日野日出志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日野 日出志
本名 星野 安司[1]
生誕 (1946-04-19) 1946年4月19日(72歳)
中華民国の旗 中華民国 チチハル市
職業 漫画家
活動期間 1967年 -
ジャンル ホラー漫画
受賞COM』第5回月例新人賞
公式サイト 日野プロダクション
テンプレートを表示

日野 日出志(ひの ひでし、1946年4月19日 - )は、日本漫画家大阪芸術大学芸術学部キャラクター造形学科教授。

満州チチハル市出身、東京育ち。埼玉県所沢市在住。血液型はA型。怪奇や叙情的な世界を独特のタッチで表現するホラー漫画家の重鎮であり、日本国内だけでなく欧米諸国でも人気が高い。漫画家杉浦茂の大ファンで彼に影響を受けている漫画家の一人である。

略歴[編集]

本名・星野安司[1][2]1946年、旧満州チチハル生まれ。子供時代から杉浦茂などのギャグ漫画が好きでギャグ漫画家を志すも、赤塚不二夫作品を見てとてもかなわないと挫折。高校卒業後も漫画を描き続け、1967年虫プロ商事発行の『COM』10月号にて第5回月例新人賞に『つめたい汗』が入選してデビュー。翌68年、青林堂発行の『ガロ』にも入選。

デビュー後「少女漫画から西部劇まで手当たり次第に何でも描いたけどさっぱり手応えがない。原稿も売れなくなるし、もう漫画家辞めようかと」いう時期を過ごした後、友人が貸してくれたレイ・ブラッドベリが転機となる。「忘れもしません、『刺青の男』。まるで背中からぶん殴られたようなショックでした。俺は何を遠回りしていたんだろう、これだ、俺の描きたかったのはこの怪奇と叙情の世界だ!」そうして、人間として存在することの根底的切なさを謳い上げたサイケデリック怪異悲譚『蔵六の奇病』を1年がかりで描き上げ「少年画報」に発表。のちにひばり書房から単行本化され、70年代の子供達に強烈なトラウマを植え付けた。

1982年、代表作『地獄変』を「ひばりコミックス」(ひばり書房)に描き下ろす。その後、活動の場を漫画雑誌へと移し、数多くのホラーや怪奇作品を発表、独特のタッチで「叙情と怪奇」を描き、ホラー漫画界の第一人者としての地位とカルト的な人気を同時に確立。漫画以外にも絵本作品や児童書、キャラクターデザインなどの制作活動も行っている。

日野日出志作品は日本だけにとどまらず世界各国でも翻訳出版されており、欧米諸国を中心に高く評価されている。なお、ホラー漫画の第一人者として世界的に評価されているにも関わらず、「ホラーは子供の頃から大の苦手で、酒で怖さを紛らわしながら描いている」と打ち明けている[要出典]

2000年前後から制作ペースが落ちていたが、2018年に銚子電気鉄道が開発・発売したスナック菓子『まずい棒』のキャラクターである「まずえもん」を描いたことがきっかけとなり、Twitterを始めるなどして画業復活への意欲を見せていることが明らかになった[3]

作品リスト[編集]

漫画[編集]

ホラー漫画[編集]

寄稿[編集]

作品集[編集]

  • リイド社
  • その他
    • 怪奇のはらわた(講談社、1996年2月)
    • 地獄の絵草紙(地獄小僧の巻)日野日出志選集(ひばり書房、1987年11月16日)
    • ホラー自選集 マンガCD-ROM倶楽部13[CD-ROM] (ソフトバンク株式会社)
    • 太陽伝―日野日出志作品集 (マガジン・ファイブ、2003年6月)

画集[編集]

  • The Art of Hideshi Hino 日野日出志画集(PRESSPOPGALLERY、2006年)

映像作品[編集]

監督[編集]

デザイン・イラスト[編集]

漫画が原作の映画作品[編集]

ゲーム作品[編集]

日野日出志に関する研究本[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 第9回企画展 COM展 -70年代のマンガ専門誌- (HTML)”. Osamu Tezuka Official site. 手塚治虫記念館. 2018年8月18日閲覧。
  2. ^ ペンネームは本名の星から下の生を取って日野、『昭和残侠伝』での高良健の役名花田秀次のヒデからもらって日出志としたのが由来。―2018年10月28日 本人のTwitterから https://twitter.com/hino_hideshi/status/1056408224646090752
  3. ^ a b “伝説のホラー漫画家20年ぶり画業再開 日野日出志氏「創作のスイッチ入った」”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2018年8月18日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/08/18/kiji/20180817s00041000490000c.html 2018年8月18日閲覧。 
  4. ^ 株式会社QBQ編 『プレイステーションクソゲー番付』マイウェイ出版発行、2018年。ISBN 9784865118346 p22

関連項目[編集]

外部リンク[編集]