厄 友情談疑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
厄 友情談疑
ジャンル アドベンチャーゲーム
対応機種 プレイステーション
発売元 アイデアファクトリー
人数 1人
メディア CD-ROM(PS)
発売日 1996年1月13日
テンプレートを表示

厄 友情談疑』(やく ゆうじょうだんぎ)は、1996年1月13日アイデアファクトリーからプレイステーション向けに発売されたアドベンチャーゲームである。プレイステーション3およびプレイステーション・ポータブル向けにゲームアーカイブスでも配信されている。

ゲーム内容[編集]

3Dグラフィックの上に文章が表示され、随所に現れる選択肢やキャラクターザッピングによってストーリーが分岐するアドベンチャーゲーム。

はじめは主人公視点のみだが、エンディングまでたどり着くと他の登場人物の視点でもストーリーを追えるようになる。

プレイステーションソフトには珍しく、メモリーカードへのデータセーブではなく、エンディング後に表示されるパスワードを次回のプレイ時に入力することで続きからプレイできる方式を採用している。

エンディングでは「終?」という表示がされ、続きがあることが示唆される。

ストーリー[編集]

小学生のころ埋めたタイムカプセルを掘り起こすために、母校へ集まった主人公たち。いじめられっ子だった裕一が、様子を見てくると一人学校へ忍び込んで行くが…。

登場人物[編集]

主人公(名前はプレイヤーが入力)
プレイヤーの分身。
かんな
ヒロイン。実は主人公と両想いなのだが、2人とも奥手なのでカップル成立には至っていない。
英明
いたずら好き。主人公を驚かせるためにわざわざカエルが飛び出すビックリ箱を持参する。
京子
美人で気が強い。
裕一
気が利く、元いじめられっ子。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]