1944年アメリカ合衆国大統領選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1944年アメリカ合衆国大統領選挙
United States presidential election, 1944
アメリカ合衆国
1940年 ←
1944年11月7日
→ 1948年

投票率 55.9%[1] 減少 6.6%
  1944 portrait of FDR (1)(small).jpg ThomasDewey.png
候補者 フランクリン・ルーズベルト トマス・E・デューイ
政党 民主党 共和党
州籍 ニューヨーク州 ニューヨーク州
副大統領候補者 HarryTruman.jpg
ハリー・S・トルーマン
John W. Bricker cph.3b31299.jpg
ジョン・W・ブリッカー
獲得選挙人 432 99
勝利州数 36 12
得票数 25,612,916 22,017,929
得票率 53.4% 45.9%

ElectoralCollege1944.svg

州別獲得選挙人分布図
     ルーズベルト      デューイ

選挙前大統領

フランクリン・ルーズベルト
民主党

選出大統領

フランクリン・ルーズベルト
民主党

選挙結果の図。青色がルーズベルトとトルーマン、赤色がデューイとブリッカー、が勝利した州を示す。数字は各州の選挙人数。

1944年アメリカ合衆国大統領選挙(1944ねんアメリカがっしゅうこくだいとうりょうせんきょ、英:United States presidential election, 1944)は、アメリカ合衆国第二次世界大戦に参戦して心が奪われているときに行われた。現職大統領民主党フランクリン・ルーズベルトは、過去のどの大統領よりも長くその職に在ったが、人気は衰えていなかった。1940年の選挙時とは異なり、ルーズベルトが民主党候補者としてもう1期の選出を求め出馬することにほとんど疑念は無かった。この年の対抗馬は共和党ニューヨーク州知事トマス・E・デューイだった。デューイは精力的に選挙運動を行ったが、世界大戦の最中に、ルーズベルトが4回目の当選を果たすことに疑問を挟む者はほとんどいなかった。

候補者の指名[編集]

民主党の指名[編集]

ルーズベルトは人気があり、戦時の現職としてほとんど公然たる反対に遭わなかった。民主党内、特に南部では保守派の数が増えて、ルーズベルトの経済および社会政策に懐疑的な者が増えていたが、敢えてルーズベルトに反対する者はほとんど居らず、容易に再指名された。指名投票の結果は以下の通りだった[2]

党内保守派はルーズベルトの再指名を止めることができなかったが、大統領の外見が明らかに身体的に衰えており、秘密の健康問題という噂もあったので、多くの代議員や党指導者は現職副大統領ヘンリー・A・ウォレスには強く反対した。ウォレスは保守派の多くの者にとって、大統領を継ぐ可能性がある者としてあまりに左翼的であり、変わり者に過ぎた。多くの党指導者が、ウォレスの指名には反対することと、ミズーリ州選出のアメリカ合衆国上院議員で、上院戦時調査委員会の議長として良く知られるようになった中道派であるハリー・S・トルーマンを新しい副大統領候補として提案することを、ルーズベルトに個人的に伝えた。ルーズベルトは個人的にウォレスを好んでおり、トルーマンについてはほとんど知らなかったので、党の結束を維持するためにトルーマンを新しい候補者として受け入れることに躊躇した。それでも、多くの革新的代議員はウォレスを棄てることを拒み、最初の指名投票ではウォレスに票を投じた。しかし、北部中西部および南部の大きな州の代議員が2回目の指名投票でトルーマンが指名を得るに十分な票を投じた。ルーズベルトの健康が衰え、翌1945年4月には死ぬことになったので、この副大統領指名を巡る戦いは歴史的な意味が大きくなり、トルーマンは合衆国第33代大統領になった。

副大統領指名投票の結果は以下の通りだった[3]

副大統領候補指名投票の結果
投票回 1 2(調整前) 2 (調整後)
ハリー・S・トルーマン ミズーリ州 319.5 477.5 1,031
ヘンリー・A・ウォレス アイオワ州 429.5 473 105
ジョン・H・バンクヘッド2世 アラバマ州 98 23.5 0
スコット・W・ルーカス イリノイ州 61 58 0
アルバン・W・バークリー ケンタッキー州 49.5 40 6
J・メルビル・ブロートン ノースカロライナ州 43 30 0
ポール・V・マックナット インディアナ州 31 28 1
プレンティス・クーパー テネシー州 26 26 26
その他 118.5 20 7

