グレートプレーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グレートプレーンズの範囲(緑色の部分)

グレートプレーンズ(Great Plains)は、北アメリカ大陸の中西部、ロッキー山脈の東側と中央平原の間を南北に広がる台地状の大平原。ロッキー山脈から流れ出る河川によって形成された多くの堆積平野の総称である。

気候[編集]

  • 約1万年前の氷河侵食によって削られた五大湖沿岸の土壌高気圧によって運ばれ、グレートプレーンズから中央平原にかけて堆積し、プレーリー土(肥沃な土)となった。よって、グレートプレーンズの東部は穀倉地帯となっている。西部は乾燥しており、企業的牧畜地帯となっている。平均年間降水量が約890mmから250mm程度と、乾燥した地域で、時折旱魃に見舞われる時があり、農家牧場主の人達を悩ます時がある。

自然[編集]

産業[編集]

住民[編集]

  • グレートプレーンズに住む住民(開拓住民)の事をプレーンズマン (PlainsMan)と呼ぶ。
  • アメリカ合衆国のグレートプレーンズ地帯は、世界で最も人口密度が低い農業地帯となっている。1930年代に起きた大恐慌以来、失業率が高い。人口も減少方向にあり、廃墟となった建物及びゴーストタウンと化した町や、見捨てられた農家の小屋の跡地がいくつか見られる。一方、グレートプレーンズには平原部族のネイティブ・アメリカンであるラコタ族シャイアン族クロウ族などが現在でも居住。それらのアメリカ先住民の人口は彼らが住む居住区がある郡では増えている。
  • また、グレートプレーンズに住む人々は、西部開拓時代の文化に愛着があり、ロデオスタンピードと呼ばれる伝統的なダンス競技などを行う祭り、それにカウボーイアメリカ先住民などの文化を守って暮らしている。

範囲[編集]

アメリカ合衆国テキサス州オクラホマ州ニューメキシコ州コロラド州カンザス州ネブラスカ州ワイオミング州モンタナ州サウスダコタ州ノースダコタ州の全域およびミネソタ州アイオワ州の大部分と、カナダサスカチュワン州アルバータ州の全域およびマニトバ州の大部分。

グレートプレーンズの総面積は約1,300,000km2で、アメリカ合衆国本土の6分の1を占める。境目は西部はロッキー山脈の東麓に沿った線までだが、東部となると議論が分かれる。

外部リンク[編集]