長野・愛知4連続強盗殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

長野・愛知4連続強盗殺人事件(ながの・あいち よんれんぞく ごうとうさつじんじけん)とは、2004年1月13日から同年9月7日にかけて、愛知県及び長野県で連続して発生した強盗殺人事件

概要[編集]

交通事故がきっかけで失業した男Nは、仕事を探しに名古屋市に出るものの求職に失敗し、所持金が尽きたところでタクシーの襲撃を計画、春日井市内でタクシー運転手を殺害し売上金を奪った。

その後、故郷である長野県飯田市に帰省したNは、4月26日に同市大王路の独居高齢女性を絞殺、8月14日には隣接する高森町内在住の独居高齢男性を、9月7日には同町の独居高齢女性を刺殺、いずれも金品を奪った。独居老人の特定は、同町の有線放送電話番号簿に載っていた、家族構成などの個人情報によるものとされている。

  • 日本で個人情報守秘が広く認識される以前、地方の町村単位で作られていた有線放送電話番号簿では、検索の便宜を図って代表者(世帯主)以外に同居家族欄を設け、同居者全員の氏名を掲載している事例があった(田舎の同じ地区内であると同姓の家が多いことや、3世代同居の多さなどで相手先を探しにくい事情から、利用者からもそのような需要があった)。このような形式の番号簿では、独居者だと家族欄が空欄となるため容易に判別できてしまう。

9月に入り、かつて勤務していた同僚宅へ空き巣に入った際に自動通報機が作動し、逮捕されるに至った。

裁判と刑の執行[編集]

一審の長野地裁は、4件の強盗殺人を重く見て死刑を言い渡した。弁護側は即日、東京高裁控訴したが、Nは2007年1月11日に自ら控訴を取り下げ死刑が確定した。

なお、Nは2006年10月25日の東京高裁で開かれた控訴審第2回公判2003年の4月か5月ごろ、おそらく福島市で女性を殺害したとも述べている[1]

判決確定から2年後の2009年1月29日にNの死刑が東京拘置所にて執行された。同日にはドラム缶女性焼殺事件の2死刑囚他1名の死刑も執行されている。これは2007年に死刑判決が確定した死刑囚としては最初の死刑執行であり、21世紀に入ってからは附属池田小事件の死刑囚に次いで判決確定から執行までの期間が短かった。

出典[編集]

  1. ^ “「3年前に福島で殺人」/連続強盗殺人被告が供述”. 四国新聞. (2006年10月25日) 記事のWeb魚拓

関連項目[編集]