羽良多平吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

羽良多 平吉(はらた へいきち、男性、1947年9月28日 - )は、日本の書容設計家、エディトリアルデザイナーグラフィックデザイナーである。東京都武蔵野市吉祥寺南町出身。2013年度まで女子美術短期大学造形学科デザインコース情報メディア系研究室専攻科講師を務めた。

『新宿プレイマップ』『遊』『HEAVEN』『ガロ』『QuickJapan』をはじめ、サブカルチャー系の雑誌、テクノボーイ、山岸凉子、大島弓子の全集などのデザインを多く手がけた。また、YMOを初めとするレコード、CD、ツアーパンフレット等の音楽関連のデザインも多数担当。独特のタイポグラフィや、補色特色を使った繊細なデザインを実践している。

略歴[編集]

  • 1970年(昭和45年)3月、東京芸術大学美術学部工芸科卒業。
  • 1979年(昭和54年)3月、デザイン事務所「WXY(ダヴレクシィー)」設立。
  • 1985年(昭和60年)4月、女子美術大学短期大学部、非常勤講師就任。
  • 1987年(昭和62年)、「第22回竹尾ペーパーショウ」ポスターで通産大臣賞、生産局長賞受賞。
  • 1988年(昭和63年)、永井宏『マーキュリー・シティー』(東京書籍)の装丁で第23回造本装幀コンクール審査委員会奨励賞受賞。
  • 1989年(平成元年)6月、デザイン事務所「EDiX(エディックス)」設立。
  • 1991年(平成3年)、稲垣足穂一千一秒物語』(透土社1990年)の装丁で講談社出版文化賞・ブックデザイン賞を受賞。
  • 1995年(平成7年)、MacintoshによるDTPを開始。
  • 2002年(平成14年)、『機動戦士ガンダム公式百科事典』(講談社2001年)で第36回造本装幀コンクール日本印刷産業連合会会長賞。
  • 2011年(平成23年)4月、『アイデア』2011年5月号(346号)で総特集[1]
  • 2014年(平成26年)3月、女子美術大学短期大学部の非常勤講師退職。

デザイン論[編集]

  • 「デジタル時代のデザインと文字」(『dpi』10号、毎日コミュニケーションズ、1998年5月)
  • 「自由なる結婚/フォントグラフィーと私」(『武蔵野美術』113号、武蔵野美術大学出版部、1999年8月)
  • 「デジタルというしなやかさ」(『情報デザインシリーズvol.5 情報社会とコミュニケーション』、角川書店、2000年3月)
  • 「特別講演 計画された偶然」(『言葉のかたちとデザイン記録集』2号、女子美術大学、2014年4月)

近年の仕事[編集]

  • 映画「ドキュメント灰野敬二」のグラフィック全般(2012)[2]
  • 文遊社の文学書[3]

脚注[編集]

  1. ^ 『IDEA』346号 羽良多平吉 イエス・アイ・スィー http://www.idea-mag.com/jp/publication/346.php
  2. ^ 映画「灰野敬二ドキュメント公式サイト http://www.doc-haino.com/
  3. ^ (株)文遊社 公式サイト http://www.bunyu-sha.jp/index.html

関連事項[編集]

外部リンク[編集]