内山亜紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

内山 亜紀(うちやま あき、1953年?[1] - )は、日本の漫画家東京都板橋区出身。本名の野口 正之名義で作品を発表していた時期もある。ロリコンマンガ家として一般に知られる。

経歴[編集]

東京都板橋区生まれで本名は○○美沙子であると自称[2]東京デザイナー学院卒業後、会社勤務を経て、1979年に『漫画ハンター』でデビュー。初期は劇画タッチで標準的な成人漫画を描いており、やがて内山亜紀名義でロリコンマンガを描き始めて人気を博したが、注文が来たので描いていただけで、当初はロリコンという言葉すら知らなかった。意識して描くようになったのは、『月刊OUT』に作品を発表し始めた1979年頃からのことである。やがて1980年代初頭にはロリコンマンガの売れっ子ナンバーワンとなり、一時期は月産160ページを誇っていた[3]

作風[編集]

ロリコンブームの最盛期には『週刊少年チャンピオン』に連載『あんどろトリオ』を執筆。一方でロリコン誌『レモンピープル』ではそのパロディ『あんころトリオ』を連載した。この2作も含めて、この頃の作品には「つかさ」という名前の7~10歳の幼女が身近な成人男性にわいせつ行為を受けるという内容の物が多く、その多くにオムツプレイが登場している。中には亜紀本人がロリコン青年として登場し、そうした行為に及ぶ作品もいくつか見られる。

1984年放送のTVアニメ『超時空騎団サザンクロス』の初期キャラクターデザインを手掛けたが、結局ボツになっている。1990年代以降は10代少女を題材にした作品が主になっている。

その他[編集]

実家は東京でとんかつ食堂を営んでおり、しばしば作品内で店名や住所まで記載していたために多くのファンが訪れていた(経営者である父親の死去に伴い閉店)。また、他の作家の絵の物まねが得意で、作品中によく他人の絵柄のキャラが描かれていた他、実家にも有名作家のサインを亜紀が模写した色紙が数多く置かれていた。

作品リスト[編集]

野口正之名義[編集]

内山亜紀名義[編集]

  • 愛しの妖精(1980年・久保書店)
  • 夢みる妖精(1981年・久保書店)
  • りぼんと妖精(1981年・久保書店)
  • 気ままな妖精(1982年・久保書店)
  • ロリコン・パーティ(1982年・久保書店)
  • あんどろトリオ(1982年・週刊少年チャンピオン連載、全4巻)
  • おあそびロリータ(1982年・光彩書房)
  • ロリコン・ロック(1982年・檸檬社)
  • ロリコン・ラブ(1982年・久保書店)
  • プリティ天使(1982年・東京三世社)
  • 恋する妖精(1983年・久保書店)
  • オビョーキ少女(1983年・一水社)
  • ペーパーミッドナイト(1983年・東京三世社)
  • つかさの秘密(1983年・辰巳出版)
  • シャボン玉ホリデー(1983年・久保書店)
  • つかさの青い体験(1983年・辰巳出版)
  • おジャンプ少女(1984年・一水社)
  • ラブリー天使(1984年・東京三世社)
  • ニャンニャンプリンセス(1984年・久保書店)
  • 少女人形(1984年・久保書店)
  • 今日子のソフトクリーム(1984年・辰巳出版)
  • ロリコンABC(1984年・久保書店)
  • あんころトリオ(1984年・久保書店)
  • ロリコン・ランド(1984年・サン出版)
  • AVエンジェル(1993年・久保書店)
  • 美少女グルメ倶楽部(1993年・久保書店)
  • ブルセラ白書(1994年・久保書店)
  • 美少女ドクター(1994年・久保書店)
  • 美少女ナタデココ(1994年・久保書店)
  • やおいちゃん イエローカード(1994年・久保書店)
  • 美少女ゆめゆめ日記 イエローカード(1994年・久保書店)
  • ロリロリ快楽園(1997年・シュベール出版)
  • あぶないチャイドル(1997年・シュベール出版)
  • H美少女カンパニー(1998年・久保書店)
  • 少女組さやか(2001年・久保書店)
  • えっち組ちひろ(2002年・久保書店)

脚註[編集]

  1. ^ 公式プロフィールでは1983年3月3日生まれとされているが、作品の発表年からすると矛盾が生じる。一部で「娘が二代目として執筆している」とする記述もあるが確証は無い。なお『アニメージュ1982年5月号では「29歳」と紹介されている([1])。
  2. ^ [2]
  3. ^ 『アニメージュ』1982年5月号

関連項目[編集]

外部リンク[編集]