禁酒党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国政党
禁酒党
Prohibition Party
委員長 Rick Knox
成立年月日 1869年
合衆国下院議席数
0 / 435   (0%)
合衆国上院議席数
0 / 100   (0%)
政治的思想・立場 禁酒運動社会保守主義
公式サイト Prohibition Party
シンボル ラクダ
公式カラー 赤、緑、灰色
テンプレートを表示

禁酒党(きんしゅとう。英語:Prohibition Party、PRO)は、アメリカ政党である。禁酒主義に基づき、アルコール飲料の販売や消費に反対する事が主な政治思想である。現存するアメリカの第三党英語版の中では最も古い政党であり、禁酒運動の中心的存在であった。アメリカの主要政党になることは無かったが、19世紀後半には共和党の票を奪い、第三政党制における重要勢力だったこともある。1933年禁酒法廃止後は急速に衰退した。

歴史[編集]

オハイオ州シンシナティにおける1892年全国大会

禁酒党は1869年に設立され、ミシガン州ジョン・ラッセル英語版が初代全国委員長に就いた[1]。その後、賛同者を増やし、各地の多くの郡で酒の製造および販売を禁止することに成功した。

同時に、そのイデオロギーは進歩主義的な見地にまで拡大した。1910年代には少数党ながら、カリフォルニア州第9選挙区選出下院議員・チャールズ・ランダル英語版を、第64回第65回第66回議会に送り込んだ。フロリダ州の民主党員、シドニー・カッツ英語版は、1916年のフロリダ州知事選で民主党の予備選挙に負けた後、禁酒党から立候補して当選した(ただし、民主党員のままであった)。

禁酒党の最盛期は、酒の製造・販売・輸送・輸出入を禁止するアメリカ合衆国憲法修正第18条が1919年に可決されて以降の所謂「禁酒法時代」であった。

禁酒法時代、党は法の厳格な執行を求めた。例えば1928年アメリカ合衆国大統領選挙において、自党の候補者を立てずに共和党のハーバート・フーヴァーを支持することを検討したが、全国最高委員会は、4対3の投票結果で、自党のウィリアム・バーニーの候補者指名を決定した。これはフーヴァーの禁酒に対する姿勢が十分でないと感じていたからであった[2]。禁酒党はフーヴァーが大統領に当選した後、より彼に批判的になった。1932年の選挙では、党委員長のデヴィッド・リー・コルヴィン英語版が、「共和党の(禁酒法の廃止を支援する)ウエット[3]な要綱は、フーヴァー氏がベネディクト・アーノルド以後、最大の裏切り者であることを示している」と声を張り上げた[4]。フーヴァーは落選したものの、進歩主義のルーズヴェルトにより、1933年にアメリカ合衆国憲法修正第21条が可決され、禁酒法は廃止された。

衰退[編集]

党は禁酒法の廃止以降急速に勢力を失い、第二次世界大戦後はほぼ無名の存在となった。1977年に党名を「全国政治家党(National Statesman Party)」に改名した際、『タイム』は「党名変更しても風変わりな政治思想から脱却することは疑わしい」と示唆した[5]。その後、1980年に元の党名に戻している。

それでも禁酒党は毎回大統領選挙の候補者を立てたが、得票数は回を重ねるごとに減少した。10万票を超えたのは1948年の選挙が最後であり、1万票を超えたのも1976年が最後である。2012年の選挙では僅か519票しか獲得することができなかった。

2003年の分裂[編集]

禁酒党は2003年に分裂した。前大統領候補のアール・ドッジ英語版が、コロラド州に全国禁酒党というライバル政党を設立し、ドッジは2003年8月に自宅の居間で指名委員会を8名で開催し、ライバル政党の大統領候補に指名された[6][7]

一方、ドッジのライバルたちは、2004年2月に、ジーン・アモンドソン英語版を大統領候補に指名した。ドッジ派もアモンドソン派も、相手方の正統性を認めなかった。アモンドソンはルイジアナ州で禁酒党として立候補した。ドッジはコロラド州で禁酒党として立候補したが、アモンドソンは、同州で国民不安党(Concerns of People Party)の支持を受けドッジに対抗した[8]。アモンドソンが全国で1944票を獲得したのに対し、ドッジは140票しか獲得できなかった。

2007年12月にドッジが死んだとき、ドッジ派は大統領候補者が決まっていなかった[9]。2008年春、ドッジ派はアモンドソンを大統領候補に指名したが、副大統領候補には、自派閥のハワード・リディックを指名した[10]

また、この2つの派閥は、1930年にジョージ・ペノックが禁酒党に寄付した金(毎年約8000ドルが支払われることになっている[11])を巡って争っている[12]

選挙結果[編集]

大統領選挙[編集]