ルーズベルト大統領はダグラス・マッカーサー将軍と軍事戦略を協議するために南太平洋に旅し、党大会には出席しなかった。このために、20世紀で大統領候補者が全国党大会を欠席したことでは最後の機会となった。

共和党の指名[編集]

共和党の指名候補者

1944年の共和党指名有力候補は、1940年選挙での大統領候補者ウェンデル・L・ウィルキー、党保守派の指導者でオハイオ州のロバート・タフト上院議員、およびニューヨーク州知事のトマス・E・デューイだった。デューイは、多くの悪名高いマフィアの人物、中でもニューヨーク市の組織犯罪ボスとして最も有名なラッキー・ルチアーノを監獄に送り込んだ"ギャングバスター"検事として全国的な名声が上がっていた。しかし、タフトが出馬しないと宣言して多くの者を驚かせた。その代わりにやはり保守派で同郷のオハイオ州知事ジョン・W・ブリッカーに対する支持を表明した。重要なウィスコンシン州予備選挙でデューイはウィルキーとダグラス・マッカーサー将軍を破り、このことでウィルキーは候補者を降りた。シカゴで開催された1944年共和党全国大会では、デューイが容易にブリッカーを最初の投票で破って指名された。続いてデューイはブリッカーを副大統領候補に選んだ。ブリッカーは拍手喝采で指名された。

一般選挙[編集]

秋の選挙運動[編集]

共和党はニューディール政策に反対する選挙運動を行い、戦争の終結が視野に入ってきたので、小さな政府と規制の少ない経済を求めた。それでもルーズベルトの人気が続いていることが選挙の大きな主題になった。ルーズベルトは健康が優れないという噂を鎮めるために、10月に活発な選挙遊説を行うことを主張し、市内の通りではオープンカーに乗った。選挙運動の最高点はルーズベルトが労働組合指導者の集会で演説したときのことであり、その演説はラジオで全国に流され、共和党がルーズベルト政権は腐敗し税金の無駄遣いをしていると主張していることを揶揄した。特に、ルーズベルトがアラスカ遊説で置き忘れてきた愛犬のスコティッシュ・テリアファラをホワイトハウスに戻すためにアメリカ海軍の駆逐艦を派遣したと共和党が主張していることに対し、そのような噂を「ファラは怒っている」と言って冷やかした。この演説は労働組合指導者達の大きな笑いと拍手に迎えられた。デューイはこれに対抗して、3日後にオクラホマシティで行った辛辣で党派的な演説をラジオで流し、ルーズベルトは大都市の民主党組織とアメリカ共産党を腐敗させるには「なくてはならない」存在だと非難した。またルーズベルト内閣の閣僚を「ごちゃ混ぜクルー」と言った。しかし、選挙期間中に、例えば1944年のパリ解放や10月のフィリピンにおけるレイテ沖海戦など、ヨーロッパ太平洋の戦場でアメリカが成功を重ねたことで、ルーズベルト優位は動かなくなった。

11月7日の投票日、ルーズベルトはデューイに対して余裕のある勝利を得た。ルーズベルトは36の州で432の代議員票を獲得し、一方デューイは12の州で99の選挙人票を得た(当選必要数は266)。一般投票の得票数はルーズベルトが25,612,916票、デューイが22,017,929票だった。デューイは、ルーズベルトと争った過去3人のどの候補者よりも善戦し、ルーズベルトの出身町ニューヨーク州ハイドパークやトルーマンの出身町ミズーリ州インデペンデンスでルーズベルトに勝ったことで個人的な満足を得た。デューイは次の1948年でも共和党の大統領候補として出馬し、再度敗れることになるが、さらに接戦になった。

幾つかの情報源に拠れば、この選挙の興味有る裏話は、デューイがルーズベルトを告発できるいくつかの情報を持っていたということである。真珠湾攻撃の前にアメリカ合衆国情報部門は日本の暗号を解読していたことを発見した。まだ日本との戦争は終わっていなかったので、デューイはその情報を明かさないことにした。

この大統領選挙は主要政党の候補者が2人共にニューヨーク州出身ということでは最後のものになった。他にも次のような記録があった、

  • 民主党が南部州を全て制したことでも最後のものとなった。
  • 指標となる州であるオハイオ州を抑えた候補者が敗北したのは、1892年グロバー・クリーブランドの再選の時以来となった。
  • いずれかの候補者がある州の90%以上の得票率を上げたことでも最後の選挙になった。
  • 1947年アメリカ合衆国憲法修正第22条の成立により、候補者が4期目に出馬できるものとしては最後で唯一の機会となった。

