ラシダ・タリーブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラシダ・タリーブ

ラシダ・ハルビ・タリーブ (英語: Rashida Harbi Tlaib1976年7月24日 - )は、アメリカ合衆国政治家弁護士民主党下院議員。2018年、米議会初のパレスチナ系女性議員となった。

生い立ち[編集]

1976年7月24日、ラシダ・タリーブはミシガン州デトロイトのパレスチナ系の移民労働者の家に、14人の兄弟の長女として生まれる。彼女の母親は、ヨルダン川西岸の都市ラマラー近郊のベイトウルエルフォカで生まれた。父親は、東エルサレムの近郊ベイトハニナで生まれた。彼らは最初にニカラグアに、次にデトロイトに移住し、フォー社工場の組立ラインで働いた。タリーブは両親が働いている間に兄弟の面倒を見ていた。

1994年にデトロイトの高校を卒業後、1998年にウェイン州立大学政策科学の学士号を取得。2004年にウェスタンミシガン大学クーリー法科大学院で法学博士を取得した。

政治キャリア[編集]

2004年から、地元のミシガン州議会議員のもとでインターンやスタッフとして働いた。

2008年、ミシガン州下院議員12区から出馬、予備選挙を勝ち抜き、総選挙では90%以上の得票率で初当選した。

2014年、州の任期制限のため州下院議員に4度目の出馬ができず、州上院議員に立候補。8月に民主党予備選挙]で現職のバージル・スミス・ジュニアに敗れた。

州下院議員としての在職期間中、彼女は全米でわずか10人しかいないイスラム教徒の州議会議員のひとりであった。またミシガン州下院でジェームズ・カルーブに次ぐ2番目のイスラム教徒議員だった。またミズーリ州のジャミラナシードに次いで、全国の州議会で2番目のイスラム女性の議員だった。州議会を去った後、タリーブは労働者に無料で法定代理人を提供するデトロイトの非営利団体で働いた。

2018年、合衆国下院議員に立候補する意向を発表、タリーブはミシガン州の13区からアメリカ合衆国下院議席の民主党指名を獲得し、当選。この時、米議会で初のパレスチナ系女性議員[1]となった。

この中間選挙では多くの歴史が生まれた[2]。まず、アメリカ史上最年少の女性下院議員となったアレクサンドリア・オカシオ=コルテス、まタリーブとともに最初の二人のイスラム教徒女性女性下院議員になったイルハン・オマールは難民出身で初のソマリア系アメリカ人女性下院議員[3]。また2016年にバイセクシャルを公表して当選したオレゴン州のケイト・ブラウン[4]に続き、同性愛者であることを公表して初の州知事になったコロラド州のジャレッド・ポリス[5]。史上初のネイティブ・アメリカンの女性下院議員シャリス・デイビッズ[6]デブ・ハーランド[7]がいた。

話題と論点[編集]

2019年7月14日、トランプ大統領はツイッター連続投稿で野党民主党の4人の非白人系女性議員、オカシオ=コルテス議員、タリーブ議員、アヤナ・プレスリー議員、イルハン・オマール議員を念頭に、「世界中で完全にまったく崩壊した最悪の最も腐敗して無能な政府の国からやってきた"進歩的"な民主党の女性議員」は[8]、米国が嫌なら「出身国に帰ればいい」[9]と述べた。この発言が極めて人種差別的だとして、民主党のみならず与党・共和党内からも批判を浴びた。4人のうち、オカシオ・コルテス議員、タリーブ議員、プレスリー議員はいずれの出身国もアメリカであり、事実とも異なる[10]。米ツイッター社は大統領によるヘイト投稿を非表示にすることはしないと決定[11]。四人は抗議の記者会見を開いた[12]が、トランプ氏は続けて「極左の女性議員らはいつになったら我が国やイスラエル国民さらには米国大統領行政府に対し卑劣な言葉を使ったことをそしてひどい発言をしたことを謝罪するのだろうか」[13]とツイートした[14]

8月15日、イスラエルネタニヤフ首相は15日、トランプ米大統領の呼び掛けに応じる形で、タリーブとオマルの入国を拒否すると決定した[15]。二人は調査でパレスチナを訪れる予定だった。トランプはツイッターで「彼女たちはイスラエルと全てのユダヤ人を憎んでいる」と入国阻止を呼び掛けていた[16]

所属[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ムスリム女性初の連邦議員2人、元難民とパレスチナ系移民 米中間選挙” (日本語). www.afpbb.com. 2020年2月1日閲覧。
  2. ^ 女性・性的少数者・イスラム教徒 選挙で続々「初」当選” (日本語). CNN.co.jp. 2020年2月1日閲覧。
  3. ^ 【米中間選挙】初のムスリム女性下院議員が誕生 ミシガン州とミネソタ州で」『BBCニュース』、2018年11月7日。2020年2月1日閲覧。
  4. ^ アメリカ史上初、バイセクシャルの州知事が誕生へ” (日本語). ハフポスト (2015年2月16日). 2020年2月2日閲覧。
  5. ^ Haltiwanger, John (2018年11月8日). “多様性の勝利? 2018年の中間選挙で歴史を作った5人” (日本語). www.businessinsider.jp. 2020年2月1日閲覧。
  6. ^ 【米中間選挙】先住民女性が下院議員に当選 史上初」『BBCニュース』、2018年11月7日。2020年2月2日閲覧。
  7. ^ 米選挙、先住民女性の初当選に見る大きな変化” (日本語). natgeo.nikkeibp.co.jp. 2020年2月1日閲覧。
  8. ^ Trump, Donald J. (2019年7月14日). “So interesting to see “Progressive” Democrat Congresswomen, who originally came from countries whose governments are a complete and total catastrophe, the worst, most corrupt and inept anywhere in the world (if they even have a functioning government at all), now loudly......” (英語). @realDonaldTrump. 2020年2月1日閲覧。
  9. ^ Trump, Donald J. (2019年7月14日). “....and viciously telling the people of the United States, the greatest and most powerful Nation on earth, how our government is to be run. Why don’t they go back and help fix the totally broken and crime infested places from which they came. Then come back and show us how....” (英語). @realDonaldTrump. 2020年2月1日閲覧。
  10. ^ トランプ氏、野党女性議員たちへ「もといた国へ帰ったらどうだ」 人種差別と批判高まる」『BBCニュース』、2019年7月15日。2020年2月1日閲覧。
  11. ^ Twitter、トランプ大統領の「国に帰ったらどうか」ツイートを“ラベル付き非表示”にせず” (日本語). ITmedia NEWS. 2020年2月1日閲覧。
  12. ^ トランプ氏、今度は「嫌なら出ていけ」 非白人系女性議員ら反論、与党からも批判” (日本語). www.afpbb.com. 2020年2月1日閲覧。
  13. ^ Trump, Donald J. (2019年7月15日). “When will the Radical Left Congresswomen apologize to our Country, the people of Israel and even to the Office of the President, for the foul language they have used, and the terrible things they have said. So many people are angry at them & their horrible & disgusting actions!” (英語). @realDonaldTrump. 2020年2月1日閲覧。
  14. ^ トランプ氏の差別発言、英首相が批判 攻撃された議員は「わなに引っかからないで」」『BBCニュース』、2019年7月16日。2020年2月1日閲覧。
  15. ^ イスラエル、米2女性議員の入国拒否=トランプ氏呼び掛けに応じる:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2020年2月1日閲覧。
  16. ^ イスラエル、米下院2議員の入国を禁止 トランプ大統領も支持」『BBCニュース』、2019年8月16日。2020年2月1日閲覧。