クーロン黒沢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

クーロン黒沢(クーロンくろさわ 1971年- )は、日本の実業家、随筆家、ノンフィクションライター。東京都出身。現在はアジアを舞台としたアンダーグラウンド旅行記やコンピュータ関係の書籍を執筆している、サブカル作家である。カンボジアプノンペン市在住。

経歴[編集]

中学時代、黒沢はマニアックなコンピュータ「アミーガ」についてのBBSを主宰するほどのオタク少年であった。ある日、それまでまったく交流のなかった仮名・西本さん(本名:榎本大輔、現在DICE-Kとして活動する実業家)から突然掛かってきたアメリカからの国際電話を機に、新宿歌舞伎町に会社を興す。

会社の方針が決まらないまま東南アジア周遊旅行に出かけ、そこでメシのタネとして、マジコンの輸入販売業務を見つける(この会社は榎本の実家の出資で設立した模様)。商売も軌道に乗り、社員旅行と称してタイで豪遊しているところに任天堂から販売差止を求める内容証明を受ける。その後、黒沢は会社経営から撤退。以降、コンピュータオタクとしての知識やマジコン販売時代の経験を生かし、マニア向けコンピュータ・ゲーム関係の雑誌で連載。香港への海賊版ゲームソフトの取材を機に、アジアのアンダーグラウンドについての旅行記を執筆し始める。その後、カンボジアに移住し、フリーペーパーの発行(後述の『ロンパオ』)や貸本屋などの実業活動をするが、いずれも失敗。実業活動と平行して執筆活動も続ける。

著作の傾向[編集]

アジア旅行記[編集]

基本的には、アジアにおける警官・軍人の腐敗や商店主・バイタクなどの日本人に対するボッタクリを揶揄した内容、アジアに沈没[1]した日本人バックパッカーの日常や麻薬売春・海賊版などの一般に非合法とされるものに関する体験記が大半を占める。日本を舞台とした話はあまり存在しないが、アジアのスラムに通じるような雰囲気を持つ日本の街についてはたまに舞台となる。

また、過去のミニコミや書籍に載った話をほとんどそのまま新刊に載せることがあるため、「使いまわし」と批判されることがしばしばある。

日本人バックパッカーを扱った話では、モデルとなった人物が極めて特徴的であるためにすぐに特定できてしまうことがあり、モデル本人が現地のバックパッカー社会で悪い意味で有名になりすぎ、そのモデルから恨まれることもあるという[2]

コンピュータ関係[編集]

一貫して題材としているのはゲームの違法コピーやプロテクト外し、海賊版などで、コンピュータの「アングラ」な側面とそこで出会った人々について書いている。『マイコン少年さわやか漂流記』では小学生時代のPC-6001PC-8801、上述の中学時代のアミーガなど。処女作の『香港電脳オタクマーケット』ではファミコン時代、『バンコク電脳地獄マーケット』ではプレイステーション時代のアジア産海賊版についての解説および体験記といった内容。

著作等[編集]

アマチュア出版物[編集]

  • 『カンボジアの素』(~1994)
ミニコミ誌(コミケなどで同人誌として発行していた様だが、詳細は不明)
  • 『タイの素』
ミニコミ誌
  • 『ロンパオ(龍包)』(1998年4月~1998年10月)
カンボジア在住時に発行された、カンボジアで発生した事件やバックパッカー向け生活の知恵のようなものを紹介するフリーペーパー。日本でも入手できたが有料。出版当初から赤字だったので6ヶ月で休刊となるも、のちに単行本として発行される。[3]
『ロンパオ』の発行では、発行を黒沢に薦め、自らメインの出資者となる筈の人物に、発行直前になって「ハシゴを外」されたため、発行する前から自腹を切るかたちとなる。そのため、「どうせ自腹なら」と6ヶ月でやめることを前提として発行する。最初は広告収入もあったがすぐに広告が打ち切られ、結局赤字のまま予定通りに休刊。
  • 『シックスサマナ』(2013年~)
 電子書籍にて刊行中。

単行本・文庫本[編集]

