祖父江慎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

祖父江 慎(そぶえ しん、1959年 - )は、愛知県生まれのブックデザイナー

人文書、小説、漫画などの書籍の装幀やデザインを幅広く手がける。吉田戦車の漫画本をはじめとして、意図的な乱丁や斜めの裁断など、装幀の常識を覆すデザインで注目を集める。コズフィッシュ代表。

電話の声で女性と間違われるほど女性っぽい振舞い、話し方をするが既婚で一女あり。妻は理論社の『よりみちパン!セ』編集長の清水檀

経歴[編集]

愛知県立旭丘高校美術科卒業。浪人時代に味岡伸太郎の影響を受ける。

多摩美術大学入学。漫画研究会の先輩にしりあがり寿喜国雅彦がいた。在学中の1981年から杉浦康平のデザインにひかれ、工作舎でアルバイトを始め大学を中退[1]

1987年に工作舎を退社。秋元康が設立した株式会社フォーセールでアートディレクターを務め、1988年フリーランスとして独立。1990年にコズフィッシュを設立する。

主な装幀作品[編集]

書籍[編集]

雑誌[編集]

著書[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 香山リカの著書『ポケットは80年代がいっぱい』によると、夏休みが終わったので学校に行こうとした祖父江を、当時カリスマ的で「グル」的存在だった松岡正剛が、「大学がなんだ!」と一喝し、祖父江は中退を余儀なくされたという。その後、香山や山崎春美も関与した雑誌『HEAVEN』でもデザインを行った。
  2. ^ 中国嫁日記 2013年1月24日付.

外部リンク[編集]