フィリピン系アメリカ人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

フィリピン系アメリカ人(フィリピンけいアメリカじん、タガログ語: Pilipino Amerikano) はアメリカ合衆国に住むアジア系人種では中国系に次いで2番目に多く、340万人いるとされる。

フィリピン系アメリカ人を略して "Fil-Ams"[1], や "Pinoy"と略すこともある。フィリピン系アメリカ人研究者 Dawn Mabalon によると、この表記は1926年のフィリピン系の学生による刊行物に初めて使われたとされる。

北アメリカにフィリピン人が入植し始めたのは16世紀[2] のことで、18世紀にはフィリピン人居留地も出来始めた[3]。しかし大規模な移民はパリ条約によってフィリピン本土がスペインからアメリカの手に渡る20世紀の初めまでは起きなかった。1946年7月4日、アメリカによってフィリピンの独立が承認され、1930年代には少なくなっていた移民の数も1960年代には回復した。[4]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ "Fil-Am: abbreviation Filipino American.", allwords.com, Date accessed: 29 April 2011
  2. ^ Mercene, Floro L. (2007). Manila Men in the New World: Filipino Migration to Mexico and the Americas from the Sixteenth Century. The University of the Philippines Press. p. 161. ISBN 971-542-529-1. http://books.google.com/?id=OSqhZphG_gQC&pg=PA38 2009年7月1日閲覧。. 
    Rodel Rodis (2006年10月25日). “A century of Filipinos in America”. Inquirer. http://globalnation.inquirer.net/mindfeeds/mindfeeds/view/20061025-28651/A_century_of_Filipinos_in_America 2011年5月4日閲覧。 
  3. ^ Rodel Rodis (2006年10月25日). “A century of Filipinos in America”. Inquirer. http://globalnation.inquirer.net/mindfeeds/mindfeeds/view/20061025-28651/A_century_of_Filipinos_in_America 2011年5月4日閲覧。 
  4. ^ Introduction, Filipino Settlements in the United States”. Filipino American Lives. Temple University Press (1995年3月). 2009年4月19日閲覧。