日拓グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日拓グループ
NITTAKU GROUP
種類 グループ
本社所在地 150-0036
東京都渋谷区南平台町16-17 住友不動産渋谷ガーデンタワービル20F
設立 1965年10月
業種 不動産業
事業内容 不動産業、貸ビル事業、都市型レジャー・アミューズメント事業
代表者 代表取締役会長・西村昭孝、代表取締役社長・西村拓郎
売上高 1671億円
営業利益 91億円
総資産 511億円
従業員数 486名(正社員)
外部リンク http://www.nittaku.jp/
テンプレートを表示
エスパス・新宿歌舞伎店

日拓グループ(にったく- )とは、東京都を中心に不動産開発(所有・賃貸・管理)、貸ビル業、パチンコ店(パチスロ専業店を含む)・ゲームセンターを展開している企業。1965年創業。日拓ホーム株式会社、日拓不動産株式会社、日拓リアルエステート株式会社の3社を抱える。

レジャーアミューズメント部門のパチンコホール「エスパス日拓」16店舗・パチスロ「スロットクラブ日拓」6店舗・ゲームセンター「GAME エスパス日拓」2店舗の運営等を手がけることで知られる。かつて1973年の1年間のみ、プロ野球球団「日拓ホームフライヤーズ」を所有していた。

概要[編集]

日拓ホーム株式会社は、不動産開発企業「日拓観光」として1965年設立。不動産業としては中クラスの規模で、一般的には認知度が低かったが、1973年東映が所有していたプロ野球球団・東映フライヤーズを突如買収してマスメディアで「日拓ホーム」の企業名が報道され広く世間に知られることになる。話題を集めた球団買収からわずか10ヵ月後には、日本ハムに球団を売却した。

社会人野球の企業チームを保有し、鶴岡(山本)泰大室勝美らを輩出したが、プロ野球進出時に解散した。うち大室ら4人は買収直前の1972年ドラフト会議で東映に指名されて入団しているが、このことが球団購入と関係あるかは不明。

1976年からパチンコホール事業に進出。以後首都圏を中心に大規模大型店の出店を続け、バブル崩壊後の銀行の支店統廃合で一等地の空き物件が多く出た1990年代に大都市の一等地へも積極的に出店、事業規模を拡大させた。

2009年12月期のグループ総売上高は約1671億円。

代表取締役社長・西村拓郎の妻はタレントの神田うの

沿革[編集]

  • 1965年 - 不動産開発企業「日拓観光」として渋谷区南平台町に創業。
  • 1973年
    • 社名を「日拓ホーム」に変更。新宿区高田馬場に本店移転
    • 1月 - 東映からプロ野球球団買収。日拓ホームフライヤーズ(通称日拓ホーム、日拓)としてプロ野球に参入。
    • 11月 - 球団を日本ハムに売却。
  • 1976年 - パチンコ・ホール運営事業へ進出。
  • 1997年 - パチスロ・スロット専門独立店舗出店。
  • 2004年 - ゲームセンター独立店舗出店(パチンコホールからの転換店舗)。
  • 2012年 - 新宿区高田馬場から渋谷区南平台町に本店移転。

会社概要[編集]

関連会社[編集]

  • 日拓不動産株式会社
  • 日拓リアルエステート株式会社

主な事業内容[編集]

  • 不動産の開発・管理・所有
  • 貸しビル業
  • パチンコ店・ゲームセンター事業

関連項目[編集]

外部リンク[編集]