エイミー・クロブシャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エイミー・クロブシャー
Amy Klobuchar
Amy Klobuchar, official portrait, 113th Congress.jpg
生年月日 (1960-05-25) 1960年5月25日(59歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミネソタ州プリマス
出身校 イェール大学
シカゴ大学
前職 弁護士
所属政党 民主党
配偶者 John Bessler (1993-)
子女 1
サイン Amy Klobuchar Signature.svg
公式サイト Amy Klobuchar for President

選挙区 ミネソタ州
当選回数 3回
在任期間 2007年1月3日 - 現職

アメリカ合衆国の旗 上院議事運営委員会筆頭理事
在任期間 2017年1月3日 - 現職

在任期間 1999年1月3日 - 2007年1月3日
テンプレートを表示

エイミー・ジーン・クロブシャー英語: Amy Jean Klobuchar, 1960年5月25日 - )は、アメリカ合衆国弁護士政治家ミネソタ州選出のアメリカ合衆国上院議員(3期)。所属政党は民主党日本ではラストネームを「クロブャー」と表記されることもあるが、本人は「クロブャー」と発音している[1][2]

民主党内では中道・穏健派に位置付けられる。超党派を意識した発言や批判を行うため「ミネソタ・ナイス」(控えめで穏やかなミネソタ州の人々の振る舞い)と評される一方、口の中で溶けて消えてしまう綿菓子になぞらえ「コットンキャンディ・エイミー」という手厳しいニックネームを付けられたこともある[3]

経歴[編集]

生い立ち[編集]

1960年5月25日小学校教諭[4]の母ローズ(旧姓:ホイベルガー)と地元紙コラムニストの父ジム・クロブシャー英語版の長女[5]としてミネソタ州プリマスに生まれる。

地元の公立高校を卒業後、イェール大学政治学を専攻し、当時アメリカ合衆国副大統領だった元連邦上院議員ミネソタ州選出)のウォルター・モンデールの事務所にインターンとして勤務した[5]。その後、シカゴ大学ロー・スクールに進学して法務博士号を取得すると、企業内弁護士として働くようになった[5]

郡地方検事[編集]

1995年、身体疾患を抱えた長女を出産するも、出生24時間後に病院から退去させられる[5]。これがきっかけで政治の必要性を感じ、新生児の入院を48時間保障する州法を制定するようミネソタ州議会に掛け合う。のちに州法は施行され、ビル・クリントン政権も同趣旨の連邦法を制定するに至った[5]

1998年の選挙でミネソタ州ヘネピン郡地方検事に選出され、2002年に無投票で再選される[6]。地元の法務雑誌からはその仕事ぶりを高く評価され[7]、2002年11月から2003年11月にかけてはミネソタ州弁護士協会会長も兼任した[8]

上院議員[編集]

当時2期目の現職だったマーク・デイトン英語版の不出馬表明を受け、2006年にミネソタ州から連邦上院議員選挙に立候補して当選し、同州選出者としては女性初の連邦上院議員となった[9]2012年の選挙でも前回を上回る得票率で再選される。2016年に招集された第114回連邦議会では他のどの議員よりも多くの提出法案を可決・成立に導き、議員立法の成立率でトップに輝いた[10]

2016年アメリカ合衆国大統領選挙では共和党予備選に立候補していたドナルド・トランプ陣営とロシアの関係に早くから着目し[11]、トランプの大統領就任後となる2017年2月にはロシア疑惑をめぐる超党派委員会の設置を提唱する。このほか、2018年連邦最高裁判所判事に指名されたブレット・カバノーに対する承認公聴会では、上院司法委員会の一員として冷静にカバノーを追及したことで全米の注目を浴びた[12]

2020年大統領選挙[編集]

2019年2月11日2020年アメリカ合衆国大統領選挙に向けた民主党の候補者指名争いに名乗りを上げる。序盤戦で掲げた選挙公約は、不透明な政治資金問題の解決、投票権法の改正(18歳以上を自動的に有権者として登録)、環境対策(クリーンエネルギー発電、自動車燃費規制などの復活、パリ協定への再参加)などである[13]

