羽良多平吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
羽良多はらた 平吉へいきち
生誕 (1947-09-28) 1947年9月28日(72歳)
東京都
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京芸術大学美術学部工芸科卒業
著名な実績 エディトリアルデザイングラフィックデザイン
代表作HEAVEN』エディトリアルデザイン
YMOソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』アートディレクション
稲垣足穂『一千一秒物語』エディトリアル・デザイン
青土社『ユリイカ』エディトリアルデザイン
受賞 1987年、通産大臣賞、生産局長賞
1988年、第23回造本装幀コンクール審査委員会奨励賞
1991年、講談社出版文化賞・ブックデザイン賞
2002年、第36回造本装幀コンクール日本印刷産業連合会会長賞
2009年、第60回全国カレンダー展・日本印刷新聞社賞
2019年、日本タイポグラフィ協会顕彰 第18回佐藤敬之輔賞


羽良多 平吉(はらた へいきち、男性、1947年9月28日 - )は、日本の書容設計家、エディトリアルデザイナーグラフィックデザイナー東京都武蔵野市吉祥寺南町出身。2013年度まで女子美術短期大学造形学科デザインコース情報メディア系研究室専攻科講師を務めた。

『地下演劇』『新宿プレイマップ』『遊』『HEAVEN』『ガロ』『QuickJapan』をはじめとしたサブカルチャー系の雑誌、青林堂白泉社などによるコミックスといった、幅広いエディトリアルデザイン・ブックデザインを手がける。また、YMOを初めとするレコード、CD、ツアーパンフレット等の音楽関連のデザイン、ブリキの自発団などの演劇の宣伝美術などでも知られる。独特のタイポグラフィや、補色特色を使った繊細なデザインを実践している。

別名義として波羅多平吉、原田平吉などがある。また、欧文表記には複数のパターンが見られる。

略歴[編集]

  • 1947年(昭和22年)9月28日、東京、吉祥寺に生まれる。[1]
  • 1970年(昭和45年)3月、東京芸術大学美術学部工芸科卒業。
  • 1975年(昭和50年)3月、個展「虹色科学展」(画廊駱駝館)開催。
  • 1979年(昭和54年)3月、デザイン事務所「WXY(ダヴレクシィー)」設立。
  • 1985年(昭和60年)4月、女子美術大学短期大学部、非常勤講師就任。
  • 1987年(昭和62年)、「第22回竹尾ペーパーショウ」ポスターで通産大臣賞、生産局長賞受賞。
  • 1988年(昭和63年)、永井宏『マーキュリー・シティー』(東京書籍)の装丁で第23回造本装幀コンクール審査委員会奨励賞受賞。
  • 1989年(平成元年)6月、デザイン事務所「EDiX(エディックス)」設立。
  • 1991年(平成3年)、稲垣足穂一千一秒物語』(透土社1990年)の装丁で講談社出版文化賞・ブックデザイン賞を受賞。
  • 1995年(平成7年)、MacintoshによるDTPを開始。
  • 2001年(平成13年)1月、羽良多平吉展2001+2「点国ドライヴ」(クリエイションギャラリーG8)開催。[2]
  • 2002年(平成14年)、『機動戦士ガンダム公式百科事典』(講談社2001年)で第36回造本装幀コンクール日本印刷産業連合会会長賞。
  • 2003年(平成15年)10月〜、個展「然 NEN」(EPSON PiezoGraph Gallery KYOTO、しまだい本陣ギャラリー)開催。
  • 2006年(平成18年)7月、個展「未来のイヴ」(iTohen)開催。[3]
  • 2009年(平成21年)、『HOLLYWOOD RANCH MARKET』カレンダーで第60回全国カレンダー展・日本印刷新聞社賞受賞。
  • 2011年(平成23年)4月、『アイデア』2011年5月号(346号)で総特集[1]
  • 2014年(平成26年)3月、女子美術大学短期大学部の非常勤講師退職。
  • 2015年(平成27年)、えほんごラボ設立。[4]
  • 2019年(平成31年)3月、日本タイポグラフィ協会顕彰 第18回佐藤敬之輔賞受賞。[5]

インタビュー・特集など[編集]

  • 「デジタル時代のデザインと文字」(『dpi』10号、毎日コミュニケーションズ、1998年5月)
  • 「画素と補色と書容設計と」(『イラストレーション』115号、玄光社、1999年1月)
  • 「自由なる結婚/フォントグラフィーと私」(『武蔵野美術』113号、武蔵野美術大学出版部、1999年8月)
  • 「デジタルというしなやかさ」(『情報デザインシリーズvol.5 情報社会とコミュニケーション』、角川書店、2000年3月)
  • 「一生でいちばん美しいデザイン」(『BET』創刊準備号、2006)
  • 「雑誌デザインの潮流を変えた10人」(ピエブックス、2009年4月)
  • 「特別講演 計画された偶然」(『言葉のかたちとデザイン記録集』2号、女子美術大学、2014年4月)
  • 「アイデア346 羽良多平吉 イエス・アイ・スィー」(誠文堂新光社、2011年5月)
  • 「グラフィック文化を築いた13人: 『アイデア』デザイナーインタビュー選集」(誠文堂新光社、2014年2月)

近年の仕事[編集]

  • 文遊社の文学書[6]
  • 青土社「ユリイカ」書容設計[7]

参考文献[編集]

  • 「アイデア346 羽良多平吉 イエス・アイ・スィー」(誠文堂新光社、2011年5月)

脚注[編集]

  1. ^ a b 『IDEA』346号 羽良多平吉 イエス・アイ・スィー http://www.idea-mag.com/jp/publication/346.php
  2. ^ Ltd, Recruit Holdings Co. “羽良多平吉展 2001+2 「点国ドライヴ」|展覧会・イベント” (日本語). リクルートの2つのギャラリー. 2019年9月1日閲覧。
  3. ^ 羽良多平吉 個展「未来のイヴ 」 | exhibition | iTohen / Gallery Books Coffee”. itohen.info. 2019年9月1日閲覧。
  4. ^ えほんごラボ” (日本語). 2019年9月1日閲覧。
  5. ^ NPO法人 日本タイポグラフィ協会|ニューストピックス”. typography.or.jp. 2019年9月1日閲覧。
  6. ^ (株)文遊社 公式サイト http://www.bunyu-sha.jp/index.html
  7. ^ 青土社 ||ジャンル別一覧:ユリイカ”. www.seidosha.co.jp. 2019年9月1日閲覧。

関連事項[編集]

外部リンク[編集]