クーロン黒沢の処女作。すでに絶版
  • 『さわやかインターネット -ネットの達人-』(秀和システム・1995年11月)
共著:ガスト関ミスターPBX
  • 『オトナのハッカー読本 -世界電脳暗黒列伝-』(ジャパンミックス-既に倒産・1996年11月)
  • 『香港電脳オタクマーケット』(徳間文庫・1996年11月)
香港をテーマとした、初の海外本。海賊版ソフトマーケットなど、香港のダークサイドを紹介したガイドブック。
  • 『怪しいアジアの歩き方 -怒号と波乱の人間不信紀行-』(KKベストセラーズ・1997年11月)
共著:ポッチン下条
  • 『バンコク電脳地獄マーケット』(徳間文庫・1998年5月)
『香港~』のように、バンコクを舞台としたダークサイドガイドブック。(ホモレストラン・ホモサウナの記事のせいで、同性愛者と勘違いされたらしい)
タイのローカル新聞、バンコク週報の翻訳記事を紹介。
  • 『怪しいアジアの怪しい人々 -怒濤のアジアに沈んだ奴ら-』(KKベストセラーズ・1998年8月)
  • 『電脳ギャング -インターネットに潜むウラ技・怪情報・電脳犯罪の最新事情!!-』(ワニマガジン社・1999年4月)
  • 『怪しいアジアの暮らし方 -混沌の暗黒地帯に潜入した!-』(KKベストセラーズ・1999年10月)
  • 『暗黒アジアンハッカーズ』(太田出版・1999年12月)
共著:鶴見和昭・マミヤ狂四郎
基本的には共著者である、鶴見和昭が主宰したゲームサークル同人誌の再構成がほとんど。黒沢は主にネット界のアングラ話やアジアの変人奇人紹介を手掛けている。
  • 『ロンパオ -風雲カンボジア日記-』(青林工藝舎・2000年2月)
黒沢のカンボジアでの日記。巻末に、前述したフリーペーパー「ロンパオ」を縮刷版として掲載している。
  • 『怪しいアジアの暗黒食生活』(KKベストセラーズ・2001年3月)
謎の商社マン、明日香 翔氏(仮名)の海外生活記。台湾で犬を食ったり、中国の奥地で鶏の睾丸鍋を食ったりという、闇の食生活がテーマ。共著:明日香翔(というかこちらがメインの著者)
  • 『さわやかタイ読本 -国際奇人変人都市・バンコクへようこそ!-』(太田出版・2001年12月)
共著:エポック伊藤皿井タレー
  • 『怪しいアジアの怪しいニュース』(KKベストセラーズ2002年6月)
共著:リン外川梅本 善郎
  • 『マイコン少年さわやか漂流記』(ソシム・2003年6月)
  • 『プノンペンどくだみ荘物語』(徳間文庫・2003年7月)
プノンペンのアパートでの経験をもとに書いた小説。イラスト:浜口乃理子
  • 『まろやかタイ読本』(太田出版・2004年2月)
メインは皿井タレー
  • エネマグラ教典 -ドライオーガズム完全マニュアル-』(太田出版・2004年8月)
それまでのコンピュータ・アジアというジャンルではなく、エネマグラというアダルトグッズについて紹介。
  • 『裏アジア紀行』(幻冬舎アウトロー文庫・2006年1月)
  • 『乱世のサバイバル教典』(太田出版・2007年1月)
共著:サージェント阪木・マミヤ狂四郎
  • 『デジタルスーパースター列伝―実録!電脳界の暗部に生きる孤高の偉人密着ルポ!』(ILM・2011年12月)

メディア作品[編集]

映像作品[編集]

  • 『やさぐれ旅行人 DJ北林シリーズ (黙示録第一章) 裏切り売女麺』(DVD・2008年)
  • 『やさぐれ旅行人 DJ北林シリーズ (黙示録第二章) 裏切り売女飯』(DVD・2008年)
  • 『やさぐれ旅行人 DJ北林シリーズ (黙示録第三章) 黄昏の冷気茶室』(DVD・2008年)
  • 『やさぐれ旅行人 DJ北林シリーズ (黙示録第四章) ルンピニ三國無双』(DVD・2009年)
  • 『やさぐれ旅行人 DJ北林シリーズ (黙示録第五章) エカマイ家庭訪問』(DVD・2009年)
  • 『やさぐれ旅行人 DJ北林シリーズ (黙示録第六章) 悪魔オットセイ冥府魔道』(DVD・2010年)
  • 『やさぐれ旅行人 DJ北林シリーズ (黙示録第七章) 外こもり太閤記』(DVD・2010年)
  • 『やさぐれ旅行人 DJ北林シリーズ (黙示録第八章) 台北旅社の怪人』(DVD・2010年)
  • 『やさぐれ旅行人 DJ北林シリーズ (黙示録第九章) 外こもり魔界転生』(DVD・2011年)
  • 『やさぐれ旅行人 DJ北林シリーズ (黙示録第十章) 現地採用残酷物語』(DVD・2011年)
  • 『デジタル・スーパースター列伝 電脳界の魔導師たち』(DVD・2011年、のち『デジタル・スーパースター列伝 闇の世界の超人たち』としてAmazonプライムビデオ)
  • 『やさぐれ旅行人 DJ北林シリーズ (黙示録第11章) 落人たちの楽園』(DVD・2012年)
  • 『やさぐれ旅行人 DJ北林シリーズ (黙示録第12章) 炎の友情』(DVD・2012年)
  • 『やさぐれ旅行人 DJ北林シリーズ (黙示録第13章) 銭ゲバ女と不治の病』(DVD・2012年)
  • 『やさぐれ旅行人 DJ北林シリーズ (黙示録第14章) 苦界の村の生き証人』(DVD・2013年)
  • 『やさぐれ旅行人 DJ北林シリーズ (黙示録第15章) 神に選ばれた男』(DVD・2013年)
  • 『ドキュメンタリー 鏡の中の戦争』(ダウンロード販売・2014年 のち『War in the Mirror』としてAmazonプライムビデオ)
  • 『幻の動物王国 悪い奴ほど裏切らない』(2017年、Amazonプライムビデオ)
  • 『世にも奇妙な浮遊人』(2017年、Amazonプライムビデオ)