禁酒党は、1872年以来、毎回大統領候補を立てており、民主党と共和党に次ぐ最も歴史のあるアメリカの政党である。

禁酒党全国大会および大統領選挙結果
開催地 日付 大統領候補 副大統領候補
1872 1 オハイオ州コロンバス、コムストック・オペラハウス 1872年2月22日 ジェームズ・ブラック英語版(ペンシルベニア) ジョン・ラッセル英語版(ミシガン) 2,100
1876 2 オハイオ州クリーブランド、ハレズホール 1876年5月17日 グリーン・クレイ・スミス英語版 (ケンタッキー) ギデオン・スチュワート英語版(オハイオ) 6,743
1880 3 クリーブランド、ハレズホール 1880年6月17日 ニール・ダウ(メイン) ヘンリー・アダムス・トンプソン英語版(オハイオ) 9,674
1884 4 ペンシルベニア州ピッツバーグ、ラファイエットホール 1884年7月23-24日 ジョン・セント・ジョン英語版(カンザス) ウィリアム・ダニエル英語版(メリーランド) 147,520
1888 5 インディアナ州インディアナポリス、トムリンソンホール 1888年5月30-31日 クリントン・フィスク英語版(ニュージャージー) ジョン・ブルックス英語版(ミズーリ) 249,813
1892 6 オハイオ州シンシナティ、ミュージックホール 1892年6月29-30日 ジョン・ビッドウェル英語版(カリフォルニア) ジョン・クランフィル英語版(テキサス) 270,770
1896 7 ピッツバーグ、エクスポジションホール 1896年5月27-28日 ヨシュア・リーバーリング英語版(メリーランド) ヘイル・ジョンソン英語版(イリノイ) 125,072
[7] ピッツバーグ 1896年5月28日 チャールズ・ユージン・ベントレー英語版(ネブラスカ) ジェームズ・サウスゲート英語版(ノースカロライナ) 19,363
1900 8 イリノイ州シカゴ、ファーストレジメントアーマリー 1900年6月27-28日 ジョン・ウーレイ英語版(イリノイ) ヘンリー・メトコルフ英語版(ロードアイランド) 209,004
1904 9 インディアナポリス、トムリンソンホール 1904年6月29日-7月1日 サイラス・スワロー英語版(ペンシルベニア) ジョージ・ワシントン・キャロル英語版(テキサス) 258,596
1908 10 コロンバス、メモリアルホール 1908年7月15-16日 ユージン・チャフィン英語版(イリノイ) アーロン・ワトキンス英語版(オハイオ) 252,821
1912 11 ニュージャージー州アトランティックシティ、広い仮設桟橋 1912年7月10-12日 ユージン・チャフィン英語版(イリノイ) アーロン・ワトキンス英語版(オハイオ) 207,972
1916 12 ミネソタ州セントポール 1916年7月19-21日 フランク・ハンリー英語版(インディアナ) アイラ・ランドリス英語版(テネシー) 221,030
1920 13 ネブラスカ州リンカーン 1920年7月21-22日 アーロン・ワトキンス英語版(オハイオ) レイ・コルビン英語版(ニューヨーク) 188,685
1924 14 コロンバス、メモリアルホール 1924年6月4-6日 ハーマン・ファリス英語版(ミズーリ) マリー・ブレヘム英語版(カリフォルニア) 54,833
1928 15 シカゴ、ホテル・ラサール 1928年7月10-12日 ウィリアム・バーニー英語版(ニューヨーク) ジェームズ・エドガートン英語版 20,095
[15] [カリフォルニアチケット] ハーバート・フーヴァー (カリフォルニア) チャールズ・カーティス (カンザス) 14,394
1932 16 インディアナポリス、キャンドル・タバーナクル 1932年7月5-7日 ウィリアム・アップショー英語版(ジョージア) フランク・リーガン英語版 (イリノイ) 81,916
1936 17 ニューヨーク州ナイアガラフォールズ、ステイト・アーマリー・ビル 1936年5月5-7日 レイ・コルビン英語版(ニューヨーク) アルビン・ヨーク(テネシー) (辞退);
クロード・ワトソン英語版(カリフォルニア)
37,667
1940 18 シカゴ 1940年5月8-10日 ロジャー・バブソン英語版(マサチューセッツ) エドガー・ムーマン英語版(イリノイ) 58,743
1944 19 インディアナポリス 1943年11月10-12日 クロード・ワトソン英語版(カリフォルニア州) フロイド・キャリアー(メリーランド) (撤回);
アンドリュー・ジョンソン英語版(ケンタッキー)
74,735
1948 20 インディアナ州ウイノナ・レイク英語版 1947年6月26-28日 クロード・ワトソン英語版(カリフォルニア) デイル・ラーン英語版(ペンシルベニア) 103,489
1952 21 インディアナポリス 1951年11月13-15日 スチュアート・ハンブレン英語版(カリフォルニア) エノク・ホルトウィック英語版(イリノイ) 73,413
1956 22 インディアナ州マイルフォード英語版、キャンプ・マック 1955年9月4-6日 エノク・ホルトウィック英語版(イリノイ) ハーバート・ホルドリッジ英語版(カリフォルニア) (撤回);
エドウィン・クーパー英語版(カリフォルニア)
41,937
1960 23 ウイノナ・レイク、ウェストミンスターホテル 1959年9月1-3日 ラザフォード・デッカー英語版(ミズーリ) ハロルド・マン英語版(ミシガン) 46,193
1964 24 シカゴ、ピック・コングレス・ホテル 1963年8月26-27日 ハロルド・マン英語版(ミシガン) マーク・ショウ英語版(マサチューセッツ) 23,266
1968 25 ミシガン州デトロイト、YWCA 1968年6月28-29日 ハロルド・マン英語版(ミシガン) ローランド・フィッシャー英語版(カンザス) 14,915
1972 26 カンザス州ウィチタ、ナザレ教会 June 24–25, 1971 ハロルド・マン英語版(ミシガン) マーシャル・アンキャファー英語版(カンザス) 12,818
1976 27 コロラド州ホイート・リッジ英語版、ベス・エデン・バプテスト教会 1975年6月26-27日 ベンジャミン・ブーバー英語版(メイン) アール・ドッジ英語版(コロラド) 15,934
1980 28 アラバマ州バーミングハム、モーテル・バーミングハム 1979年6月20-21日 ベンジャミン・ブーバー英語版(メイン) アール・ドッジ英語版(コロラド) 7,212
1984 29 ノースダコタ州マンダン英語版 1983年6月22-24日 アール・ドッジ英語版(コロラド) ウォーレン・マーティン英語版(カンザス) 4,242
1988 30 イリノイ州スプリングフィールド、ヘリテージハウス 1987年6月25-26日 アール・ドッジ英語版(コロラド) ジョージ・オルムズビー英語版(ペンシルベニア) 8,002
1992 31 ミネソタ州ミネアポリス 1991年6月24-26日 アール・ドッジ英語版(コロラド州) ジョージ・オルムズビー英語版(ペンシルベニア) 935
1996 32 コロラド州デンバー 1995年 アール・ドッジ英語版(コロラド) レイチェル・ブーバー・ケリー英語版(メイン) 1,298
2000 33 ペンシルベニア州バード・イン・ハンド英語版 1999年6月28-30日 アール・ドッジ英語版(コロラド州) ディーン・ワトキンス英語版(アリゾナ) 208
2004 34 テネシー州フェアフィールド・グレイド英語版 2004年2月1日 ジーン・アモンドソン英語版(ワシントン) リロイ・プレッテン(ミシガン) 1,944
[34] コロラド州レイクウッド 2003年8月 アール・ドッジ英語版(コロラド) ハワード・リディック英語版(テキサス) 140
2008 35 インディアナポリス、アダムスマークホテル 2007年9月13-14日 ジーン・アモンドソン英語版(ワシントン) リロイ・プレッテン(ミシガン) 643
2012 36 アラバマ州カルマン、ホリデイ・イン・エクスプレス 2011年6月20-22日 ジャック・フェリュー英語版(ウエストバージニア) トビー・デイビス(ミシシッピ) 519

