西山隆行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西山隆行
NishiyamaTakayuki2018.jpg
基本情報
生誕 (1981-04-07) 1981年4月7日(40歳)
出身地 日本の旗 日本和歌山県 紀美野町
ジャンル インストゥルメンタル
職業 ギタリスト
担当楽器 アコースティックギター
エレキギター
ウクレレ
活動期間 1995年 -
公式サイト Nishi Nishiyama Official Website
著名使用楽器
Maton Guitars EBG808 Custom shop
'Nishi' model Ver.2

西山 隆行 Nishi Nishiyama(にしやま たかゆき、1981年4月7日 - )は、和歌山県海草郡紀美野町(旧野上町)出身のギタリスト

フラット・ピックと指を併用したハイブリッド・ピッキングやギャロッピング奏法によるアコースティックギター1本でのインストゥルメンタルでの活動をメインとする。 Maton Guitarsやヤマハなどのデモンストレーターとして、あるいはアーティストのサポート&レコーディング等でも活躍している。

活動[編集]

中学1年の時にエレキギターを購入し、独学でギターを始める[1]

高校時代はバンド活動を活発に行い、ライブハウスなどで演奏を行う。

高校卒業後に上京し、ギタリスト&ライターのいちむらまさきへ弟子入りをする。 当初はバンド活動を考えていたが、バンドブームがちょうど衰退し始めていた頃で、スタジオミュージシャンを目指す方向に転換する。

様々なアーティストのライブ・サポート活動をしながら、採譜の仕事をする中でトミー・エマニュエルの音楽と出会い、その音楽スタイルにはまる。 それからアコースティックギター・インストの活動を始める。トミーの奏法を研究するうちに、チェット・アトキンスにもたどり着き、ギャロッピング奏法やカントリー、ソロギターのコードフォームを覚える。

2005年12月上北沢のAPO音楽院でギター&ウクレレ講師のキャリアをスタートする。

2007年7月、トミーの来日公演、Tommy Emmanuel Japan Tour 2007のオープニング・アクトを務める。

2008年5月、自主制作アルバム「Give us a smile」を発売。

2009年10月、再びトミーのTommy Emmanuel Japan Tour 2009で東京、札幌、横浜の3公演でオープニング・アクトを務める。

この時、トミーと会話をする中で「チェットのイベントにいつか出てみたい」と言ったところ、トミーから「NishiならいつでもOKだよ!」と言われ、すぐにイベントの会長を紹介してくれて、出演のオファーを受ける[1] [2]。 2010年にこのチェットのイベント、CAAS 2010(Chet Atkins Appreciation Society、世界各地からフィンガーピッキング・ギタリストが集まる。テネシー州ナッシュビルで毎年開催)に日本人で初めて正式な出演者として演奏する。ナッシュビル訪問中にはトミーの車でチェットが眠るお墓も訪ねた。

2011年に音楽スタジオ「musictail studio」を設立。

2012年和歌山のシンガーソングライター宝子(たからこ)と地元和歌山の歌を歌う期間限定ユニット西宝山子(さいほうさんし)を結成し、ライブ収録アルバム「ことほぎわ」を発表した[3]

2012年は『毎月24日はにっしーの日Live』という企画で都内で毎月24日にライブを行った。また2013年からは同じく『毎月24日はにっしーの日Live』と称して、全国47都道府県を周り毎月24日にライブを行い、2016年に一巡した[2] [4]

2013年7月にニューヨークの老舗ライブハウスThe Bitter Endで初NYライブを行った。

2016年6月には台湾(台北)で初めてソロライブを開催し、その後毎年台湾でもライブを行っている。

2015年からゆずの楽曲でアコースティックギターのアレンジやギターレコーディングを担当しており、北川悠仁のソロライブ「DRESS CODE」にサポートギターとして出演している(2017~2019年)。

CAASでの出演は現地でも高い評価を得て、2010~2019年の10年連続出演している。またトミー・エマニュエルとの親交も深め、トミーが日本公演を行う際には西山がサポートをしている。 Nishi Nishiyamaというニックネームはトミーが冗談半分で名付けた呼び方だが、西山は海外で演奏する時はNishi Nishiyamaをアーティスト名としている。

ライブ活動以外には、オーストラリアのギターメーカーであるMaton Guitarsやヤマハのデモンストレーター、島村楽器主宰のアコースティックギターセミナーの講師としても活動している。 2018年にはMaton Guitarsとエンドースメントを結んだ。同年Maton社を訪問した際には、Matonを日本で広めている功績が認められ、カスタムモデルであるNishi Model Ver.2のギターをサプライズでプレゼントされた[5]

楽器としては、エレキギター・ウクレレも演奏する。

また音楽誌での執筆、採譜なども数多くこなしている。

2019年9月24日より和歌山放送のラジオ番組『ボックス』の中で「西山隆行 今日もギターと二人旅」というコーナーがスタートした[6]

作品[編集]

アルバム[編集]

  • 『Give us a smile』 (2008年、MTRC-001)
  • 『ことほぎわ』(西宝山子 名義、2013年、BURA-2006)
  • 『"Live Recordings" at Tanegashima Miharusou』 (2013年、CD-R)
  • 『The Bootleg Songs』 (2013年、CD-R)
  • 『Hybrid pickin' on the guitar』 (2015年、MTRC-002)
  • 『Straight from my heart』 (2019年、MTRC-003)
  • 『One & Single』 (2020年、MTRC-004)

著作[編集]

  • 『初心者にもわかりやすい入門書 アコースティックギター入門』 島村楽器、2020年3月1日。ISBN 978-4907241117 
  • 『いちばんわかりやすい入門書 アコースティックギター入門』 島村楽器、2013年2月1日。ISBN 978-4990581190 
  • (共著) 『アコースティック・ギター・マガジン 特撰講義録』 リットーミュージック、2013年10月19日。ISBN 978-4845623167 
  • 『究極のアコギ・トレーニング・バイブル』 リットーミュージック、2017年2月24日。ISBN 978-4845623129 

『アコースティックギター・マガジン』、『ウクレレ・マガジン』等で執筆や採譜などが多数ある。

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 「Special Interview 西山隆行」『月刊ミュージシャン』第21巻第12号、株式会社ミュージックトレード社、2018年4月、 2-5頁。
  2. ^ a b ギタリストインタビュー ~ 西山隆行 Nashsound villeに向けて”. Acoustic Guitar World. シゲエダ ユズル (2016年5月22日). 2019年11月18日閲覧。
  3. ^ 西山隆行 (2012年2月22日). “『ことほぎわ』発売の記者会見”. 2019年11月18日閲覧。
  4. ^ 毎月24日は にっしーの日 Live ~4年間の軌跡~” (2017年1月30日). 2019年11月18日閲覧。
  5. ^ 「Column メイトンから西山隆行へのギフト Nishi Model Ver.2」『アコースティック・ギター・マガジン』Vol.79,2019年3月号、リットーミュージック、2019年1月26日、 76-77頁。
  6. ^ 和歌山放送ラジオ (2019年9月24日). “新コーナースタート 190924”. 2019年11月20日閲覧。

外部リンク[編集]