諏訪通り (東京都)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

諏訪通り(すわどおり)は、東京都新宿区馬場下町の馬場下町交差点から、新宿区大久保三丁目の鉄道交差部に至る道路の通称。東京都道25号飯田橋石神井新座線の支線。都市計画道路補助74号線の一部。

延伸工事および、立体交差化工事[編集]

並行する早稲田通り高田馬場駅付近などの渋滞緩和のため、諏訪通りは小滝橋交差点まで延伸する工事が進んでいる。これに伴い、現在、鉄道等との立体交差化工事と、街路拡幅整備(用地取得が難航した、高田馬場四丁目の街区番号1・23・24番の200 m部分)が行われている。

現時点では、鉄道交差部から小滝橋交差点までは新宿区道であり、今後この部分が東京都道となるか区道のままかは未定。この部分は現在のところ諏訪通りには含まれない。

立体交差化工事[編集]

前述の場所において、JR山手線・JR埼京線 (山手貨物線)・西武新宿線都市計画道路補助72号線(高田馬場駅前通り)をアンダーパスする工事である。

この立体交差は、JRの西側(高田馬場四丁目)の土地が東を下となる斜面となっていることから、当初はオーバーパス陸橋)式の立体交差が予定されていた。しかし、日照や騒音に対する不安から近隣住民の反対があったため、アンダーパストンネル)式の立体交差に変更された。

完成すると、本線の幅9メートル (m)(片側1車線)・側道の幅4.5 m・歩道の幅3.5 mの計27 mとなる。本線は、鉄道や補助72号線をトンネルでくぐるが、側道・歩道は、従来からある (高さ) 3 x (幅) 6 [m]のガード下を拡幅する形になる。

2006年4月24日、この工事として行われたガード(第一戸塚架道橋)下の拡幅工事 (HEP&JES工法) に際して、調整エレメントに注入したコンクリートがエレメント上部に溢れ、JR山手線・埼京線の路盤を25メートル (m)にわたり最大で約6.6 cm押し上げてしまい、両路線が5時間半にわたりストップするという事故が発生している[要出典]

交差する道路・鉄道[編集]

道路沿いの主な施設[編集]

脚注・出典[編集]

外部リンク[編集]