クリーム (雑誌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Cream
(クリーム)
ジャンル グラビアアイドル誌
刊行頻度 月刊 → 隔月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 (日本語)
定価 2000円(2021年2月号)
出版社 ミリオン出版(1992年 - 1998年)
ワイレア出版(1998年 - 2015年)
メディアックス(2015年年 - )
刊行期間 1992年7月 -
特記事項 7巻5号-7巻10号までは大洋図書発行
テンプレートを表示

クリーム(Cream)は、メディアックスが発行する日本グラビア雑誌お菓子系と呼ばれるジャンルを扱う雑誌の代表格である。2021年現在のキャッチフレーズは、「高級美少女グラビア徹底追求マガジン」[1]

概要[編集]

1992年6月22日ミリオン出版より創刊第1号を発行。以後月刊誌として毎月発行。

1990年代ブルセラブームとともに中高生のブルセラ系グラビアやヌードヘアヌードを得意とした[2]。ただし編集部内の取り決めとして、「ブルセラ」の単語は使用していない[3]。創刊当初こそ生々しいムードがあったが徐々に独自のポップ路線となる[3]

1990年代中頃より徐々にアイドル路線を主軸にする方針に転換、江沢規予(現:江沢のりよ)、浅川千裕(現:浅川稚広[3]中村聖奈らを輩出した。

1998年1月のワイレア出版設立と同時に発行をワイレア出版へ移管。

2009年には3キャリア公式携帯電話サイト『クリーム☆モバイル』がオープン。『でかクリーム』などの関連ムックも数多く発売されている。2010年2月号より奇数月7日発売(号数は翌月の偶数月でカウント)の隔月刊誌となる。

2015年Cream4月号(通巻236号)よりメディアックスからの発行となる。

内容[編集]

1990年代[編集]

10代のモデルの制服、水着、着エロセミヌード等のグラビアを得意としていた。特にU18・U15の美少女モデルを積極的に起用し制服+パンチラ等のソフトなものから水着、着エロまであった。

2000年代以降[編集]

  • 2010年代後半からはコンプライアンス的観点から従来の路線を継承しながらもやや変更。スパイスTVなど着エロ系グラビアアイドル、ライブアイドルを水着モデルとして採用。クリーム2020年4月号[4]では宮花もも(ハニースパイスRe.)を表紙に「ライブアイドル特集」が組まれ、同年6月号では土光瑠璃子、青葉ひなり(FES TIVE)を表紙に「Pick up live idol」として特集された[5]。表紙モデルと結びつけた握手即売会なども行っている[6][7]。また18歳以下のモデルを使用しないことが明示された。
  • グラビア撮影時のメイキング映像を収めたDVDを付録として添付。
  • 掲載モデルの活動情報のコーナーや直筆サイン入りチェキプレゼントなどがある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Cream(クリーム) 最新号:2021年2月号 (発売日2021年01月07日)” (日本語). Fujisan. 富士山マガジンサービス (2021年1月7日). 2021年1月7日閲覧。
  2. ^ お菓子系雑誌とブルセラブームに湧いた90年代《2》” (日本語). ニコニコニュース (2020年5月5日). 2020年6月10日閲覧。
  3. ^ a b c 安田理央「日本エロ本全史」(2019年、太田出版)178頁
  4. ^ 『クリーム4月号いよいよ明日発売☆』” (日本語). Cream編集部公式ブログ. 2020年6月10日閲覧。
  5. ^ ザテレビジョン (2020年4月13日). “FES☆TIVEの“いとこちゃんず”青葉ひなり&土光瑠璃子、キュートな制服&水着姿で表紙・巻頭グラビア | 芸能ニュースならザテレビジョン” (日本語). ザテレビジョン. 2020年6月10日閲覧。
  6. ^ ASCII (2020年1月14日). “童顔で可愛い朝倉ゆり、JK気分で制服美少女誌「Cream」に初登場!” (日本語). 週刊アスキー. 2020年6月10日閲覧。
  7. ^ ザテレビジョン (2018年1月21日). “FES☆TIVE・れいあん、現役ラスト制服!? 真野ちゃんはメイドさんに! (1/2) | 芸能ニュースならザテレビジョン” (日本語). ザテレビジョン. 2020年6月10日閲覧。
  8. ^ 俺のグラビア愛 2020 夏”. www.grajapa.shueisha.co.jp. 2020年8月8日閲覧。

外部リンク[編集]