ゾッキ本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ゾッキ本ぞっき本、 - ぼん)とは、古本古書市場にて極めて安い価格で売られる新品本を指す[1]日本語赤本特価本新古本バーゲンブックとも[2]

概要[編集]

「ゾッキ」は「すべて」を意味する言葉とも、「殺ぐ」や「そっくり」が転じた言葉とも言われるが、定説はない[3]

日本において、新刊本は再販制度によって原則定価販売となる[4]。しかし、新刊で販売された書籍や雑誌で一定期間を経た書籍は、出版社が定価の拘束を外すことができ、小売店側で自由に価格を設定できる[4]。このように、古本と異なり、一度も読者の手に渡っていない新本をゾッキ本と言い、「自由価格本」「アウトレットブック」「バーゲンブック」と呼ぶ[4]。古くは「見切本」「数物」「擦れ本」などとも呼ばれた[3]。在庫が大量に余った場合や、出版社が倒産して大量の在庫が流出した場合にも使われる[1]

ゾッキ本を専門に扱っている本屋のことを「ぞっき屋」という[5]

なお、通俗本の意味でゾッキ本という言葉を使う者も稀にいる。

ゾッキ本の判別方法[編集]

バーゲンブック

ゾッキ本は新本として再流通するのを防ぐために、または色マジックによるゾッキ線、または奥付などに丸に「B」もしくは「済」の字が打たれた「B印」や「済印」を押下することで瑕疵が付けられる。

こうした加工がされる事により、通常は汚損として古書店での買取値は大幅に下がる。ただし、「稀覯本」(きこうぼん)と呼ばれる、出回りが極めて少ない本[6]の場合、人の手を経ていないということでほとんど影響が出ない場合もある。

天地につけられたインクがあまりしみていない場合は、古書店で販売する際にグラインダーまたは紙やすりを掛けて印をつけた部分を削り、美品として販売することがある。グラインダーを掛けてきれいにしたゾッキ本だけを見た場合の判別は難しいが、並品と並べた場合に若干高さが低くなるので判別することができる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b ゾッキ本とは” (日本語). www.1book.co.jp/. 2020年6月29日閲覧。
  2. ^ 知的財産用語 商標登録・西川特許事務所”. www.jpat.net. 2020年6月29日閲覧。
  3. ^ a b 第2版, 日本大百科全書(ニッポニカ),ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,精選版 日本国語大辞典,デジタル大辞泉,世界大百科事典. “ぞっき本とは” (日本語). コトバンク. 2021年11月25日閲覧。
  4. ^ a b c バーゲンブック販売” (日本語). 八木書店グループ. 2021年11月25日閲覧。
  5. ^ 日本国語大辞典, ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,デジタル大辞泉,世界大百科事典 第2版,大辞林 第三版,日本大百科全書(ニッポニカ),精選版. “ぞっき本(ぞっきぼん)とは” (日本語). コトバンク. 2020年6月29日閲覧。
  6. ^ 日本国語大辞典,世界大百科事典内言及, 大辞林 第三版,精選版. “稀覯本(きこうぼん)とは” (日本語). コトバンク. 2020年6月29日閲覧。

関連項目[編集]