同年7月30日の第2回民主党公開討論会では、バーニー・サンダースに代表されるリベラル系候補と彼らに反論する候補の中で埋没してしまい、存在感を示すことができなかった[14]10月15日の第4回民主党候補討論会では、左派エリザベス・ウォーレンを標的に論戦を挑み、党の左傾化を懸念する中道・穏健派有権者に自らの存在をアピールした[15]

日本との関係[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Let's Get to Work — Amy Klobuchar's Presidential Announcement Video - YouTube
  2. ^ All of America - YouTube
  3. ^ 米民主党のエイミー・クロブシャー上院議員、2020年大統領選出馬を表明”. BBC (2019年2月11日). 2019年8月24日閲覧。
  4. ^ Nelson, Tim. “Rose Klobuchar, mother of Sen. Amy Klobuchar, dies”. https://www.mprnews.org/story/2010/08/02/rose-klobuchar 2017年2月22日閲覧。 
  5. ^ a b c d e DePaulo, Lisa (2010年3月30日). “The Audacity of Minnesota: Meet Senator Amy Klobuchar” (英語). ELLE. http://www.elle.com/culture/career-politics/a11015/the-audacity-of-minnesota-senator-amy-klobuchar-439048/ 2017年5月14日閲覧。 
  6. ^ “The Rachel Maddow Show, Transcript 09/01/15”. MSNBC. (2015年9月1日). http://www.msnbc.com/transcripts/rachel-maddow-show/2015-09-01 2017年5月14日閲覧。 
  7. ^ Staff, Writer (2001年12月31日). “Minnesota Lawyer recognizes 10 as 'Attorneys of the Year'”. Minnesota Lawyer. http://minnlawyer.com/2001/12/31/minnesota-lawyer-recognizes-10-as-8216attorneys-of-the-year8217-2/ 2017年3月21日閲覧。 
  8. ^ Herzig, Frolik & Winnie Frolik & Billy; Herzig, Winnie Frolik & Billy (May 11, 2017) (英語). 51 Women Senators?: Will We Ever Have 51 Women Senators? When? How Will They Represent Us?. iUniverse. ISBN 9781440193033. https://books.google.com/?id=01nm_wrOOXcC&lpg=PT82&dq=Klobuchar%20Minnesota%20County%20Attorneys%20Association&pg=PT82#v=onepage&q=Klobuchar%20Minnesota%20County%20Attorneys%20Association. 
  9. ^ 米大統領選、女性上院議員4人目の出馬表明”. 日本経済新聞 (2019年2月11日). 2019年8月24日閲覧。
  10. ^ “WHICH SENATORS HAVE PASSED THE MOST LAWS?”. Northwestern University. http://medillonthehill.medill.northwestern.edu/2016/11/which-senators-have-passed-the-most-laws/ 2017年11月28日閲覧。 
  11. ^ “Sen. Amy Klobuchar, state's Democrats want open investigation of Trump Russia ties”. Star Tribune. http://www.startribune.com/klobuchar-state-s-democrats-want-open-investigation-of-trump-russia-ties/414211633/ 2017年2月23日閲覧。 
  12. ^ 2020年米大統領選、民主党候補の顔ぶれ”. ウォール・ストリート・ジャーナル (2019年5月22日). 2019年10月21日閲覧。
  13. ^ Osamu Fukuzaki (2019年2月12日). “民主党エイミー・クロブシャー上院議員 2020年大統領選へ出馬を表明”. Mashup NY. 2019年8月24日閲覧。
  14. ^ 米民主党候補者が2回目の討論会 初日の勝者と敗者は?”. CNN (2019年7月31日). 2019年8月24日閲覧。
  15. ^ 打倒トランプで民主党足並み 弾劾審査の進展支持 米大統領選候補者討論会”. 毎日新聞 (2019年7月31日). 2019年10月16日閲覧。
  16. ^ マケイン米上院議員、グラム米上院議員及びクロブシャー米上院議員一行の訪日”. 日本国外務省 (2009年4月9日). 2019年8月24日閲覧。
  17. ^ ウィノナに友好の桜を寄贈 日米桜寄贈100周年記念式典が姉妹都市ウィノナ市で開催”. 美里町役場 (2012年6月20日). 2019年10月21日閲覧。

外部リンク[編集]