東京都立総合芸術高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東京都立総合芸術高等学校
東京都立総合芸術高等学校校門
北緯35度41分37.1秒 東経139度42分55.4秒 / 北緯35.693639度 東経139.715389度 / 35.693639; 139.715389座標: 北緯35度41分37.1秒 東経139度42分55.4秒 / 北緯35.693639度 東経139.715389度 / 35.693639; 139.715389
国公私立の別 公立学校
設置者 東京都の旗 東京都
設立年月日 2009年(平成21年)10月
開校記念日 10月2日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 美術科(2学級/1・2組)
舞台表現科(1学級/3組)
音楽科(1学級/4組)
学科内専門コース 美術科
舞台表現科
音楽科
学期 2学期制
学校コード D113299902192 ウィキデータを編集
高校コード 13348F
所在地 162-0067
東京都新宿区富久町22-1
外部リンク 東京都立総合芸術高等学校
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

東京都立総合芸術高等学校(とうきょうとりつ そうごうげいじゅつこうとうがっこう、英語: Tokyo Metropolitan Senior High School of the Arts)は、東京都新宿区富久町に所在する東京都立芸術高等学校である。

概要[編集]

全日制課程の芸術に関する専門学科(単位制)を設置する唯一の東京都立高等学校として、2010年(平成22年)4月に開校した。美術科舞台表現科(都立高校初にして唯一)、音楽科の3学科を設置する1年次4学級規模の学校である。略称は総芸、都芸、芸高(都立芸術高校時代の名残)など。

明文化された校則を有せず、風紀について大部分を生徒の良識に委ねるなど、2012年に閉校した芸術高校の自由な校風を特徴として受け継いでいる。

定期考査試験入学試験等がある日を除いてノーチャイム制をとっている。定期的に土曜学習日を設置し、制作や練習などのために、練習室などの学校の施設を生徒に開放している。

設置学科[編集]

沿革[編集]

施設[編集]

美術科、音楽科、舞台表現科の授業および活動に使用する専門的な設備を備えている。

  • 校舎棟(HR・特別教室・美術科専門教室・音楽科専門教室)
  • 体育館棟(舞台表現科専門教室・屋上プール・アリーナ)
  • 講堂棟(ホール、客席数520席)
  • 展示ホール(美術科)
  • テニスコート(2面)
  • グラウンド - 環状第4号線(新宿区富久町)の建設に伴い、2020年に消滅[1]
  • ベンチ(30台)

象徴[編集]

校歌[編集]

『東京都立総合芸術高等学校校歌』は、その制定時に、閉校した芸術高等学校には校歌が存在しなかったことから、音楽科関係者に強固に抵抗される中で生み出された。そのため、音楽科を抱えながらも、作詞は校歌制定プロジェクトチーム、作曲は西村由紀江によるものとなっている[2]

服装[編集]

標準服は、その制定時に、閉校した芸術高等学校には存在しなかったが新規に採用。「制服」ではなくあくまで「標準服」であり式展、行事がある時のみ着用を義務付けられているが、それ以外の日は服装は基本的に自由である。デザインはブレザータイプの一般的ないわゆる「学生服」である[2]

特色ある取り組み[編集]

  • 美術科:
    • 東京都美術館において、卒業制作展を行っている。
    • 前期に日光国立公園(群馬県利根郡片品村)において3泊4日の写生合宿を行っている。
    • 校内審査を経て、選出された作品のみが展示されるコンクール展を文化祭の時期に行っている。
    • 有志の生徒で企画する有志展が定期的に展示ホールで行われている。
  • 舞台表現科:
  • 音楽科:

文化祭のテーマ[編集]

  • 2010年度 第1回文化祭:「芸誕」
  • 2011年度 第2回文化祭:「芸撃」
  • 2012年度 第3回文化祭:「芸港」
  • 2013年度 第4回文化祭:「eARTh」※テーマの中にARTが含まれている。
  • 2014年度 第5回文化祭:「CIRCUS」※和訳:「曲芸
  • 2015年度 第6回文化祭:「Forest」
  • 2016年度 第7回文化祭:「Factory」
  • 2017年度 第8回文化祭:「Sparkling」
  • 2018年度 第9回文化祭:「芸国」
  • 2019年度 第10回文化祭:「BEAT」
  • (2020年度は新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止)
  • 2021年度 第11回文化祭:「芸館」
  • 2022年度 第12回文化祭:「芸夢」

閉校した小石川工業高等学校との関係[編集]

東京都立小石川工業高等学校の閉校後、その事務は東京都立総合工科高等学校が承継した。しかし、東京都立小石川工業高等学校の跡地に同校が設置されたことから、その沿革資料は東京都立世田谷工業高等学校ではなく本校の「メモリアルルーム」に残されている。

閉校した芸術高等学校との関係[編集]

東京都立芸術高等学校の閉校後、その事務は本校が承継した。これは、統合や名称変更ではないため願書や履歴書等で「東京都立芸術高等学校(現:東京都立総合芸術高等学校)卒業」とすることは誤りであり、そのまま「東京都立芸術高等学校 卒業」とするようにと案内している[3]

所在地[編集]

東京都立総合芸術高等学校の位置(東京都内)
東京都立総合芸術高等学校
  • 162-0067 東京都新宿区富久町22-1

交通[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]