小田切万寿之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小田切 萬壽之助(おだぎり ますのすけ、1868年2月18日明治元年1月25日[1]1934年昭和9年〉9月12日[2])は、日本外務省官僚銀行家総領事横浜正金銀行取締役[2]出羽国米沢(後の米沢市)出身[1]

人物[編集]

万寿之助は明治元年1月25日、出羽国米沢に小田切盛徳の長男として生まれる。少年時代は地元で学び、後に上京して1886年(明治19年) に、外務省に入省。間もなくして天津に留学する。その後、領事館書記生となり公使館書記生を経て[1]1896年(明治29年)に、二等領事となって以来、郵便電信書記、二等郵便局長、杭州郵便局長、上海総領事代理、等の官職を歴任し、1902年(明治35年)には総領事となり、日清通商航海条約改訂委員及び清国関税率換算委員なども務めた。そして1905年(明治38年)に総領事を依願退職すると、横浜正金銀行の顧問に就任し、その翌年の役員選挙では取締役に当選した。その後は同取締役を長らく務め、満州総括店監理、清国支店出張所監理、対丈特殊事務取扱、頭取席事務取扱などの担当を歴任した[2]

経歴[編集]

栄典・授章・受賞[編集]

位階
勲章等
外国勲章等佩用允許

著作物[編集]

著書
  • 『銀台遺稿』 1935年 小田切万寿之助(著) 小田切武林(出版)[41]
  • 『合衆国西北部ニ於テ帝国領事館新設地撰択ニ関スル報告』 1894年 小田切萬壽之助(著) 外務省通商局第二課(出版)[41]
纂著
  • 『朝鮮』 1890年 小田切万寿之助(纂著)[41] 
編纂
  • 『譯補支那交通紀實』  1917年 小田切万寿之助(編纂)[41] 

関連論文[編集]

  • 『小田切万寿之助研究 -明治大正期中日関係史の一側面』「小田切万寿之助明治大正期中日関係史」 于乃明(著)〈博士論文〉 筑波大学[41]

親族[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 『両羽之現代人』 「横浜正金銀行取締役 小田切万寿之助」
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 故小田切万寿之助位階追陞ノ件』 アジア歴史資料センター Ref.A11114257800 
  3. ^ 小田切万寿之助外一名叙勲』 アジア歴史資料センター Ref.A10112811700 
  4. ^ 『官報』第3882号「叙任及辞令」1896年6月9日。
  5. ^ 『官報』第3883号「叙任及辞令」1896年6月10日。
  6. ^ 『官報』第4010号「叙任及辞令」1896年11月9日。
  7. ^ 『官報』第4161号「叙任及辞令」1897年5月19日。
  8. ^ 『官報』第4346号「叙任及辞令」1897年12月24日。
  9. ^ 『官報』第4485号「叙任及辞令」1898年6月14日。
  10. ^ 『官報』第4722号「叙任及辞令」1899年4月1日。
  11. ^ 『官報』第5178号「叙任及辞令」1900年10月3日。
  12. ^ 『官報』第5320号「叙任及辞令」1901年4月1日。
  13. ^ 『官報』第5321号「叙任及辞令」1901年4月2日。
  14. ^ 『官報』第5554号「叙任及辞令」1902年1月11日。
  15. ^ 『官報』第5556号「叙任及辞令」1902年1月14日。
  16. ^ 『官報』第6133号「叙任及辞令」1903年12月10日。
  17. ^ 『官報』第6161号「叙任及辞令」1904年1月18日。
  18. ^ 『官報』第6539号「叙任及辞令」1905年4月21日。
  19. ^ 『官報』第6540号「叙任及辞令」1905年4月22日。
  20. ^ 『官報』第6616号「叙任及辞令」1905年7月20日。
  21. ^ 『官報』第2758号「叙任及辞令」1921年10月10日。
  22. ^ 『官報』第3408号「叙任及辞令」1924年1月4日。
  23. ^ a b 『官報』第3533号「叙任及辞令」1924年6月4日。
  24. ^ a b 『官報』第2317号「叙任及辞令」1934年9月19日。
  25. ^ 『官報』第3927号「叙任及辞令」1896年7月31日。
  26. ^ 『官報』第4562号「叙任及辞令」1898年9月12日。
  27. ^ 『官報』第5406号「叙任及辞令」1901年7月11日。
  28. ^ 『官報』第6600号「叙任及辞令」1905年7月1日。
  29. ^ 『官報』第4758号「叙任及辞令」1899年5月15日。
  30. ^ 『官報』第5848号「叙任及辞令」1902年12月29日。
  31. ^ 『官報』第6265号「叙任及辞令」1904年5月21日。
  32. ^ 『官報』第1264号「叙任及辞令」1916年10月16日。
  33. ^ 『官報』第2431号「叙任及辞令」1920年9月8日。
  34. ^ 『官報』第4828号「叙任及辞令」1899年8月4日。
  35. ^ 『官報』第6626号「叙任及辞令」1905年8月1日。
  36. ^ 『官報』第1035号「叙任及辞令」1916年1月17日。
  37. ^ 『官報』第1072号「叙任及辞令」1916年3月1日。
  38. ^ 『官報』第1389号「叙任及辞令」1917年3月22日。
  39. ^ 『官報』第1727号「叙任及辞令」1918年5月8日。
  40. ^ 『官報』第3657号「叙任及辞令」1924年10月30日。
  41. ^ a b c d e 『国立国会図書館サーチ』キーワード「小田切万寿之助」

参考資料[編集]