吉永嘉明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吉永 嘉明(よしなが よしあき、1962年 - 2014年消息不明)は、日本の編集者ライター明治大学文学部卒。

1990年代に『別冊宝島』や『危ない1号』などの編集や執筆に携わり、青山正明の右腕役を務める。ペヨトル工房元編集者の巽早紀漫画家山野一ねこぢるは友人にあたる。

経歴[編集]

1962年(昭和37年)東京都出身。明治大学文学部卒業。特殊海外旅行誌『エキセントリック』編集部を経て青山正明主宰の編集プロダクション東京公司」の設立に参加。特殊海外旅行ムック『タイ読本』『裏ハワイ読本』(別冊宝島)などの編集に従事する。

1995年より鬼畜系ムック危ない1号』(データハウス)を創刊。同誌の副編集長を務めた後、第3巻では青山正明に代わり編集長を務めた。

その後、友人のねこぢる、相棒の青山正明、最愛のの3人を自殺で立て続けに亡くし、吉永も重度のうつ病を患う。その様子を見かねた赤田祐一からの執筆依頼で初の著書『自殺されちゃった僕』を飛鳥新社より2004年に上梓、2008年には精神科医春日武彦による解説を収録した文庫版が幻冬舎アウトロー文庫から再出版された。

『自殺されちゃった僕』刊行後は『実話GON!ナックルズ』(ミリオン出版)にて事実上の続編となる「自殺されちゃった僕たち」を2006年3月号から2008年11月号にかけて全32回にわたり連載したが、本連載は現在に至るまで単行本化されていない。

2014年、文芸同人誌『ウィッチンケア』第5号に自伝的小説「ポケットの中には」を寄稿したのを最後にその後の消息は不明である[1]

元担当編集者の岡本奇太郎は「あらゆる吉永さんの関係者に連絡しましたが、誰も現在の吉永さんを知る人はいませんでした。どんな些細なことでもいいです。何か知っている人がいたら教えて下さい。そして関係者の方々、また吉永さんの活躍を見たい人たちはこの情報を拡散してください」と自身のインスタグラムに投稿している[2]

著書[編集]

共著[編集]

編著[編集]

連載[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]