日野日出志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

日野 日出志(ひの ひでし、1946年4月19日 - )は、日本漫画家。旧満州チチハル市出身、東京育ち。埼玉県所沢市在住。血液型はA型。

作品では怪奇と叙情的な世界を独特のタッチで表現する。ホラー漫画家の重鎮であり、日本国内だけでなく欧米諸国でも人気が高い。また、漫画家杉浦茂の大ファンで彼に影響を受けている漫画家の一人である。大阪芸術大学芸術学部キャラクター造形学科教授。

略歴[編集]

本名、星野安司。1946年、旧満州チチハル生まれ。子供時代から杉浦茂などのギャグ漫画が好きでギャグ漫画家を志すも、赤塚不二夫作品を見てとてもかなわないと挫折。高校卒業後も漫画を描き続け、1967年虫プロ商事発行の『COM』10月号にて第5回月例新人賞に『つめたい汗』が入選してデビュー。翌68年、青林堂発行の『ガロ』にも入選。1970年には、人間として存在することの根底的切なさを謳い上げたサイケデリック怪異悲譚『蔵六の奇病』や『地獄の子守唄』を「少年画報」に発表。のちにひばり書房から単行本化され、70年代の子供達にトラウマを植え付けた。

1982年、代表作『地獄変』を「ひばりコミックス」(ひばり書房)に描き下ろす。その後、活動の場を漫画雑誌へと移し、数多くのホラーや怪奇作品を発表し、「怪奇と叙情」を土着的かつ叙情的な独特のタッチで描くホラー漫画界の第一人者としての地位とカルト的な人気を同時に確立。漫画以外にも絵本作品や児童書、キャラクターデザインなどの制作活動も行っている。

日野日出志作品は日本だけにとどまらず世界各国でも翻訳出版されており、欧米諸国を中心に高く評価されている。なお、ホラー漫画の第一人者として世界的に評価されているにも関わらず、「ホラーは子供の頃から大の苦手で、酒で怖さを紛らわしながら描いている」と打ち明けている。

作品リスト[編集]

漫画[編集]

ホラー漫画[編集]

寄稿[編集]

作品集[編集]

  • リイド社
  • その他
    • 怪奇のはらわた(講談社、1996年2月)
    • 地獄の絵草紙(地獄小僧の巻)日野日出志選集(ひばり書房、1987年11月16日)
    • ホラー自選集 マンガCD-ROM倶楽部13[CD-ROM] (ソフトバンク株式会社)
    • 太陽伝―日野日出志作品集 (マガジン・ファイブ、2003年6月)

画集[編集]

  • The Art of Hideshi Hino 日野日出志画集(PRESSPOPGALLERY、2006年)

映像作品[編集]

監督[編集]

美術デザイン[編集]

漫画が原作の映画作品[編集]

日野日出志に関する研究本[編集]

  • 実存ホラー漫画家 日野日出志を読む―母胎回帰と腐れの美学 (清水 正 D文学研究会、2004年)
  • 日野日出志体験―朱色の記憶・家族の肖像(猫蔵 D文学研究会、2007年)

関連項目[編集]