結果[編集]

大統領選の結果
大統領候補者
出身州 
党   得票数 得票率 選挙人得票数 副大統領候補者
出身州
選挙人得票数 
フランクリン・ルーズベルト
ニューヨーク州
民主党 25,612,916 53.4% 432 ハリー・S・トルーマン
ミズーリ州
432
トマス・E・デューイ
ニューヨーク州
共和党 22,017,929 45.9% 99 ジョン・W・ブリッカー
オハイオ州
99
指名無し テキサス・レギュラーズ 135,439 0.3% 0 指名無し 0
ノーマン・トーマス
ニューヨーク州
アメリカ社会党 79,017 0.2% 0 ダーリントン・フープス
ペンシルベニア州
0
クロード・ワトソン
カリフォルニア州
禁酒党 74,758 0.2% 0 アンドリュー・ジョンソン
ケンタッキー州
0
その他 - 57,004 0.1% 0 - 0
合計 47,977,063 100% 531 - 531
選出必要数 266 - 266

接戦だった州(投票率差8%未満)[編集]

青字は民主党、赤字は共和党が勝利したことを示す。数字は得票率の差。

  1. オハイオ州, 0.37%
  2. ミシガン州, 1.02%
  3. ニュージャージー州, 1.35%
  4. ウィスコンシン州, 1.80%
  5. ワイオミング州, 2.47%
  6. ペンシルベニア州, 2.78%
  7. ミズーリ州, 2.94%
  8. イリノイ州, 3.47%
  9. アイダホ州, 3.49%
  10. メリーランド州, 3.70%
  11. ニューハンプシャー州, 4.24%
  12. アイオワ州, 4.50%
  13. オレゴン州, 4.85%
  14. メイン州, 4.99%
  15. ニューヨーク州, 5.01%
  16. コネチカット州, 5.36%
  17. ミネソタ州, 5.55%
  18. インディアナ州, 5.65%
  19. マサチューセッツ州, 5.8%
  20. コロラド州, 6.81%
  21. ニューメキシコ州, 7.03%

州ごとの結果[編集]


