フランツ・レオポルド・ノイマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フランツ・レオポルド・ノイマン(Franz Leopold Neumann, 1900年5月23日 - 1954年9月2日)は、ドイツアメリカの政治学および社会学者、法律家(弁護士)。ドイツ帝国カトヴィッツ(現在のポーランドカトヴィツェ)生まれのユダヤ人である。

生涯[編集]

フーゴ・ジンツハイマー英語版の助手として、フランクフルト大学労働アカデミーで活動。ナチ政権樹立後、ロンドンへ、その後ニューヨークへ亡命。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで政治学・社会学の学位を取得。コロンビア大学の政治学教授、ベルリン自由大学客員教授を歴任。

1936年渡米、コロンビア大学に移転したフランクフルト学派に合流した。亡命したフランクフルト大学社会研究所のテオドール・アドルノマックス・ホルクハイマーヘルベルト・マルクーゼと共に同研究所のアメリカでの活動を支えた。

当時ナチスに関する政治研究で第一人者であったノイマンの授業は、コロンビア大学で人気講義となり、聴講者が殺到して廊下まで立ち見が出るほどであった。

1942年にはナチス・ドイツの体制は政治、軍事、経済、社会・文化のすべての面が統合された独裁体制であると分析した『ビヒモス ナチズムの構造と実際英語版[1]を著した。

また、ウィリアム・ドノバンが創設したOSSのドイツ課で辣腕を発揮し、アメリカのロバート・H・ジャクソン連邦裁判官と主席検事テルフォード・テイラー英語版との共同で、いくつかの起訴状を書き、1946年のニュルンベルク裁判に協力した。

1954年9月2日、スイスヴィスプ英語版で自動車事故により死去。

フランツ・レオポルド・ノイマンはソ連軍情報部のスパイとしてアメリカで活動していたことが、ベノナ文書の分析により確認されている。「ラフ」というコードネームで暗号電文に登場している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 邦訳:フランツ・ノイマン 『ビヒモス ナチズムの構造と実際1933-1944』 岡本友孝、小野英祐、加藤栄一訳、みすず書房1963年ISBN 4-622-01701-6