから抽出(2019年5月26日閲覧)
  2. ^ a b “丸ノ内線 方南町〜中野新橋駅間の駅ナンバリングを訪日外国人旅行者の利便性向上のため、2016年11月から順次変更します” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東京地下鉄, (2016年11月4日), オリジナルの2020年3月8日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200308145340/https://www.tokyometro.jp/news/images_h/metroNews20161104_1.pdf 2020年3月8日閲覧。 
  3. ^ “「営団地下鉄」から「東京メトロ」へ” (日本語) (プレスリリース), 営団地下鉄, (2004年1月27日), オリジナルの2006年7月8日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20060708164650/https://www.tokyometro.jp/news/s2004/2004-06.html 2020年3月25日閲覧。 
  4. ^ “丸ノ内線4駅(中野坂上−方南町間)に「可動式ホーム柵」を設置 丸ノ内線中野新橋駅、中野富士見町駅に「可動ステップ」を設置” (日本語) (プレスリリース), 東京地下鉄, (2004年4月14日), オリジナルの2012年5月12日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20120512204047/http://www.tokyometro.jp/news/2004/2004-01.html 2020年5月2日閲覧。 
  5. ^ 米元和重(東京地下鉄鉄道本部運転部輸送課)「輸送と運転 近年の動向」『鉄道ピクトリアル』第66巻第12号(通巻926号)、電気車研究会、2016年12月10日、 36頁、 ISSN 0040-4047
  6. ^ “PASMOは3月18日(日)サービスを開始します ー鉄道23事業者、バス31事業者が導入し、順次拡大してまいりますー” (日本語) (PDF) (プレスリリース), PASMO協議会/パスモ, (2006年12月21日), オリジナルの2020年5月1日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200501075147/https://www.tokyu.co.jp/file/061221_1.pdf 2020年5月5日閲覧。 
  7. ^ 2019年7月4日までは早朝に当駅始発荻窪行きも存在した。
  8. ^ 東京メトロ丸ノ内線分岐線発車サイン音を制作” (日本語). 株式会社スイッチオフィシャルサイト. 株式会社スイッチ. 2019年9月21日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗降人員ランキング - 東京メトロ
  10. ^ 中野区統計書 - 中野区
  11. ^ レポート - 関東交通広告協議会
  12. ^ 東京都統計年鑑 - 東京都

出典[編集]

東京都統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]