落合郵便局 (東京都)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Postal Mark w (Japan).svg 落合郵便局
落合郵便局(東京都中野区)
基本情報
正式名称 落合郵便局
前身 落合長崎郵便局
新宿郵便局落合長崎分室
新宿北郵便局落合長崎分室
局番号 01581
設置者 日本郵便株式会社
所在地 161-8799
東京都中野区東中野4-27-21
位置 北緯35度42分39.2秒 東経139度41分16.4秒 / 北緯35.710889度 東経139.687889度 / 35.710889; 139.687889 (落合郵便局 (東京都))座標: 北緯35度42分39.2秒 東経139度41分16.4秒 / 北緯35.710889度 東経139.687889度 / 35.710889; 139.687889 (落合郵便局 (東京都))
貯金
店名 ゆうちょ銀行 代理店
保険
店名 かんぽ生命保険 代理店
特記事項
ATMホリデーサービス実施
テンプレートを表示

落合郵便局(おちあいゆうびんきょく)は東京都中野区にある郵便局民営化前の分類では集配普通郵便局であった。

概要[編集]

局名に新宿区の地名である「落合」を用い、集配担当地域も全域が新宿区内であるが、局舎自体は区境である道一本隔てた中野区に立地している。

かつて集配業務を行う唯一の分室であった「新宿北郵便局落合長崎分室」の廃止と同日に開局した郵便局であり、郵便区を含め、同分室の業務をすべて承継している。

住所:〒161-8799 東京都中野区東中野4-27-21

分室[編集]

分室はなし。過去に存在した分室は以下のとおり。

  • 保険分室 - 簡保と郵便年金のみを取扱う分室だった。廃止年不明。
  • 淀橋分室 - 1950年昭和25年)に廃止。

沿革[編集]

  • 年月不明 - 落合長崎郵便局設置。
  • 1944年(昭和19年)10月1日 - 保険分室を豊島区椎名町三丁目[1]に設置(取扱業務は簡保と郵便年金)[2]
  • 1946年(昭和21年)3月11日 - 淀橋分室を淀橋区柏木一丁目[3]に設置[4]
  • 1950年(昭和25年)8月1日 - 淀橋分室を廃止。取扱業務は同日新設された新宿郵便局に承継[5]
  • 1960年(昭和35年)8月1日 - 落合長崎郵便局を廃止。同日、新宿郵便局落合長崎分室を、新宿区下落合二丁目(局舎跡)に設置。
  • 1976年(昭和51年)6月21日 - 落合長崎分室を同日開局した新宿北郵便局に移管。
  • 1995年平成7年)7月31日 - 新宿北郵便局落合長崎分室を廃止。同分室の業務を引き継ぐ形で、落合郵便局を中野区東中野四丁目の現在地に設置。なお、旧局舎を利用して、同日、新宿下落合四郵便局が設置された。
  • 1998年(平成10年)9月1日 - 外国通貨の両替および旅行小切手の売買に関する業務取扱を開始。
  • 2007年(平成19年)10月1日 - 民営化に伴い、併設された郵便事業落合支店に一部業務を移管。
  • 2012年(平成24年)10月1日 - 日本郵便株式会社の発足に伴い、郵便事業落合支店を落合郵便局に統合。
  • 2017年(平成29年)2月6日 - ゆうゆう窓口の24時間営業を廃止。
  • 2019年(平成31年) - 日本郵便東京支社ビル再開発に伴い東京共通事務集約センター等が局内に移転。

取扱内容[編集]

周辺[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 現在の南長崎か目白4・5丁目に当たる
  2. ^ 昭和19年逓信院告示第467号(昭和19年10月11日付官報第5324号掲載)
  3. ^ 現在の新宿区西新宿6〜8丁目に当たる
  4. ^ 昭和21年逓信省告示第88号(昭和21年3月27日付官報第5758号掲載)
  5. ^ 昭和25年郵政省告示第221号(昭和25年7月24日付官報第7059号掲載)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]