ロイド・ベンツェン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国の政治家
ロイド・ベンツェン
Lloyd Bentsen
LloydBentsen.jpg
ロイド・ベンツェン
生年月日 (1921-02-11) 1921年2月11日
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Flag of Texas.svg テキサス州ミッション
没年月日 (2006-05-23) 2006年5月23日(85歳没)
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Flag of Houston, Texas.svg テキサス州ヒューストン
出身校 テキサス大学法律学校
所属政党 民主党
称号 アメリカ空軍殊勲十字章
航空勲章
配偶者 ベリル・アン・ロンジーノ (1943年から2006年まで)
サイン Lloyd Bentsen sig.jpg

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
69代目財務長官
在任期間 1993年1月20日 - 1994年12月22日
大統領 ビル・クリントン

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Seal of the United States House of Representatives.svg 下院議員
選挙区 テキサス州第15区
在任期間 1948年12月4日 - 1955年1月3日

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Seal of the United States Senate.svg 上院議員
選挙区 テキサス州
在任期間 1971年1月3日 - 1993年1月20日
テンプレートを表示
ロイド・ベンツェン
Lloyd Bentsen
Lloyd Bentsen, bw photo as senator.jpg
上院議員時代
所属組織 アメリカ陸軍航空隊
アメリカ空軍
軍歴 1942年から1947年
最終階級 大佐
除隊後 政治家
墓所 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Flag of Houston, Texas.svg テキサス州ヒューストン
フォレストパーク・ラウンデール墓地
テンプレートを表示

ロイド・ミラード・ベンツェン・ジュニア英語: Lloyd Millard Bentsen, Jr., 1921年2月11日 - 2006年5月23日)は、アメリカ合衆国政治家。アメリカ合衆国下院議員・アメリカ合衆国上院議員(テキサス州選出)。上院では上下両院合同の経済問題委員会の委員長・金融委員長を歴任。1988年アメリカ合衆国大統領選挙では民主党副大統領候補に指名される。ビル・クリントン政権1期目で69代目アメリカ合衆国財務長官を務めた。

生涯[編集]

生い立ち及び軍歴[編集]

アメリカのテキサス州ミッションに誕生する。祖父母はデンマークからの移民であった。長老派教会バプテストとして成長)[1]。幼少時はボーイスカウトイーグルスカウト賞を受賞している。1942年にテキサス大学法律学校を卒業し、同年から1945年までアメリカ陸軍航空隊で軍務に就く。ブラジルでの短期勤務後にパイロットとなり、1944年前半に第449爆撃隊に所属、B-24に搭乗しイタリア南部へ出撃している。23歳で少佐に昇進し、600名の部隊を指揮した。

軍人としての経歴[編集]

1年と半年に渡る従軍の中で彼は35の危険なミッションを遂行した。それらは困難で、基地から遠く離れておりなおかつ高度に防衛された拠点をターゲットにしたものであった。その中にはドイツの戦略上重要であったルーマニアのプロエスティ油田が含まれている。第449爆撃隊が属していた第15空軍は大陸におけるドイツの陸上部隊の燃料の半分以上を賄うこの地域の石油関連施設を破壊する目的で創設されたためである。

また彼の部隊はドイツ・イタリア・オーストリアチェコスロバキアハンガリー王国・ルーマニア・ブルガリア王国にある通信基地・航空機製造工場・産業拠点などを爆撃した。また連合国軍のアンツィオ上陸作戦南フランス上陸作戦を援護するために数多くの爆撃を行った。アメリカ陸軍航空隊に所属していた時期に彼は全ヨーロッパで行われたおよそ200の爆撃作戦に参加した。

ベンツェンは空軍殊勲十字章を授けられた。これは当時の陸軍航空隊(現在のアメリカ空軍)にあって、傑出した行動・功績を残したパイロットに与えられる最高の栄誉の1つである。これに加えて航空勲章を授けられている。退役を目前にして大佐に昇進した。

政界での経歴[編集]

戦後のベンツェンは故郷のリオ・グランデ谷地方へ戻った。1946年にはヒダルゴ郡の判事に就任。ただしこの職務は裁判官というよりは郡政委員会の長であり、行政官に近いものであった。1948年には下院議員選挙に立候補し、連邦下院議員を3期6年務めた。1954年の選挙では立候補せず、ビジネス界に入る事になる。

16年間に渡ってベンツェンはヒューストンで金融業界に深く関わった。1970年まで投資信託企業であるリンカーン・コンソリデイティッドの社長を務めた。1970年に現職のラルフ・ヤーボロー上院議員に挑戦し、民主党予備選挙に立候補する。比較的保守派であると思われていたベンツェンがリベラル派で知られたヤーボローの対立候補として、民主党内の保守派・穏健派に担がれた格好となった。これに先立ち、彼は全ての経営者としてのポストを辞任する事となる。予備選挙で勝利したベンツェンは本選挙で共和党候補のジョージ・H・W・ブッシュ元下院議員と争った。彼は巧みなメディア戦略とコミュニケーション能力で、相手より信頼が置けまた大人物だと有権者に思わせることに成功した。一方ブッシュはこうした戦略や技術の面で劣っていた。この結果ベンツェンは勝利を収める事ができた。

1976年1982年1988年とベンツェンは大差で再選された。1988年には民主党の副大統領候補に指名されたが、上院議員選挙にも立候補して両方での当選を目指した。これは1960年リンドン・ジョンソン上院議員が副大統領候補に指名された際に上院議員としても再選を目指した先例に倣ったものである。