フランクリン・ルーズベルト

民主党
トマス・E・デューイ

共和党
その他 州合計
選挙人票 # % 選挙人票 # % 選挙人票 # % 選挙人票 #
アラバマ州 11 198,918 81.3 11 44,540 18.2 - 1,285 0.5 - 244,743 AL
アリゾナ州 4 80,926 58.8 4 56,287 40.9 - 421 0.3 - 137,634 AZ
アーカンソー州 9 148,965 70.0 9 63,551 29.8 - 438 0.2 - 212,954 AR
カリフォルニア州 25 1,988,564 56.5 25 1,512,965 43.0 - 19,346 0.6 - 3,520,875 CA
コロラド州 6 234,331 46.4 - 268,731 53.2 6 1,977 0.4 - 505,039 CO
コネチカット州 8 435,146 52.3 8 390,527 46.9 - 6,317 0.8 - 831,990 CT
デラウェア州 3 68,166 54.4 3 56,747 45.2 - 448 0.4 - 125,361 DE
フロリダ州 8 339,377 70.3 8 143,215 29.7 - 候補者名簿に無し 482,592 FL
ジョージア州 12 268,187 81.7 12 59,880 18.3 - 42 0.0 - 328,109 GA
アイダホ州 4 107,399 51.6 4 100,137 48.1 - 785 0.4 - 208,321 ID
イリノイ州 28 2,079,479 51.5 28 1,939,314 48.1 - 17,268 0.4 - 4,036,031 IL
インディアナ州 13 781,403 46.7 - 875,891 52.4 13 14,797 0.9 - 1,672,091 IN
アイオワ州 10 499,876 47.5 - 547,267 52.0 10 5,456 0.5 - 1,052,599 IA
カンザス州 8 287,458 39.2 - 442,096 60.3 8 4,222 0.6 - 733,776 KS
ケンタッキー州 11 472,589 54.5 11 392,448 45.2 - 2,884 0.3 - 867,921 KY
ルイジアナ州 10 281,564 80.6 10 67,750 19.4 - 69 0.0 - 349,383 LA
メイン州 5 140,631 47.5 - 155,434 52.4 5 335 0.1 - 296,400 ME
メリーランド州 8 315,490 51.9 8 292,949 48.2 - 候補者名簿に無し 608,439 MD
マサチューセッツ州 16 1,035,296 52.8 16 921,350 47.0 - 4,019 0.2 - 1,960,665 MA
ミシガン州 19 1,106,899 50.2 19 1,084,423 49.2 - 13,901 0.6 - 2,205,223 MI
ミネソタ州 11 589,864 52.4 11 527,416 46.9 - 8,249 0.7 - 1,125,529 MN
ミシシッピ州 9 168,479 93.6 9 11,601 6.4 - 候補者名簿に無し 180,080 MS
ミズーリ州 15 807,804 51.4 15 761,524 48.4 - 3,146 0.2 - 1,572,474 MO
モンタナ州 4 112,556 54.3 4 93,163 44.9 - 1,636 0.8 - 207,355 MT
ネブラスカ州 6 233,246 41.4 - 329,880 58.9 6 候補者名簿に無し 563,126 NE
ネバダ州 3 29,623 54.6 3 24,611 45.4 - 候補者名簿に無し 54,234 NV
ニューハンプシャー州 4 119,663 52.1 4 109,916 47.9 - 46 0.0 - 229,625 NH
ニュージャージー州 16 987,874 50.3 16 961,335 49.0 - 14,552 0.7 - 1,963,761 NJ
ニューメキシコ州 3 81,389 53.4 3 70,688 46.4 - 148 0.1 - 152,225 NM
ニューヨーク州 47 3,304,238 52.3 47 2,987,647 47.3 - 24,905 0.4 - 6,316,790 NY
ノースカロライナ州 14 527,399 66.7 14 263,155 33.3 - 候補者名簿に無し 790,554 NC
ノースダコタ州 4 100,144 45.5 - 118,535 53.8 4 1,492 0.7 - 220,171 ND
オハイオ州 25 1,570,763 49.8 - 1,582,293 50.2 25 候補者名簿に無し 3,153,056 OH
オクラホマ州 10 401,549 55.6 10 319,424 44.2 - 1,663 0.2 - 722,636 OK
オレゴン州 6 248,635 51.8 6 225,365 46.9 - 6,147 1.3 - 480,147 OR
ペンシルベニア州 35 1,940,479 51.1 35 1,835,054 48.4 - 19,260 0.5 - 3,794,793 PA
ロードアイランド州 4 175,356 58.6 4 123,487 41.3 - 433 0.1 - 299,276 RI
サウスカロライナ州 8 90,601 87.6 8 4,610 4.5 - 8,164 7.9 - 103,375 SC
サウスダコタ州 4 96,711 41.7 - 135,365 58.3 4 候補者名簿に無し 232,076 SD
テネシー州 12 308,707 60.5 12 200,311 39.2 - 1,674 0.3 - 510,692 TN
テキサス州 23 821,605 71.4 23 191,425 16.6 - 137,301 11.9 - 1,150,331 TX
ユタ州 4 150,088 60.9 4 97,891 39.4 - 340 0.1 - 248,319 UT
バーモント州 3 53,820 42.9 - 71,527 57.1 3 14 0.0 - 125,361 VT
バージニア州 11 242,276 62.4 11 145,243 37.4 - 966 0.3 - 388,485 VA
ワシントン州 8 486,774 56.8 8 361,689 42.2 - 7,865 0.9 - 856,328 WA
ウェストバージニア州 8 392,777 54.9 8 322,819 45.1 - 候補者名簿に無し 715,596 WV
ウィスコンシン州 12 650,413 48.6 - 674,532 50.4 12 14,207 1.1 - 1,339,152 WI
ワイオミング州 3 49,419 48.8 - 51,921 51.2 3 候補者名簿に無し 101,340 WY
総計: 531 25,612,916 53.4 432 22,017,929 45.9 99 346,218 0.7 - 47,977,063
必要数: 266

脚注[編集]

  1. ^ Voter Turnout in Presidential Elections
  2. ^ For the Fourth Time - TIME
  3. ^ Richard C. Bain & Judith H. Parris, Convention Decisions and Voting Records (Washington DC: The Brookings Institution, 1973), pp. 266-267

参考文献[編集]

  • Cantril, Hadley and Mildred Strunk, eds.; Public Opinion, 1935-1946 (1951), massive compilation of many public opinion polls from USA Gallup, George Horace, ed. The Gallup Poll; Public Opinion, 1935-1971 3 vol (1972) esp vol 1; summarizes results of each poll as reported to newspapers

外部リンク[編集]