北村昌士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

北村 昌士(きたむら まさし、1956年7月22日 - 2006年6月17日)は、日本のミュージシャン編集者音楽評論家

経歴[編集]

1977年に雑誌『FOOL'S MATE』を創刊し、初代編集長を務める。『FOOL'S MATE』は、プログレッシブ・ロックニュー・ウェイヴといった音楽や、ウィリアム・バロウズなどのサブカルチャーを日本に紹介する役割を果たし、1970年から1980年代にかけての日本のミュージック・シーンに大きな影響を与えた。

1984年にインディーズレーベルトランス・レコードを創立するとともに、YBO2を結成し、ボーカルベースを担当。1985年には『FOOL'S MATE』の編集を離れ、以後は音楽活動を中心にする。1993年からはトランス・レコードの後身レーベルであるSSE COMMUNICATIONSを設立・運営。また1990年のYBO2活動停止後はCanis Lupus、Differanceで活動した。

2006年6月17日に心臓疾患のため49歳で逝去。その死は遺族の意向によりしばらくの間伏せられ、『FOOL'S MATE』2006年9月号で公表された。

著書[編集]

  • キング・クリムゾン 至高の音宇宙を求めて(1981年、シンコーミュージック出版)