小田切盛徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小田切 盛徳(おだぎり せいとく、天保7年2月(1836年3月)[1]〉 – 明治18年(1885年11月2日[1])は、日本司法省官僚元老院少書記官[1]。幼名は勇之進[1]。出羽国米沢出身[1]

官歴[編集]

栄典[編集]

出版物[編集]

  • 『佛國商法講義』 小田切盛徳 (校訂) 1800
  • 『刑法一覧表』 小田切盛徳 (編纂) 元老院 1882
  • 『日本刑法沿革史』 小田切盛徳 (著) 博文社等 1882
  • 『「憲法備考」:小田切盛徳本』 慶應義塾大学法学研究会 1994 

家族・親族[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]