幻の名盤解放同盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
幻の名盤解放同盟
Meiban mark.png
Maboroshi no meiban kaiho domei.jpg
左から根本敬、船橋英雄、湯浅学
略称 同盟
標語 すべての音盤はターンテーブル上で平等に再生表現される権利を持つ
前身 廃盤水平社
設立年 1982年
設立者 根本敬
湯浅学
船橋英雄
目的 廃盤レコードの復刻や昭和の隠れた名盤紹介など
位置 日本の旗 日本東京都
関連組織 青林堂
ツァイト
Pヴァイン
青林工藝舎
東京キララ社

幻の名盤解放同盟(まぼろしのめいばんかいほうどうめい)は、1982年から特殊漫画家根本敬らによって主宰されている廃盤レコードの復刻活動を行っているユニットである。

昭和歌謡ブームやポンチャックブームの仕掛人であり、廃盤クロスレビューから旅行ガイドブックの執筆まで多岐に渡り活動する。

概要[編集]

中古レコードの蒐集を行っていた特殊漫画家根本敬音楽評論家湯浅学デザイナー船橋英雄の三人によって1982年に「廃盤水平社」として結成。「すべての音盤はターンテーブル上で平等に再生表現される権利を持つ」をスローガンに、商業的成功にめぐまれず廃盤となり消えていった個性的すぎる歌謡曲の紹介・復刻を手がける。またライナーノーツには、過剰なまでの情報量による解説と、湯浅学による秀逸な解読が添付されているのが特徴。

かつてP-VINEレーベルから「幻の名盤解放同盟」による復刻盤コンピレーションアルバム『幻の名盤解放歌集』シリーズが東芝編・テイチク編・ビクター編など原盤の大手レーベルの承諾を得て、会社別に多数発売されていた。『幻の名盤解放歌集』シリーズには5000枚以上を売れた作品もあり、「廃盤レコードの編集盤としては破格のヒット」とされる[1]

1987年には韓国旅行記『ディープ・コリア』を同盟の共著で発表、その後も出版社を変えつつ四半世紀にわたり増補改訂を繰り返し、最新版では600頁を越える大著となっている。これは民主化以前で情報が乏しかった当時の韓国を渡り歩き集めた、日常のどうでもいい瑣末でリアルな韓国の姿を「お笑い大韓民国」として面白おかしく取り上げたもので、対韓国・朝鮮贖罪意識にとらわれた形でしか韓国を語れず、硬直していた日本の韓国観に対し風穴を開ける画期的な一冊として青山正明をはじめ高く評価された[2]。また韓国では「下世話な音楽」として敬遠されていたポンチャックを日本に紹介し、李博士をはじめ一時的にブームを呼んだ。

解放同盟」の名称は部落解放同盟の専売特許ではないが「幻の名盤解放同盟」というユニット名が部落解放同盟員から苦情を受け、CDが出荷停止に追い込まれた過去がある[3]。またメディアの自主規制によりユニット名が取り上げられる機会も少ないため、その功績とは裏腹に世間一般では知名度が低く、知る人ぞ知るアンダーグラウンドな存在でもある。

標語[編集]

一般論、道徳、倫理などにとらわれることなく、人間の「生」の現われである「歌」を底辺から集め、いい顔といい歌を既存のあらゆる倫理/道徳、価値体系から解放せんとする。曰く「平等に聴く耳を持て。音楽に貴賎はない。同情も同調もいらぬ」

書籍[編集]

ビデオ[編集]

  • 『因果境界線』 - 青林堂1992年
  • 『ひさご』 - 青林堂、1993年
  • 『川西杏・幻の大本営』 - 青林堂、1993年

関連人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 朝日新聞』1993年11月4日付夕刊、17頁。
  2. ^ なお根本ら幻の名盤解放同盟は2010年代以降の嫌韓ブームで本著が嫌韓本と同列に語られることに対して不快感を示している。
  3. ^ 森達也放送禁止歌』ドキュメンタリー
  4. ^ 幻の名盤解放同盟公式HP

参考文献[編集]

  • 青林堂月刊漫画ガロ』1993年10月号特集「根本敬や幻の名盤解放同盟/夜、因果者の夜」
    • 幻の名盤解放同盟『夜、因果者の夜』ペヨトル工房、1997年8月初版発行
  • 青林工藝舎アックス』Vol.55「幻の名盤解放同盟の25年」2007年2月発行
  • 青林工藝舎『アックス』Vol.117「幻の名盤解放同盟の参十五年」2017年6月発行

外部リンク[編集]