日経新聞記者北朝鮮拘束事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

日経新聞記者北朝鮮拘束事件は、1999年(平成11年)12月、日本経済新聞記者であった杉嶋岑が北朝鮮に2年2ヶ月間にわたり拘束された事件。彼は帰国後、情報漏洩のひどさに驚き、その経過を公表することを決意し手記として公表している[1][2]。その後2002年7月、国会において参考人としても同様の内容を証言している[3]

国会証言の内容[編集]

  • 北朝鮮は日本政府に身代金を要求した。
  • 1986年の第一回の訪朝の後、同僚記者経由で、内閣情報調査室公安調査庁関東公安調査局に協力を要請された。
  • 公安庁に手渡した写真やビデオ、供述資料等がことごとく北朝鮮情報当局に渡っていて、公安調査庁には北朝鮮に情報提供するシステムが1999年の時点ではでき上がっていた。
  • 身代金要求交渉の日本側の代理人はTBSであった。

その他[編集]

  • 公安調査庁からその後、謝罪、追加調査の報告などは一切無かったとのこと。

文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 文藝春秋 (雑誌)2002年5月号
  2. ^ 杉嶋岑 『北朝鮮抑留記 - わが闘争二年二カ月』 草思社 2011年
  3. ^ 第154回国会 安全保障委員会 第9号