佐山哲郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐山 哲郎
(さやま てつろう)
ペンネーム 麻耶 十郎
誕生 1948年
日本の旗 日本 東京都台東区根岸
職業 編集者
文筆家
官能小説家
漫画原作者
歌人俳人
住職浄土宗僧侶
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 東京都立大学人文学部中退
活動期間 1973年 -
ジャンル 官能小説
漫画原作
少女漫画
代表作コクリコ坂から
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

佐山 哲郎(さやま てつろう、1948年 - )は、日本編集者文筆家歌人住職浄土宗僧侶官能小説家漫画原作者エルシー企画群雄社出版編集局長。スタジオジブリ製作の長編アニメーション映画コクリコ坂から原作者。通称S(エス)。別名は麻耶 十郎(まや じゅうろう)。

1970年代から1980年代にかけて明石賢生の右腕として自販機本ビニ本業界の雑誌編集者官能小説家として活動した。

略歴[編集]

1948年東京都台東区根岸生まれ[1]

東京都立大学人文学部中退[1]学生歌人全共闘運動などの活動を経て1968年4月の沖縄奪還闘争で逮捕されたのち学生運動から足を洗う。

1976年より自販機本出版社エルシー企画で編集局長に就任し、明石賢生社長の右腕を務める[2]。また並行して講談社漫画雑誌なかよし』で少女漫画漫画原作者も担当し、本職の成人向自販機雑誌では官能小説家ライターとしても活躍した。

1978年より自販機本『X-MAGAZINE』初代編集長に就任するが、後に高杉弾美沢真之助によって雑誌を乗っ取られる[2]

1979年には高杉弾山崎春美を編集に採用した伝説的自販機本『Jam』(のちに『HEAVEN』と改題)の創刊に立ち会った[2]。翌年にはアリス出版より『Jam』に触発された自販機雑誌『NOISE1999』を創刊し[3]、同誌2号掲載の「鈴木いづみ山崎春美ベッドイン・インタビュー」が話題となる。

1980年には少女漫画『コクリコ坂から』(作画・高橋千鶴)の漫画原作を手がけ、同作は2011年宮崎駿の企画・脚本でスタジオジブリによってアニメ映画化された(宮崎は姪が忘れていった『なかよし』で同作をリアルタイムで読んでおり、映画化することを心に誓っていたという)。

同年より明石賢生主宰の群雄社出版で編集局長を務め、竹熊健太郎の初単行本『色単―現代色単語辞典』(2005年ポット出版より復刊)の企画や、筒井康隆原作/内藤誠監督の映画『俗物図鑑』の便乗本『俗物図鑑の本』の編集を金田トメらと行う。しかし、経営不振で群雄社は1983年に倒産。

その後は東京都台東区根岸にある浄土宗西念寺住職を務める傍ら、麻耶十郎名義で官能小説も手掛け、現在は俳人としても活動している[1]

ちなみに『週刊文春』2011年8月4日号には「『コクリコ坂から』原作者 初告白」と題されたインタビュー記事が掲載されており[4]、官能小説家から住職に至るまでの経緯が佐山本人によって公に語られている。なおエルシー企画で同僚だった安田邦也によれば現役時代の佐山は異常なほど速筆だったようで「一冊分の原稿を一人で書くという荒ワザをやってのけるんだ。それも一昼夜だよ。小説から風俗ルポルタージュ物、告白手記と、文体変えて次から次へとササーッとでっち上げて行く。あんなに筆の速い人って後にも先にも見たことないよ」と後に回想している[5]

作品[編集]

漫画原作[編集]

官能小説[編集]

すべて麻耶十郎名義

  • 犯された教室(二見書房 1982年)※1985年12月に同社より文庫化
  • ドッグ・ファッション─犬の姿勢(群雄社出版 1983年
  • 快感(二見書房 1985年)
  • 女医監禁(マドンナ社 1986年
  • 女子高生 あぶない体操着(マドンナ社 1988年
  • 義母の下着、義妹の制服(二見書房 1991年
  • 『監禁』セーラー服蕩し(二見書房 1992年
  • 『解剖』恥ずかし授業(二見書房 1993年
  • セーラー服 快感の口淫(二見書房 1995年
  • 『発熱』女高生の粘膜─服従の淫具いじめ(二見書房 1997年

句集[編集]

  • じたん佐山哲郎句集「事譚」(西田書店 2001年
  • 東京ぱれおろがす─佐山哲郎句集(西田書店 2003年
  • 娑婆娑婆(西田書店 2011年

著作[編集]

  • 芭蕉の奥の細道─安永七(1778)年「日本與地路程全圖」で辿る(人文社 2003年)※編集協力:近藤十四郎
  • 唱歌のふるさと童謡のくに(浄土宗出版室 2008年
  • 童謡・唱歌がなくなる日─日本の叙情歌に秘められた意外な真実(主婦の友社 2011年

編集[編集]

参考文献[編集]

  • 竹熊健太郎「天国桟敷の人々─エロ本三国志① 自動販売機本の黎明期と『JAM』の出現」、『Quick Japan』13号、 124 - 126頁。
  • 竹熊健太郎、佐山哲郎「天国桟敷の人々─エロ本三国志② 自動販売機本の黎明期と『JAM』の出現⑵」、『Quick Japan』14号、 150 - 153頁。
  • 竹熊健太郎、佐山哲郎「天国桟敷の人々─エロ本三国志③ 小向一實とアリス出版」、『Quick Japan』15号、 170 - 175頁。
  • 但馬オサム、佐山哲郎「天国桟敷の人々─エロ本三国志④ 群雄社設立とビニール本の時代」、『Quick Japan』16号、 180 - 183頁。
  • 但馬オサム、木村昭二「天国桟敷の人々─エロ本三国志⑤ 群雄社メジャー路線の野望と挫折」、『Quick Japan』19号、 192 - 195頁。
  • エディトリアル・デパートメント/幻冬舎『スペクテイター』Vol.39「パンクマガジン『Jam』の神話」

脚注[編集]

  1. ^ a b c 童謡・唱歌がなくなる日 日本の抒情歌に秘められた意外な真実 著者紹介
  2. ^ a b c 竹熊健太郎、佐山哲郎「天国桟敷の人々─エロ本三国志② 自動販売機本の黎明期と『JAM』の出現⑵」『Quick Japan』14号、太田出版、150-153頁。
  3. ^ 山崎春美「X人名事典 第2回」より「再度エロ坊主の登場だが、今度は浄土宗。まったくこれじゃ、死んでも浮かばれねーよ。60年全共闘の典型的な生き残りで、目も当てられない酔い方をするトコがまたカワユイともっぱらの評判。ジャムに触発されて『ノイズ1999』とゆー新刊をアリスから出した。ボクらも書いてるし、御愛読のほどを。(笑)野坂譲三と歌人のジョージ秋山」『HEAVEN』2号、アリス出版
  4. ^ 週刊文春 2011年8月4日号 バックナンバー - 週刊文春WEB
  5. ^ 安田邦也、但馬オサム「天国桟敷の人々─安田邦也インタビュー」『Quick Japan』15号、太田出版、176-184頁。

外部リンク[編集]