当選した人物[編集]

大酒飲みの進歩。禁酒運動を支援していたナザニエル・カリヤー英語版作のリトグラフ。1846年1月。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Prohibition Party National Committee - History
  2. ^ “National Affairs: Men of Principle”. Time. (1928年9月10日). http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,927759,00.html 2010年5月22日閲覧。 
  3. ^ 禁酒主義を「ドライ」、反禁酒主義を「ウェット」と呼んでいた。
  4. ^ “National Affairs: In Cadle Tabernacle”. Time. (1932年7月18日). http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,753371,00.html 2010年5月22日閲覧。 
  5. ^ “Americana: Time to Toast the Party?”. Time. (1977年11月7日). http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,947954,00.html 2010年5月22日閲覧。 
  6. ^ Beyond Bush, Kerry & Nader Creative Loafing, October 13, 2004
  7. ^ The National Prohibitionist, 6/2003, p. 1
  8. ^ CO US President Race Our Campaigns, November 2, 2004
  9. ^ Earl F. Dodge Dies Ballot Access News, November 8, 2007
  10. ^ Former Dodge Faction Endorses Gene Amondson Our Campaigns, February 29, 2008
  11. ^ Prohibition fight goes to court Ballot Access News, March 1, 2006, Volume 21, Number 11
  12. ^ Internal Prohibition Party Battle Has Court Hearing on January 16 Ballot Access News, January 15, 2007
  13. ^ Prohibition Party Candidates

参考文献[編集]

  • Andersen, Lisa, “From Unpopular to Excluded: Prohibitionists and the Ascendancy of a Democratic-Republican System, 1888–1912,” Journal of Policy History, 24 (no. 2, 2012), 288–318.
  • James T. Havel, U.S. Presidential Candidates and the Elections (NYC: MacMillan Library Reference, 1996)
  • S.B. Hinshaw, Ohio Elects the President: Our State's Role in Presidential Elections (Mansfield OH: Bookmasters, 1999)

外部リンク[編集]