村松恒平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

村松 恒平(むらまつ こうへい、1954年10月27日 - )は、SBAシンボリスト編集者作家美術評論家東京都出身。

人物[編集]

1954年、東京生まれ。新聞社を経て、JICC出版局(現・宝島社)に入社。雑誌『宝島』の編集に携わり、単行本『ANOANO』『VOW』『愛より速く』(斎藤綾子)などを送り出した後、27歳で独立。自身のオフィスにて『元祖テレビ屋大奮戦』(井原高忠・文藝春秋)『共生の思想』(黒川紀章徳間書店)などを編著。 メールマガジン『プロ編集者による 文章上達<秘伝>スクール』の発行に併行して、ネット上で描写訓練メソッド『言葉のクロッキー』を展開。また、文章術について雑誌連載をする他、全国各地でセミナーを行う。 近年は、講演やイベント主催、広告やWEB制作のプランニング等に広く活躍、絵画、陶芸などの美術活動や、「ヘタうま書道」の指導など、芸術をより身近なものにする活動に取り組む。 2012年から個人メールマガジン『GOLD2012』を配信、同年より芸術、哲学、神秘主義などのエッセンスを、人の生きる力に変換する方法(SBA/象徴的身体調整)を研究・実践中。

著書[編集]

  • 『ほとんどすべての人のための《神様学》入門』('99/洋泉社
  • 『プロ編集者による文章上達秘伝スクール』('02/メタブレーン
  • 『文章王 (プロ編集者による文章上達〈秘伝〉スクール 2)』('03/メタブレーン)
  • 『書く人 (〈プロ編集者による〉文章上達〈秘伝〉スクール (3))』('05 /メタブレーン)
  • 『達磨』('09/メタブレーン)
  • 『不安であることの正しさについて』('11/メタブレーン)
  • 『食欲詩集』('12/ココロ・ブランド
  • ほか共著、編著多数

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]