上院議員としてベンツェンは中道のスタンスを取った。女性の権利を支持し、人工妊娠中絶や男女平等憲法修正条項(ERA)に賛成した。またベトナム戦争については終始これを支持した。経済政策の分野ではビジネス界の利益を擁護し、リベラル派から見れば大企業側に立った。上院金融委員会で大いに活躍し同委員会を代表する大物議員であると言えた。最終的には委員長も経験した。さらに、通商政策ではアメリカの経常赤字・貿易赤字に対して敏感であり1980年代の議会で対日強硬派の一翼を担った。1975年から1976年にかけては大統領選挙の民主党予備選挙に向けて指名獲得のために奔走した。このキャンペーンは有力候補の1人であるヘンリー・M・ジャクソン上院議員の票田を財界・金融界において侵食した。しかし全国的な候補者としては脱落し、党大会では地元テキサス州の支持を得たもののジョージア州のジミー・カーター州知事に敗れた。

アメリカ合衆国副大統領候補[編集]

1988年アメリカ合衆国大統領選挙で、ベンツェンは民主党の副大統領候補に指名された。大統領候補が北東部出身のリベラル派であるマサチューセッツ州のマイケル・デュカキス州知事であったために南部出身で中道派のベンツェンがバランスをとるために選ばれたのである。また、多数の選挙人を抱えるテキサス州での勝利を確実にする狙いもあった。しかしながら、この目論見は見事に外れた。多くの人々は、ベンツェンを副大統領候補に選んだ事がデュカキスの敗因の一つであると考えている。これはベンツェンの方がデュカキスよりも遥かに政治家としてのキャリアがあり、経験を積んでいたからである。ベンツェンの方がより大統領候補らしいという強烈な印象を与え、大統領候補であるはずのデュカキスを霞ませてしまったのである。ウェストバージニア州の選挙人の1人はデュカキスに投票するはずのところをベンツェンに投票した。

ダン・クエール上院議員との副大統領候補討論会でのやり取り[編集]

共和党副大統領候補のダン・クエール上院議員との副大統領候補討論会はテレビで放映され、その中の以下のやり取りは有名となった。

クエール「ジャック・ケネディが大統領を目指した時彼が議員として積んだ経験とほぼ同等の経験を、私は議会の中で積んでいる。」

ベンツェン「上院議員、私はジャック・ケネディの同僚だった。ジャック・ケネディを知っている。ジャック・ケネディは私の友人だったのだ。上院議員、あなたは断じてジャック・ケネディでは無い。」

これは当時41歳のクエールはまだ若く経験不足だと指摘されていた。その批判をかわすため、やはり若く経験の浅かったケネディを引き合いに出したのだが、ベンツェンはこれを見事にかわしたのだった。選挙の結果はブッシュ・クエール陣営の地滑り的勝利に終わった。他方でベンツェンは地元テキサス州での勝利をデュカキス陣営にもたらす事はできなかった。これはクエールの地元であるインディアナ州でジョージ・H・W・ブッシュ陣営が大差で勝利したのとは対照的であった。

その後の経歴[編集]

1993年1月20日にベンツェンはアメリカ合衆国上院議員を辞職し、ビル・クリントン政権1期目にて69代目アメリカ合衆国財務長官に就任した。ベンツェンの指名は後にアメリカ民主党から非難される事になる。何故なら結果として民主党の議席を共和党のケイ・ハッチソン前下院議員に明け渡す事となったからだ。ベンツェンは1994年12月22日にアメリカ合衆国財務長官を辞任したため、その任期は結果として短いものに終わった。従ってアメリカ合衆国財務長官として際立った功績を挙げた訳では無い。しかしビル・クリントン政権として最初の予算案を審議が難航する中で議会で成立させるのに最大限の努力を払った。日本との関係では円高誘導発言をした事で知られる。この発言はその後急激な円高・ドル安を招いた原因の1つとされる。

1998年に発作に襲われ、以後は車椅子生活を余儀無くされる。しかしその後も1999年には文民としての最高の栄誉である大統領自由勲章を受章し、2004年にはホワイトハウスにおけるクリントン夫妻の肖像画の除幕に参加するなど公式の場に姿を見せた。2006年にテキサス州ヒューストンの自宅で死去した。85歳であった。

国道59号線のうち州間高速道路35号と州間高速道路45号の間の270マイル(ラレドからヒューストン間)はロイド・ベンツェン上院議員ハイウェイと公式に名づけられた。甥のケン・ベンツェン・ジュニアはテキサス州25区選出の連邦下院議員を1995年から2003年まで務め、2002年には民主党の上院議員候補となった。孫のロイド・ベンツェン4世は2004年アメリカ合衆国大統領選挙ジョン・フォーブズ・ケリー上院議員のスタッフを務めた。

参照[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
ボブ・パックウッド
上院財政委員会委員長
1987年 - 1993年
次代:
ダニエル・パトリック・モイニハン
先代:
ニコラス・ブレイディ
アメリカ合衆国財務長官
Served under: ビル・クリントン

1993年1月20日 - 1994年12月22日
次代:
ロバート・ルービン
アメリカ合衆国下院
先代:
ミルトン・ウェスト
テキサス州選出下院議員
テキサス州第15選挙区

1948年 - 1955年
次代:
ジョー・M・キルゴア
アメリカ合衆国上院
先代:
ラルフ・ヤーボロー
テキサス州選出上院議員(第1部)
1971年 - 1993年
同職:ジョン・タワー, フィル・グラム
次代:
ボブ・クルーガー
党職
先代:
ウェンデル・H・フォード
民主党上院議員選挙運動委員会委員長
1983年 - 1985年
次代:
ジョージ・J・ミッチェル
先代:
ジェラルディーン・フェラーロ
民主党副大統領候補
1988年
次代:
アル・ゴア