自作作品[編集]

  • 拷問マスター(学生時代に作った自作ソフト)
セガドリームキャスト用ゲームソフト『セガガガ』通販版のデータ上に存在する『架空のゲームソフト』のリストに、何故かこのソフトが実名で登場している。
  • 維新のゲームセンター嵐(同)
  • 香港97』(HappySoft 吉喜軟体公司・1995年)
スーパーファミコン向けゲームソフト。任天堂には無許可の作品。ちなみにフロッピーディスクでのリリースであり、SFC用マジコンを利用するタイプ。なぜかスタッフロールの中にカナダ大使館の文字がある。香港97スクリーンショット
  • 『バイオレンスシティ山谷』(VHS・30分)
東京都南千住にあるドヤ街山谷(さんや)を舞台にしたビデオ作品。
当時の仲間達と共に家庭用ビデオカメラ(当時は大型であった)による隠し撮りによる撮影。裏話として、そこの住人の襲撃によって危ない目に遭っていると本人談。
  • 『気違いナチス』(音楽CD)
正確には音楽CDではない。あるナチスマニアの男が、とある災難により精神を病みカセットテープにナチスネタや猟奇的なネタ等の独白を吹き込んだものが、回り廻って黒沢の手に届いたものをCD化したもの。
黒沢によると、聞く者を不快にさせる内容であるとのこと。
  • 『ピヨピヨオムツ博士』(音楽CD)
  • 『スカトロ公務員』(音楽CD)
両方とも先述の『気違いナチス』同様、正確には音楽CDではない。
とあるテレクラのサクラのお姉さんと変態的な客の会話を収めた内容。
CDによる作品は、製作にかなり手間と金がかかった上にほとんど売れず、大量の在庫が残って途方に暮れたエピソードもある。

商業作品[編集]

  • SIMPLE2000シリーズ Vol.88『THE ミニ美女警官(ミニスケポリス)』(D3 PUBLISHER・2005年11月)
PS2用ゲームソフト。ゲームデザイン:クーロン黒沢

雑誌連載など[編集]

※特に記載のない限り、雑誌連載。

現在連載中[編集]

  • 「Dice-K.com」(現在は「Sorae.jp」)
前述した実業家、榎本大輔のブログ内でコラムを連載。ちなみに、STAFF欄には「プノンペンの薄汚い木賃宿で慎み深く内職しながら、低レート麻雀で淡い夢を見る毎日著書多数」とある。Sorae.jp内のコラム、世界むるるん紀行
「アジアヘルシー紀行」を連載。

過去の連載[編集]

  • TECH Win
  • 「宝島30」
  • 「メンズウィンドウズ」
  • 「MacJapan Bros」
  • 「KONPEITO」
ベッコアメというプロバイダ機関紙
  • 「Hacker Japan」
既に絶版。コラム404にて連載していた。こちらで、過去の連載を読むことができる。
アダルト・コンピュータの両方をメインコンテンツとしていたウェブサイト
  • 「Digital Nova」
読み物系のウェブサイト。
いわゆるお菓子系雑誌
  • 「桃クリーム」
前述した「クリーム」の姉妹誌。
ソフトバンクが運営していたインターネット新聞のワンコーナー
秋葉原にてPCサプライ商品等を販売する、あきばんぐが出していた同人誌。黒沢は「マニア暗黒時代」を連載。

出演等(クーロン黒沢が製作に関与していないもの)[編集]

  • 『裏情報独走バラエティ・地下ビデオ Vol.1』(ビデオ安売王・1996年)
当時主宰していた草の根BBS東京イソターネットが取材対象となる(『地下ビデオ』はビデオで雑誌のようなことをしようと企画したものらしい)。
ギャラも出るという約束だったが、取材後半年間ギャラの件について音沙汰なしだったという(結局ギャラが出たのかは不明)。
また、黒沢は、このビデオをビデオ安売王の店舗内で見かけなかったため、製品化されずお蔵入りになっていたものと思っていたが、後に黒沢のファンから届いた電子メールで発売されたことを知ったという。
その他の企画(黒沢はおそらく関与していない)は、富士山でベニテングタケを食う実験やスタンガン人体実験。黒沢曰く、「980円以上の内容は私が保証しよう」、とのこと(980円はこのビデオの定価)。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 沈没」とはバックパッカー用語で一都市に長期滞在すること
  2. ^ 1999年のゲームラボ誌に載ったインタビューによると、バックパッカーの泊まる宿に置いてあったノートに、「黒沢殺す」と書かれていたのを見つけたことがあるという。
  3. ^ ウェブ版ロンパオ

外部リンク[編集]